Sanyo Media Flower Museum – 三陽メディアフラワーミュージアム

Chiba, March3月 千葉

The Sanyo Media Flower Museum’s indoor Atrium Garden has seasonal themes in its flowerbeds, so when I visited the place at Easter, there were a lot of tulips, cute rabbits and Easter eggs. Also, the exhibition areas followed the same theme. Surrounded by variegated and lush beds of flowers, the gazebo looked breathtakingly beautiful.

三陽メディアフラワーミュージアムでは、季節ごとにテーマに沿った花壇が作られています。私が訪れたイースターの時期は、 アトリウムと展示棟にたくさんのチューリップ、そしてかわいいウサギとイースターエッグが展示されていました。変化に富んだ花々に囲まれたガゼボ(西洋風あずまや)は、息をのむほど美しいものでした。

Their luscious greenhouse is a round shaped, 23 metres tall building full of tropical and subtropical plants, and it even has an artificial waterfall. The museum has a restaurant and gift shop with a lovely selection of garden-inspired items.

熱帯植物と亜熱帯植物が生い茂る豊かな温室は、高さ23メートルの円柱形の建物です。人工の滝も流れています。施設内には他にレストランとギフトショップもあり、庭園をモチーフにした素敵なアイテムが揃っています。

Outdoor gardens enveloped the impressive museum building: at the front is a wide garden of seasonal flowers, in one side courtyard and the rose garden at the back of the building. Designed by the best combination of blooming time and harmony of the beds, the gardens are magnificent.

館外は素晴らしい庭園に囲まれています。季節の花々が咲き誇る前庭、中庭、そしてバラのある後庭です。花の開花時期に合わせてデザインされた花壇が奏でるハーモニーは、それはもう見事です。

Sanyo Media Flower Museum is part of the Inage Seaside Park, which has a lot of activities. I walked along with dog-walkers and cosplayers through Japanese style garden to the artificial seashore.

三陽メディアフラワーミュージアムを含む稲毛海浜公園には、他にもたくさんの施設があり、楽しみ方は様々です。私は犬の散歩をしている人やコスプレイヤーと一緒に日本庭園を抜けていなげの浜(人工海浜)まで歩きました。

Atrium flower garden at Easter
Miniature garden
The gazebo
Flower arrangements
The greenhouse
The waterfall
Outside gardens
Japanese style garden at Inage Sea Park area
Flower Museum at April: the poppy field
Outside the greenhouse was Hawaiian live music

Sanyo Media Flower Museum

7-2-4, Takahama, Mihama-ku, Chiba 261-0003 Japan

三陽メディアフラワーミュージアム

〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2−4

Mobara Park – 茂原公園

Chiba, March3月 千葉

This park is one of Japan’s 100 best places to experience sakura. My timing obviously wasn’t the best; when I visited the park, only two of their 2 850 cherry trees were blooming. But the bright side was that there was only me and four or so other people far on the horizon enjoying it.

茂原公園は、日本の桜の名所100選に選ばれた公園です。私が訪れた時は、2850本の桜のうちたった2本しか咲いておらず、見頃にはほど遠いタイミングでした。でも公園には私と遠く離れたところの数人しかいなかったので、穏やかな時間を楽しむことができました。

Even without the cherry blossoms there is a lot to see; the serene Lake Benten with its carps, lazy turtles and various birds, cinnabar-red lacquer bridges, early spring flowers and enough benches to study them or just to sit and relax.

桜以外にも見どころの多い公園です。鯉が泳ぐ穏やかな弁天湖、のっそりした亀、様々な鳥たち、朱色の漆塗りの橋、春先の花々とそれを観察できるベンチもそこかしこに。ただ座ってくつろぐだけでもいいでしょう。

The landscape is versatile; you can walk around and over the lake, or have more intensive hike through the paths on the hills. From the top of the hill opens a nice bird’s-eye-view to the park and the surrounding residential area.

