Tomorrow’s Forest – 明日の森

Aomori, July青森 7月

I purchased the JR East rail pass from Haneda Airport, and I hopped to a Shinkansen from Tokyo Station; this time my destination was Aomori Prefecture. After almost three hours of train traveling, I arrived at Hachinohe. Next morning a local train took me to Ottomo Station, where I met my host, Yuki.

私は羽田空港でJRイースト・パスを買って、東京駅から新幹線に乗りました。今回の目的地は青森県です。およそ3時間で八戸市に着きました。翌朝、ローカル線で乙供駅まで行き、そこでホストファミリーの勇気と落ち合いました。

My first impression of Aomori was pleasant; not too hot, but perfect summer weather. We arrived at Ashita No Mori and Yuki introduced the place. He lived there by himself with a cat, Akaminto. Soon we got company; Bilig from Philippines started his summer job, and also Yuki’s friend Kishi from Tokyo arrived.

青森は暑すぎず、ちょうどいい夏の気候で、第一印象は快適でした。「明日の森」に着いてから、勇気がどんな場所か紹介してくれました。彼は猫のアカミントと暮らしていましたが、まもなくビリグがフィリピンから出稼ぎにやって来て、勇気の友だちの岸さんも東京から到着して、賑やかになりました。

It was time to have my first Japanese hot spring experience; in the evening we went to Tohoku Onsen, which was near Ottomo Station. The onsen was exceptional because of its mineral-rich black water. I was nervous, jet lagged and the only woman in our group, so I had to enter the spa area by myself. The water was hot and very relaxing; a perfect way to end a day.

夜、みんなで乙供駅近くの「東北温泉」に行きました。この時、私はついに日本の温泉を初体験することになったのです。ここの温泉はミネラルが豊富な黒い水が特徴です。私は時差ボケがあった上に、一緒に来たみんなは男性で一人で温泉に入らなければいけなかったので、ドキドキしていましたが、水は熱くて、とってもくつろげて、一日の締めくくりには最適でした。

Ashita No Mori had guests almost every evening; Modashi, a local musician, sculptor and scientist was a regular visitor, but also other people who were interested in this kind of alternative lifestyle. Together we planted trees, worked at the field and in the greenhouse. Every night ended with some live music at Modashi’s lead.

「明日の森」には毎晩のように来客がありました。地元のミュージシャンで彫刻家で科学者でもある萠出さんは常連客。他には「明日の森」のような新しいライフスタイルに興味のある人達が訪れました。私たちは一緒に木を植えたり、畑仕事をしたり、温室で植物の世話をしたりしました。いつも夜は、萠出さんのリードでライブになりました。

Kishi and I went hiking at Asamushi Onsen Forest Park, which is one of Japan’s top 100 best places to take shinrin-yoku, a forest bath. The 10 kilometre hiking route was hard; it felt like rainforest, and we were soaked wet from the first climb. This was my first time to experiencing a hot and humid Japanese summer.

岸さんと一緒に浅虫温泉森林公園にハイキングに行きました。日本の「森林浴の森100選」に選ばれた場所です。10kmのハイキングコースはハードでした。まるで熱帯雨林の中にいるようで、最初の登山でもうびしょ濡れになってしまいました。日本の蒸し暑い夏を経験したのはこれが初めてでした。

They presented the original, black and white Godzilla at the Aomori Korona Cinema World, so Kishi and I went to watch it. The ‘Gojira‘ had its premiere in 1954 and was topical again because of the power plant accident at Fukushima. There were no English subtitles, but Kishi explained the plot to me while watching.