公園ではいろんな風景を楽しむことができます。湖の周囲を歩いたり、橋を渡ったり、丘の小道をハイキングするのもオススメです。 丘の上からは、公園と周辺の住宅街を眺めることができます。

The Bentendou
The hiking path climbs high on the hills

Mobara Park

1325-1 Takashi, Mobara, Chiba, 297-0029 Japan

茂原公園

〒297-0029 千葉県茂原市高師1325-1

Nakayama Racecourse – 中山競馬場

Chiba, March 千葉3月

On my day off I headed to Funabashi; my destination was the gigantic Nakayama Racecourse, which boasts of being the second largest hippodrome in the world with its capacity of 165 000 people. They have both grass and dirt courses, and a notorious steeplechase course, which is one the most difficult ones in Japan. 

休みの日に船橋に行きました。目的地は、約16万5000人の収容数を誇る世界で2番目に大きな中山競馬場です。草コースとダートコース、そして日本でも最難関の一つと言われる障害コースがあります。

This was my first time to see this kind of horse race; in Finland harness racing is more common. I started my exploration from the Parade Ring where it is possible to admire the beautiful creatures more closely. The slender limbs resembled a ballerina’s legs as the horses walked calmly with their caretakers until the riders came and mounted them. That had an electrifying impact on the animals, and one by one they sprinted towards the racetrack on full speed.

私はこのタイプの競馬を見るのが初めてでした。フィンランドではハーネスレースが一般的なのです。まず美しい馬たちを間近で見ることができるパドックから探索することにしました。そこでは、これから騎手を背に乗せる馬たちが調教師に連れられて静かに歩いていました。その細い足はまるでバレリーナのようです。そして電気刺激を与えられた馬たちは、一頭ずつ全速力でレーストラックに向かって行きました。

The racecourse also had a Food Plaza and Turfy Shop. The shop sold T-shirts, plush toys of the actual racing horses and horse hair for good-luck charms.

競馬場にはカフェやターフィーショップもありました。Tシャツや実際の競争馬のぬいぐるみ、幸運のお守りとして馬の毛も販売されていました。

The entrance
The Parade Ring
The main track and grandstand
At the finishing line
Maintenance crew at work
A good-luck charm

Nakayama Racecourse

1-1-1, Kosaku, Funabashi City, Chiba, 273-0037, Japan

中山競馬場

〒273-0037 千葉県船橋市古作1丁目1−1

Working at Japanese gardening company – 日本の園芸会社での仕事

Chiba, March千葉 3月

Working at Jinpuu was hectic; we had several sites that needed the crew daily. The biggest and the most acute one was the Tokyo site. Our task was to plant 280 trees and some hedgerows to the yard of a gigantic apartment building complex, and the deadline was approaching fast. It was more disciplined work, and there were also a lot of other workers beside us and a foreman who supervised the site.

(株)仁風での仕事は多忙をきわめました。社員が毎日行かなければいけない現場がいくつかあって、一番大規模で切迫していたのが東京の現場でした。巨大な集合住宅の庭に、280本の木といくつかの生け垣を植えるのが仕事で、納期が迫っていました。そこには他の会社の職員や現場監督がいて、いっそう規律が重んじられる仕事でした。

But luckily we had some smaller locations as well. Some days we planted bamboo at a private house’s entrance, cut trees or built bamboo fences. We made a brand new front lawn to one office’s headquarters’ yard, moved huge rocks from place to place, dug up big trees and carried them to some other location. 

別に、小さな仕事も手がけられたのは良かったです。ある時は、個人宅の玄関前に竹を植え、木を切ったり、竹の柵を作りったりしました。ある時は、オフィスの前庭に新しい芝生を作り、巨岩を移動させ、大きな木を掘り出して他の場所に移動させたりしました。

My favourite workplace was Fukujuin Temple in Kawado Village. It was a tranquil space surrounded by a quiet neighborhood and thick bamboo grove, where I often could hear owl’s cry. We made several bamboo fences and planted rows of small box trees in their yard. 

私が気に入った仕事場は、川戸町にある福壽院です。静かで深い竹林に囲まれた静穏な場所で、よくフクロウの鳴き声が聞こえました。そこでは竹の柵を作り、庭に小さなツゲを並べて植えました。

I noticed that generally the common man respects gardeners; sometimes total stranger buys us coffees at the convenience store, passersby came to chat and occasionally even to lend a hand. Jinpuu staff were hard-boiled professionals, always ready to give 100 percent and still polite and humble. I learned a lot from them on a daily basis, they answered my endless questions and took care of me in so many ways.

私は、庭師は一般人に尊敬されていることに気が付きました。例えばコンビニで全く面識のない人がコーヒーを奢ってくれたり、通りすがりの人が声をかけてくれたり、時には手を貸してくれたりしました。(株)仁風の社員はハードボイルドなプロフェッショナルでした。常に100%で対応する体制が整っていて、それでいて正直で謙虚でした。毎日たくさんの事を学ばせてもらいました。みんな、私の無数の質問に答えてくれて、いろんな側面から面倒をみてくれました。

I worked from Monday to Friday, but sometimes joined the crew on Saturdays too. Few times the rain was so heavy that Hiroto gave me a day off, but that was my privilege: everyone else worked. The work hours were from eight to twelve, and Tokyo’s rush hour could slow us down so that the journey back to Chiba took twice as long as in the morning.

私の仕事は月曜から金曜まででしたが、ときどき土曜日もチームに加わって勤務しました。大雨の日は、寛人さんは休みをくれましたが、他の人は働いていたので、どうやら私の特権だったようです。勤務時間は8時から12時で、昼は東京のラッシュ時間帯と重なり、千葉へ帰るのは朝の2倍の時間がかかりました。

At Jinpuu’s office
Yamamoto, Kikuchi and Ishikawa
The office’s garden
Kikuchi and Yamamoto at the Tokyo site
The trees waiting for planting
Planting the trees
Our crew from the left: young Sato, Endo, Ishikawa, me, Yamamoto and Hirata.
Yamamoto, Ishikawa, Kikuchi and Sato taking a break
Yamamoto making a bamboo fence at a private house’s garden
Ishikawa, Tsugiyama and Yamamoto digging a tree from the ground
Kikuchi and a tree covered with mikimaki
Making an underground support for the tree
Yamamoto at the Peace Park
Making a hedgerow: Kikuchi digging holes for the bushes
Kikuchi, Tsugiyama and Yamamoto finishing the hedgerow and fence
Ishikawa and the brand new bamboo fence at the Fukujuin temple

Jinpuu

68-6 Shimoowadacho, Midori Ward, Chiba, 267-0052, Japan

仁風

〒267-0052 千葉県千葉市緑区下大和田町68番地6

Shunkaen Bonsai Museum – 春花園 BONSAI 美術館

Tokyo, March東京 3月

One afternoon Oosaki and I went to Shunkaen Bonsai Museum. The museum is a masterpiece made by the master himself: Kunio Kobayashi, who has lectured in several countries, received many awards and still one can find the humble man in his nursery teaching his apprentices. The museum building is ‘Sukiya-zukuri‘, a traditional Japanese style wooden house with tatami mats and shoji screens. The large windows open to the spectacular yard full of items visitors can admire: the carp pond, full blooming cherry tree, and of course the magnificent bonsai pots. The museum presents over 1000 bonsai trees on its premises.

ある日の午後、大崎さんと一緒に「春花園BONSAI美術館」に行きました。美術館はオーナーの小林國雄自身によって作られた傑作です。小林先生は多くの海外講演を行い、数々の賞を受賞している一方、弟子の育成に尽力するという控えめな一面も持っています。美術館の建物は、畳や障子のある日本の伝統的な数寄屋造りの木造家屋です。大きな窓からは、見る者の目を奪う広大な庭を鑑賞することができます。鯉の池、満開の桜、そしてもちろん見事な盆栽の鉢。美術館には1000点以上の盆栽が所狭しと並んでいます。

The art of bonsai is fascinating: creating a microcosm which so perfectly imitates the nature. It’s miraculous how this tiny tree can resemble an actual full-grown, ancient tree trunk standing on the green hilltop. It takes years of practise to master this extraordinary art form, Kobayashi-sensei has spent over forty years among the trees. The word bonsai literally means the tree planted in a shallow container. It’s something much more than just small-scale gardening; it’s a captivating mixture of horticulture, craftsmanship, design and discipline with a spiritual twist.