青森コロナシネマワールドで初期のモノクロの「ゴジラ」が上映されていて、岸さんと一緒に観に行きました。1作目の「ゴジラ」は1954年に製作されましたが、福島の原発事故の際に再び脚光を浴びています。英語の字幕がなかったので、岸さんが合間合間にストーリーを説明してくれました。

Kishi planting onions at the greenhouse
My cabin
Inside the cabin
Yuki and the next-door neighbor at the field
Kishi checking the cow at the Namiki Gelato
Beach near Asamushi-Onsen and Yuno Island
The 1954 Gojira poster
At the Tohoku Onsen
Hiroshi, Yuki, Bilig and Modashi: farewell at the train station

Ashita No Mori

Nakamuramichinokami, Tohoku, Kamikita District, Aomori, 039-2611, Japan

明日の森

〒039-2611青森県上北郡東北地方中村道の神

Tohoku Onsen

21-18 Kamisasabashi, Tohoku, Kamikita District, Aomori 039-2661, Japan

Asamushi Onsen Forest Park 浅虫温泉森林公園

Sakamoto Asamushi, Aomori, Aomori, 039-3501, Japan

東北温泉

〒039-2661 青森県上北郡東北町字上笹橋21-18

Hyōgo Park of the Oriental White Stork – 兵庫県立コウノトリの郷公園

Toyooka, April豊岡市にて、4月

On my day off I headed to see some huge birds; the Oriental white stork is also the prefectural bird of the Hyōgo Prefecture. The city of Toyooka is 70 kilometres from Ichijima, which takes less than two hours by train. The weather was magnificent, so instead of taking a bus from the station, I decided to go on foot. The 5 kilometre walk took almost an hour, and because of the stork signs, it was impossible to go wrong.

休みの日に、兵庫県の県鳥であるコウノトリを見に私は豊岡市へ向かいました。豊岡市は一島から70kmほどで、電車では2時間もかからない距離です。天気はこれ以上ないほど良好だったので、駅からバスには乗らず、歩くことを決めました。5kmの散歩はおおよそ1時間でしたが、道端にあるコウノトリの標識のおかげで、迷わずに行きつくことができました。

The Hyōgo Park of the Oriental White Stork’s main purpose is to restore the oriental white stork to back to its original habitation. They try to do this by organic farming; traditional farming methods bring the biota like frogs, snakes and crayfish back to the fields for storks to eat. Also, when cultivating rice fields the traditional way, the land is underwater longer, and this is crucial for the ecosystem. In Japan, the last wild population of kounotori was extinct in 1971. The park’s hard work was rewarded in 2007; after 43 years, the chicks fledged successfully in the wild.

公園の主な目的は、コウノトリを公園から自然の素の生息地にかえすことです。その方法として、有機農法や、コウノトリが餌とするカエル・ヘビ・ザリガニを自然に戻す伝統的な農法が取られています。伝統的な農法で水田を耕作する場合には、地面が水に浸かる時間が長くなり、このことは生態系のことを考えるととても重要なことです。日本では、1971年に最後の野生のコウノトリが絶滅しましたが、人々の努力がその後の2007年に報われました。絶滅から43年後にして、コウノトリのヒナが自然へと無事に放たれました。

As I arrived at the park, the big birds were sleeping under the trees behind a low fence. At the feeding time, more of these mighty birds came and circled above our heads; their prehistorical shrieks echoed from the mountains. Oriental white stork’s wingspan is over two meters, so they were a majestic sight. Kounotori is characterised as a national treasure of Japan.

公園につくと、大きな鳥たちは低いフェンスの後ろ側でねむっていました。餌の時間になると、どこからか多くの鳥たちが私たちの頭の上を旋回し、先史時代から存在している彼らの鳴き声が山にこだましていました。コウノトリの翼は、広げると2メートルを超え、その景色は雄大でした。そんなコウノトリは、日本の国宝とされています。

There was also a hiking route which squirmed at the nearby hill, an exhibition center about the birds, and a shop full of stork items and groceries. I hiked the deserted path and its dry and rocky trail, lizards sleeping on the warm stones, until I stepped under the deep-green foliage of the forest.

また、近くの丘にはハイキングルートがあり、鳥に関する展示センターやコウノトリのグッツや日用品がならんだお店がありました。森の深い緑の葉の下に足を踏み入れるまで、私は人気のない道や、トカゲが岩の上で眠っていた乾いた岩の多い道を歩きました。

Before dusk I arrived at Kinosaki, the famous hot spring town. The place was full of overwhelming small-town charm on a pastel-coloured background: people in their patterned yukatas, the weeping willows leaning over the canal, picturesque bridges and artisan shops.

夕暮れ前には、温泉街として有名な城崎に到着しました。この街は、小さな街がもつ魅力であふれていました。淡い色の夕焼けを背景に行きかう浴衣の柄や水路の向こうで揺れいるしだれ柳、まるで絵のように美しい橋や店先にならぶ職人たちの店に、私は圧倒されました。

The Kamatani River
Kounotori statue
Oriental White Stork
Kounotori water
At the hiking path
Kinosaki

Hyōgo Park Of The Oriental White Stork

128, Nigatani, Shounji, Toyooka, Hyōgo Prefecture, 668-0814, Japan

兵庫県立コウノトリの郷公園 

〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ケ谷128

The Hashimoto Organic Farm – 橋本有機農園

Ichijima, April市島 4月

This was my first time to WWOOF; back in Finland, I joined WWOOF Japan, and via their website introduced myself to the Hashimoto family. The World Wide Opportunities on Organic Farm is functioning in many countries, and it’s a convenient way to experience unique country life.

初めてWWOOFを経験しました。フィンランドに戻ってから、私はWWOOFジャパンに登録し、そのサイトを通して橋本有機農園と知り合いました。World Wide Opportunities on Organic Farms「世界に広がる有機農場での機会」は世界中に事務局が設置されています。少し変わった田舎の生活を体験するには便利な方法です。

I worked five days a week for eight hours per day. First task in the morning was to take care of the chickens; I fed them and collected the eggs. Rainy days I worked at the greenhouse, but mostly I spent my time at the rice paddy. It was hard work, and I learned to respect rice in a whole new way.

農園では1日8時間、週に5日間働きました。まず朝はニワトリの世話をします。餌をやって、卵を拾いました。雨の日は温室で仕事をしましたが、だいたいは田んぼで過ごしました。米づくりは大仕事です。私のお米に対する見方はすっかり変わり、尊敬の念が深まりました。

My hosts Keiko and Shinji were a friendly couple, and they made me feel very welcomed. Shinji used to live abroad, so he spoke perfect English. It was a busy time for farmers, but still he practised karate every morning. On the last day, Keiko gave me her mother’s old kimono and obi as a gift. Next summer, when Chihiro came to Finland, she helped me to wear it, and I could send a picture to Keiko, like I promised.

ホストの慎司さんとけいこさんは優しい夫婦で、私を快く受け入れてくれました。慎司さんは以前海外に住んでいたこともあり、英語は堪能でした。農園は多忙な時期でしたが、それでも慎司さんは毎朝空手の稽古をしていました。最終日、けいこさんがお母さまの古い着物と帯をプレゼントしてくれました。そして翌年の夏、千尋がフィンランドに来た時に、私にその着物を着付けてくれて、ついにけいこさんに約束の写真を送ることができました。

Shinji and Keiko Hashimoto
Ichijima
A rice paddy
Making the rice paddy
The water channel
The greenhouse
The chickens
The temple
The view from the temple
The guardian
The badger
Sho, the kimono and Chihiro

The Hashimoto Organic Farm

271 Ichijimacho, Shimokamosaka, Tamba, Hyōgo, 669-4343, Japan

Sakuya Konohana Kan Botanical Garden – 咲くやこの花館 植物園

Osaka, April大阪、4月

For a gardening maniac and house plant lover this botanical garden is a must-see. The conservatory is one of Japan’s largest; they have 15.000 plants to explore, and the flowers are blooming all around the year.