自然を完全に写しとったような小宇宙を創造する盆栽芸術は魅力的です。小さな木が、まるで実際に緑の丘にそびえる、樹齢を重ねた太古の木の幹のようであり、それはもう奇跡です。この並外れた芸術形態を習得するには、長年の鍛錬が欠かせません。小林先生は40年以上も木に囲まれて過ごしてきました。盆栽という言葉は、文字通り浅い鉢に植えられた木を意味しますが、それは小規模なガーデニングとは一線を画すものです。園芸術、職人技、デザイン、崇高な曲げを造り出す規律、それらが魅惑的に織り混ざっているのです。

We had a sufficient guide who walked us through the large building while introducing the individual pieces. After the tour we drank tea with the friendly master and purchased books which Kobayashi-sensei signed for us. He showed pictures from his lecture tour in Sweden and gave me a gift: bonsai magazines and a ticket to the museum. The nursery was an excellent place to visit, and we had the whole garden to ourselves.

ツアーガイドが個々の作品を紹介しながら広い建物を案内してくれました。ツアーの後はフレンドリーな小林先生とお茶を飲んで、買った本にサインをしてもらいました。先生はスウェーデンで行われた講演の写真を見せてくれて、盆栽雑誌と美術館の入場券をプレゼントしてくれました。この庭園は訪れるべき場所です。他に来場客がなかったので、私たちは庭園全てを独占してしまいまいた。

The entrance
The nursery
The master Kunio Kobayashi signed my book

Shunkaen Bonsai Museum

 1-29-16, Niihori, Edogawa-ku, Tokyo, 132-0001, Japan

春花園 BONSAI 美術館

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1丁目29−16

My neighborhood – 隣人

Chiba, February千葉 2月

The next time I went to Japan as an exchange student. It was possible because at the time I was studying organic gardening at Saaren Kartano, Mäntsälä and the school cooperated with Hanako Network. I lived by myself near Toke Station in Chiba Prefecture; my flat was in a two-storey building which had two apartments. My workplace was Jinpuu, a gardening company run by Hiroto Kikuchi, who also rented the apartment to me.

2度目は、交換留学生として日本にやって来ました。その頃、私はMäntsälä(マンツァラ)のSaaren Kartano(サーレン・カルタノ)で有機園芸を勉強していて、その学校とハナコネットワークが協力関係を結んでいたのです。私は千葉県の土気駅の近くに一人で住み始めました。2階建ての建物が2棟あるアパートでした。私の仕事場は菊池寛人さんが経営する(株)仁風で、アパートは菊池さんが手配してくれました。

I enjoyed living in the area; it was a small and compact place, I could walk everywhere. There was a convenience store, Shimamura clothes shop, coin laundry, some restaurants, bookstores and two shopping malls: Brand New Mall and Bird’s Mall. From Toke Station it was easy to take a train to Chiba City or Tokyo.

私は町が気に入りました。小さくてコンパクトで、どこにでも徒歩で行くことができました。コンビニ、ファションセンターしまむら、コインランドリー、数店のレストラン、本屋、そしてショッピングモールが2店(あすみが丘ブランニューモール、あすみが丘バーズモール)ありました。土気駅からは電車で簡単に千葉や東京に出ることができました。

During the first month, I got a roommate when Oosaki stayed with me for a few weeks. Then we had neighbors when Hirata and Inaba came from Fukuoka and moved to the empty apartment next to ours. It was very convenient to have a roommate; now we could just hop on the car and go to work. When I lived alone, somebody had to come and get me in the morning. The Jinpuu office was only 15 minutes’ drive away from the flat.