ガーデニングマニアや観葉植物好きにとってここは必見だ。その日本最大級の温室では約15.000株もの植物を見て回れて、花々が一年中咲いている。

The two-storey metal framed glass building was built in 1990, and it’s divided for sections, where you can wander through different climates and their plantation. One of their main attractions is the water lily pool with its astonishing color variety and leaves of the giant water lilies.

そのガラス張りの建物は鉄骨造の2階建てで、1989年に完成した。施設内は複数のセクションに分かれており、異なる気候と植林地の中を歩いて回ることができる。主な見どころのひとつはびっくりするほど色彩豊かで巨大なスイレンの花とその葉っぱの浮かぶプールだ。

For a gardening student like me, this was a perfect attraction. Otoosan, Eri and I circled around the massive building dazed by the strong scent of the tropical flowers. Outside temperature was high enough, but inside the rainforest, where the merciless sun shone through the glass ceiling, was hot and humid like a sauna. We wandered through Cactus hall and Alpine house, which had a more pleasant climate; it’s always under 20 degrees.

私のような造園について学ぶ者にとって、ここは究極のアトラクションだった。お父さんとエリと私は熱帯の花々の強烈な香りにぼうっとしながらその巨大な建物中をぐるぐる回った。屋外の気温は十分高かったが、屋内の熱帯雨林は容赦ない太陽光がガラスの天井を通じて降り注ぎ、高温多湿なサウナのようだった。私たちはいつも20℃以下でずっと快適な気温のサボテンエリアやアルプスエリアを散策した。

The outside garden was in full bloom, the water fountain’s droplets shone like small pieces of glass in the sunshine. There I could spot some familiar species like lavender and violet, but also new acquaintances. The garden was a joy for one’s senses; the sight and its colours, the scent of flowers lingering in the warm breeze.

屋外の庭園は花々が満開で、噴水の滴は太陽光の中で小さなガラス片のように輝いていた。そこにはラベンダーやスミレといった馴染みのあるものや新しく知った品種もあった。庭園はカラフルな景色や暖かなそよ風の中に残る花の香り、五感を通じた喜びに満ちていた。

Otoosan and me

Sakuya Konohana Kan

2-163 Ryokuchikoen, Tsurumi-ku, Osaka

咲くやこの花館 植物園

〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2丁目163番

The Golden Pavilion – 金閣寺

Kyoto, April京都、4月

We made a day trip to Kyoto with Otoosan and Chihiro. The drive took about an hour from Osaka, but it’s very easy to travel by train as well. The temple’s official name is Rokuon-ji, Deer Garden Temple, but a more popular name for it is Kinkaku-ji, The Golden Pavilion. Rokuon-ji and its magnificent strolling garden are one of Kyoto’s most admired spots, but luckily there were not too many people present.

私たちはお父さんとチヒロと一緒に京都へ日帰り旅行に行った。ドライブは大阪からおよそ1時間かかったが、電車でもとてもかんたんに行くことができる。そのお寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)だが、金閣寺(きんかくじ)という名前で広く知られている。鹿苑寺とその壮麗な回遊式庭園は京都における歴史の長い名所のひとつだが、ラッキーなことにあまり多くの人はいなかった。

The original temple built in 1397 has been destroyed by fire started by one of the temple’s acolytes. Japanese author Yukio Mishima’s novel The temple of the Golden Pavilion (1959) loosely follows the actual events. Kinkaku-ji was restored in 1955.

原型となったお寺は1397年に建てられたが、修行僧のひとりによって起こされた直近の放火が原因で焼失した。日本の作家、三島由紀夫の小説『金閣寺(1959年)』はその実際の出来事が題材になっている。金閣寺は1955年に再建された。

Our next attraction was Ryōan-ji, maybe the most famous rock garden of Japan. Kare-sansui, a dry garden, made from carefully combed gravel and stones, it’s more a view than an actual garden. Commonly the sand is a symbol for the water and the rocks its islands, although it’s not clear what this particular arrangement represents. It might be tigers crossing a stream or the abstract concept of infinity. Either way, kare-sansui can help to clear one’s head while practising meditation. This plain sight left us with a relaxed feeling.

私たちの次なるお目当ては龍安寺だった。そこは日本で最も有名な石庭だろう。枯山水とは砂利と石材に注意深く砂紋を引くことで作られるドライガーデンで、実際に歩いて回る庭園というよりも眺める景色である。この特定の配置が何を表すのか定かではないが、一般的に砂は水を、岩石は島々を象徴する。虎たちが川を渡る姿か永遠という抽象的な概念を表現しているのかもしれない。いずれにせよ枯山水の眺めは瞑想の練習中の頭を空っぽにする助けになり、私たちの心を穏やかにしてくれた。

Sosei Kiosk above the mirror pond
Gardeners at their work
Chihiro and Otoosan
Ryōan-ji

Kinkaku-ji

1 Kinkakuji-cho Kita-ku, Kyoto, Japan

Ryoan-ji

13, Ryoanji Goryonoshitacho, Ukyo-ku, Kyoto, 616-8001 Japan

金閣寺

〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1

龍安寺

〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13

The Tanaka Family – 田中家の人々

Ojiisan, Eri, Mikiko and Chihiro

Osaka, April大阪、4月

When we first met, Chihiro was a university student in Gothenburg, Sweden. Christmas holidays were approaching, which can be pretty depressing when you are alone in a foreign country, so I invited her to Finland. From that started our friendship; she has visited us several times, basically every time she comes to Europa and vice versa.

私たちが初めて会ったときチヒロはスウェーデンのヨーテボリの大学生だった。クリスマス休暇が近づいていた当時、異国の地でひとりで過ごすのはなかなか気が滅入るだろうと彼女をフィンランドに招待したのだ。そこから私たちの友情が始まり、彼女はヨーロッパを訪れるたびに我が家に来てくれて、私たちも日本を訪れるたびにチヒロに会いに行くようになった。

This was my first time to visit their home, which had a massive renovation during the last year. It was a stylish two-storey house in a quiet neighbourhood with a small garden and a field. The head of the family was 86-year-old Ojiisan, who cultivated the field and enjoyed his retirement days.

昨年、大改造を経た田中家のおうちを訪問するのは今回が初めてだ。閑静なエリアのおしゃれな二階建てで、小さな庭と田畑も付いている。一家の主は畑仕事と定年後の生活を楽しむ86歳のおじいさんだ。

His son, Otoosan and his wife Mikiko worked full days, Mikiko as an entrepreneur and Otoosan at the city office. Chihiro worked at her mother’s company, and her siblings Eri and Sho were university students. Also, Eri and Sho has visited us in Finland. Despite the busy schedule of the family, they always find time to cook and enjoy food together.

彼の息子にあたるお父さんは市役所の職員、その妻ミキコは起業家として、ともに終日働いている。娘のチヒロは母の会社で働き、彼女の妹エリと弟のショウは大学生で、ふたりともフィンランドのおうちを訪ねてきてくれたことがある。田中家の人たちはいつも忙しい合間を縫って一緒にご飯を作って楽しむ時間を過ごしてくれた。

Tanuki
At the garden
The nearby canal
Takoyaki
Sashimi

The Cherry Blossoms – 桜

Osaka, April大阪, 4月

One’s feelings are not easily put into words when after a long, cold Finnish winter you suddenly arrive to this; a warm breeze on your jet lagged face, pale skin exposed from beneath the winter clothes – Oh, hello, sun!

長くて寒いフィンランドの冬から突然あたたかなそよ風が時差ぼけの顔と冬服の下の青白い肌を撫でている。なんともいえない感覚だ。ああ、こんにちは、太陽さん!