最初の月に、私は大崎さんをルームメイトに迎え、数週間一緒に住みました。しばらくして、空き家だった隣のアパートに隣人がやってきました。福岡から来た平田さんと稲葉さんです。ルームメイトと一緒に住むのはとても便利でした。みんなで車で仕事に行けるようになったからです。私がまだ一人で住んでいた時は、毎朝誰かに迎えに来てもらわないといけませんでした。アパートから(株)仁風の事務所までは、車でたった15分の距離です。

My flat
The building
The neighborhood
Oosaki at the coin laundry
Bird’s Mall
Brand New Mall’s bathroom

Asumigaoka Brand New Mall

7 Chome-1-1 Asumigaoka, Midori Ward, Chiba, 267-0066, Japan

Asumigaoka Birds Mall

1 Chome Asumigaoka, Midori Ward, Chiba, 267-0066, Japan

Shimamura Fashion Center

3 Chome-13-2 Asumigaoka, Midori Ward, Chiba, 267-0066, Japan

しまむら 土気店

〒267-0066 千葉県千葉市緑区あすみが丘3丁目13−2

あすみが丘ブランニューモール

〒267-0066 千葉県千葉市緑区あすみが丘7丁目1−1

あすみが丘 バーズモール

〒267-0066 千葉県千葉市緑区あすみが丘1丁目

Escaping winter to Gran Canaria 2 – グラン・カナリア島へ逃避する冬 2

Spain, Januaryスペイン 1月

We took a water taxi from Arguineguín to Puerto del Mogan; once again we were lucky, and the boat was completely empty. The ride took a little over an hour, and we could admire the rocky island from the sea. When we arrived at the town, we wandered through its narrow alleys until it was time to eat lunch. From Puerto del Mogan to Playa del Cura we traveled by bus. It was a wild experience; the driver sped full speed on the narrow serpentine road which squirmed at the hillside.

アルグイネグインから水上タクシーでプエルト・デル・モガンに向かいました。再び運良くボートは貸し切りでした。船旅は1時間強で、岩の多い島を海から眺めることができました。着いた街では、昼食まで狭い路地を探検しました。プエルト・デル・モガンからプラヤ・デル・クーラまではバスを使いましたが、うねうねと丘の中腹を登る曲がりくねった狭い道を、運転手が全速で走らせるので、それはもうワイルドな体験でした。

Keen to explore the island’s unfamiliar flora and fauna, we headed for the Botanical Garden of Maspalomas. The garden was free, and we had a nice picnic there amid colourful butterflies, flowers, cactuses and birds. Short distance from there was Maspalomas beach and the sand dunes, so we visited them as well. The dunes are protected Nature Reserve Space.

島特有の馴染みのない動植物を探索したくて、マスパロマス植物園に向かいました。入場料は無料で、私たちは色とりどりの蝶、花、サボテンや鳥に囲まれてピクニックを楽しみました。近くのマスパロマス・ビーチと砂丘も訪れました。この砂丘は自然保護区に設定されています。

The boat trip to Puerto del Mogan
Parque Botánico De Maspalomas
Playa de Maspalomas beach

Parque Botánico De Maspalomas

Av. Touroperador Neckermann, 2, 35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Playa de Maspalomas Sand Dunes

35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Escaping winter to Gran Canaria 1 – グラン・カナリア島へ逃避する冬 1

Spain, Januaryスペイン 1月

The Canarian Islands have the perfect winter time weather for Scandinavians; the temperature during daytime is around 20 degrees. The islands are very popular among Finnish, Norwegian and German retired citizens. We too like the quiet life, nature, fresh fruits and seafood. 