This was my first Sakura no-toorinuke. It differs from hanami mostly because of the rules: no eating, smoking or touching the flowers. The Tanaka sisters and I followed the mass of people while chatting and taking pictures.

これが私にとって初めての「桜の通り抜け」だった。それは飲食や喫煙、桜に触れることが禁止されており、「花見」とはほとんど異なるものだった。田中姉妹と私はおしゃべりしたり、写真を撮ったりしながら人混みの後に続いた。

This was the last day of the Japan Mint Bureau’s cherry blossom viewing. They open their gates to the public for a week every April at the sakura’s prime time. The garden has approximately 350 trees, and they also have rare varieties you cannot find anywhere else. The 560-meter long alley was established in 1883, and it’s certainly worth a visit.

この日は今年の桜の通り抜けの最終日だった。日本造幣局は毎年4月、桜の満開の時期に1週間のあいだ一般人へ門を開放する。その庭にはおよそ350本もの桜の木があり、滅多にお目にかかれない品種もある。1883年につくられた560mの小道はたしかに一見の価値ありだ。

Not just the pink beauty, there is something for the food lovers too. During the event, the street near Okawa River has all kinds of festival food to offer: okonomiyaki, taiaki, takoyaki, and choco bananas. Dishes one can only dream in Finland. And they are practically free, so you better go with an empty stomach!

造幣局とその隣を流れる大川の花見スポットの魅力はピンク色の美しさだけではない。くいしんぼうにもうれしい。 イベント期間中、フードフェスティバルのようになっており、お好み焼き、たい焼き、たこ焼き、チョコバナナ、フィンランドでは夢のような食べ物が並ぶ。しかもタダ同然だから腹ペコで行くべきなのだ!

Japan Mint Head Office

1-79, Temma 1-chome, Kita-ku, Osaka 530-0043, Japan

独立行政法人 日本造幣局

〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1丁目1-79

Tropical flowers of Okinawa – 沖縄の熱帯の花

Okinawa, November11月 沖縄

The flight from Narita to Naha takes only three hours, and it feels like arriving in a totally different country; the turquoise sea glistening in the sun, beaches with smooth, white sand and palm trees swaying in the warm breeze. Our visit was during the low season, so the beaches were empty and not so many activities going on.

成田から那覇まではたった3時間ほどのフライトですが、着いてみるとそこはまるで異国のようです。太陽の光に輝くターコイズブルーの海、滑らかな白い砂浜のビーチ、温かい風に揺れるヤシの木。私たちが訪れた時は観光シーズンではなかったので、ビーチには人影がなく、ほとんど何も行われていませんでした。

For a nature lover, this place has a lot to offer; beautiful landscapes and sunsets, tropical flowers, mountains and rainforests. We visited Southeast Botanical Gardens, the green paradise of Okinawa Island. The botanical garden’s 100 acres of exotic subtropical climate’s vegetation, fruit trees, orchids and flower beds encircled several ponds.

自然が好きな人には、見どころは尽きません。美しい風景と夕日、熱帯の花々、山と熱帯雨林。私たちは東南植物楽園に行きました。沖縄本島の緑の楽園です。100エーカー(約40.5ヘクタール)の植物園ではエキゾチックな亜熱帯気候の草木、果物の木、蘭、花壇がいくつかの池を取り囲んでいます。

Because of the low season, our visit was very enjoyable; the weather was not too hot, and the garden was half-empty. For us Scandinavians, just below 20 degrees is the perfect temperature, so Okinawa in wintertime was a nice experience!

観光シーズンではなかったので、暑すぎず、来場客もまばらで、とても楽しむことができました。私たち北欧の人にとってはちょうど20度以下くらいが快適なので、冬の沖縄は最高でした!

Beautiful beaches of Okinawa
Southeast Botanical Gardens
Around Okinawa Island

Southeast Botanical Gardens

2146, Chibana, Okinawa, 904-2143, Japan

東南植物楽園

〒904-2143 沖縄県沖縄市字知花2146