冬のグラン・カナリア島の日中の気温は約20℃。北欧の人にとって最高の気候です。この島はとりわけフィンランド人、ノルウェー人、ドイツ人にとても人気があります。私たちも島の静かな生活、自然、新鮮なフルーツやシーフードを気に入っています。

We rented a flat with a kitchen and a big balcony from peaceful Playa del Cura. Every day we walked nearby marketplace, where we bought a lot of delicious organic fruits: oranges, pomegranates, grapes, avocados, papayas, coconuts and melons. Lunches and dinners we ate at local restaurants, which menus were full of seafood; our favourite dish was fishplate with Dover sole, swordfish, salmon and squid with salad and Canarian potatoes.

静かなプラヤ・デル・クーラで、キッチンと大きなバルコニーのあるアパートを借りました。毎日、近くのマーケットに歩いて行って、オレンジ、ざくろ、ぶどう、アボカド、パパイヤ、ココナッツ、メロンなど、たくさんのオーガニック・フルーツを買いました。お昼と夜は地元のレストランで食事をしました。海鮮料理のメニューが多く、中でも私たちが気に入ったのは、ヨーロッパソール(カレイの仲間)、メカジキ、サーモン、イカ、それにサラダとカナリアポテトが添えられたフィッシュプレートです。

At the evenings we watched the sunset and enjoyed our balcony. Playa del Cura resembled amphitheater: the surrounding hills were filled with buildings, and in the opposite was the sea. Our flat was high on the hill, and we had a beautiful view. We also had a new friend, when Eurasian collared dove visited our balcony to eat some breadcrumbs.

夕方はバルコニーで夕日を眺めました。プラヤ・デル・クーラは円形劇場に似ていました。周囲の丘には建物が密集していて、その反対側には海が広がっていました。私たちのアパートは丘の高いところにあって、良い眺めでした。ベランダにはシラコバトがパンくずを食べに来るようになって、新しい友だちができたようでした。

Playa del Cura
The marketplace
The food was excellent and cheap

Medieval Week on Gotland – ゴットランド島の中世週間

Visby, Augustヴィスビー 8月

Chihiro and I met in Stockholm, Sweden and hopped on a ferry to Gotland; when we arrived at the island, old-fashioned clothes, knights and monks on the streets surprised us. We had booked the trip without knowledge of its ongoing Medieval Week. The reason we traveled to Visby was, of course, Studio Ghibli’s Kiki’s Delivery Service.

私は千尋とスウェーデンのストックホルムで待ち合わせ、フェリーでゴットランド島に向かいました。島に着くと、そこには古風な衣装の騎士や修道士たちがいて、びっくり。旅行を予約した時は、この時期に「中世週間」が開催されることを知りませんでした。私たちがヴィスビーを選んだのは、もちろん、スタジオジブリの「魔女の宅急便」のモデルになった街だからです。

Visby as a city is beyond attractive: it’s small, full of flowers, cobblestone streets, ancient ruins, all surrounded by the sea and an impressive stonewall which is the best preserved historical city wall in Scandinavia. Visby’s picturesque old town is a UNESCO World Heritage Site.

ヴィスビーはとっても魅力的な都市でした。こじんまりとして、花がいっぱいで、石畳の道と古代遺跡があり、周囲は海と、スカンジナビアでも最も保存状態の良い石垣に囲まれています。絵画のようなヴィスビーの旧市街はユネスコの世界遺産に登録されています。

Because of the Medieval Week, the town was full of unusual activity; knights fighting in tournaments, an outdoor market place with troubadours, blacksmiths, pottery makers, yarn spinners, and all properly dressed for the occasion. We find out that the market was a perfect place to find interesting items made from sheep’s wool, wood, iron, linen and leather.

「中世週間」だけに、街ではたくさんのイベントが行われていました。騎士たちのトーナメント戦、トルバドゥール(中世の吟遊詩人)のいる野外マーケット、鍛冶屋、陶芸職人、糸を紡ぐ人。みんな中世の衣装を身にまとっていました。羊毛、木材、鉄、麻、革で作られた興味を起こさせるような商品を見つけるには最高の場所です。

The ferry
Rustic old town
St.Karin Catherdal ruins
At the tournament
Almedalsparken
The outer city wall
Chihiro

Almedalsparken

Donnersgatan 1, 621 56 Visby, Sweden

Tokyo – 東京

Tokyo, July東京, 7月

From Aomori I headed to Tokyo; I wanted to spend some time with my friends Yoko and Takayuki Yamasaki before returning to Finland. This time finding the hotel on my own was impossible. After a desperate search on foot I was about to give up and take a taxi when my savior appeared; a barefooted man with a helmet on his head, pushing a shopping cart already full with stuff. He loaded my belongings to his chart and escorted me via Koban Box to my hotel. After exchanging our addresses, he asked me to marry him, gave me his umbrella and disappeared to the city.

青森から東京へと、私は向かうことにしました。というのも、フィンランドに帰国する前に友人のヨウコさんとタカユキさんに合いたいと思ったからです。今回、何の助けもなしに自分の力だけでホテルを見つけるのは、不可能に近いくらい難しかったです。歩き回り必死にさがしても見つからず、あきらめてタクシーに乗ろうとしたそんな時、私の前に救世主が現われました。その人は、素足で手にヘルメットをもった男性で、手には物でいっぱいのショッピングカートを押していました。彼は私の荷物をカートに載せ、交番・そしてホテルまでエスコートしてくれました。お互いに住所を交換すると、彼は私に結婚してほしいと言いそれから傘を渡して、街へと消えていきました。

At the first evening the Yamasaki couple took me to dinner at Italian restaurant, and the next morning Takayuki and I went to Shimokitazawa. Shimokita is a bohemian area, which is well-known for its vintage boutiques and second-hand shops. It’s the perfect place to wander around and enjoy some coffee of lunch. We ate at Magic Spice, which specializes in curry soups famous in Hokkaido. The restaurant was bright red, decorated heavily and had its own exotic vibe. Their Hindushock gift shop is full of colourful clothes, chandeliers, spices and incenses.

東京で最初の夜は、山崎さんとイタリアンレストランに行き、翌朝にはタカユキさんと私は下北沢へ向かいました。下北沢は型にはまらない雰囲気の街で、ビンテージや小さな専門店、古着屋などで知られているエリアです。コーヒーやランチを楽しみながら探索するのにはぴったりな待ちです。私たちはMagic Spiceという、北海道名物のスープカレーにこだわったお店でランチをしました。レストランは明るい赤で塗られていて、店内は異国情緒溢れる雰囲気がただよっていました。ここに翻訳を入れる。

The next morning I started from Yoyogi Park, which is one of my favourite parks in the city. Over the years I had created a routine to take a picture of a specific place in the park every time when I’m in Tokyo. When that was done, I walked to Harajuku to check their second-hand shops before meeting Takayuki. He had planned another interesting day for me; first we visited a Christian Yogen Cafe and then his friend, a clairvoyant. This was my first time to meet a fortune teller, because they are not so common in Finland. Before we left the place, she gave me a home assignment; I should write about Japan, from my heart.

翌朝は、私のお気に入りの街中の公園代々木公園から度をはじめました。ここ何年か、東京の公園のいたるところで写真を撮ることが習慣になりました。それが終わると、タカユキに会う前に古着屋でも見ようと原宿へ向かいました。彼は私のために面白いプランを組んでくれていました。私たちはまずChristian Yogen Cafeに行き、その後彼は、透視者だという友人に会わせてくれました。フィンランドで占い師の存在は珍しいので、私はこのとき、生まれて初めて占い師に会いました。その日の終わり、彼女は私に、私の実体験に基づいたことで日本に関して何か書くべきだと、告げました。

My personal guide
Tuna avocado salad
That guy seems remotely familiar…
Takayuki at the Magic Spice
Yoyogi Park
Ueno Park

Magic Spice

1 Chome-40-15 Kitazawa, Setagaya City, Tokyo, 155-0031, Japan

Yogen Café

6 Chome 6−4, Akasaka, Tokyo, Minato City, 107-0052 Japan

珈琲専門店 預言 CAFE 赤坂

〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目6−4 赤坂栄ビル

マジックスパイス下北沢店

〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目40−15