The Town of Storehouses – 土蔵が立ち並ぶ町

November, Kurashiki11月、倉敷

After the bamboo workshop, we headed to the historic part of Kurashiki, the Bikan area. The town is known for its denim and mt masking tapes as well as the beautiful canal side alleys and wooden warehouses. We tried to visit Kamoi Kakoshi Factory, the famous masking tape manufacturer, but unfortunately it was closed.

竹細工のワークショップの後、私たちは美観地区と呼ばれる、倉敷の中でも歴史的なエリアへ向かいました。この地区は、デニムやmtのマスキングテープ、通りに流れる美しい運河や木でできた倉庫で有名です。私たちはマスキングテープで有名なカモ井加工紙の工場を訪れようとしましたが、残念ながらしまっていました。

We wandered through the picturesque old town’s small shops and narrow alleys until we ended up at a weaving exhibition. The owner of the place took us to a nearby school because Kaori was interested in getting a traditional Japanese craftsmanship education, and she wanted to see the place. The school was small and charming; they had only 9 students at the same time. They gave us a tour of the building and its classes.

私たちは、絵のように古く小さなお店や細い道をさまよい、織物展にたどり着きました。かおりさんが日本の伝統的職人教育に興味を持っていたので、そこのオーナーさんは私たちを学校の近くに連れていきました。学校は小さくて可愛らしく、同時に9人の生徒がいました。私たちはそこで建物の見学をさせてもらいました。

The Bikan Quarter offers a lot to see; old-fashioned boats floating in the willow tree-lined Kurashiki River under stone bridges, charismatic shops, restaurants and cafes, the famous rice storage houses and the black and white traditional houses, kominkas.

美観地区には、柳の木が立つ石畳沿いの倉敷川に浮かぶ古いボートや、素晴らしいお店、レストランやカフェ、有名な米貯蔵庫、古民家の黒と白の家々など、見るものが多くあります。

The historic part of Kurashiki
The weaving exhibition

Kurashiki Bikan Historical Quarter

Honmachi, Kurashiki, Okayama, 710-0054, Japan

倉敷美観地区

〒710-0054 岡山県倉敷市本町

Hiramatsu Bamboo Workshop – 平松竹細工店

November, Katsuyama – 11月、勝山市

Yoshie, Kaori and I took part in Yukio Hiramatsu’s bamboo craft workshop. We drove to the charming town of Katsuyama and walked past old-fashioned buildings with their tiny shops and colourful noren-curtains. 

私は友人の佳恵さんとかおりさんと一緒に、平松竹細工店の竹細工ワークショップに参加しました。色とりどりの暖簾がかかった古い造りの家を通り過ぎ、魅力的な勝山まで車で向かいました。

Hiramatsu’s studio was full of a different size and colour baskets, strainers and items made of bamboo. Every square was invocation; sharp woodwork tools were organized in wooden boxes, paper bags filled with bamboo stripes occupied the corners. We settled on the only empty area on the floor.

平松竹細工店の工房には、様々な大きさの籠やざる、他にも竹でできた色々なものが並んでいました。一歩進むごとに、いろんなものが目に飛び込んできました。鋭い木工道具が木箱にまとめられ、隅には細く切られた竹が入った紙袋が置いてありました。私たちは、かろうじてあいていたスペースに落ち着きました

Our goal was to make a pot coaster, but first Hiramatsu told us about the different sorts of bamboo and the traditional use of them. He showed us how to use the cutting tools and the technique to work with those long and thin strips; it was hard, but fun. Unfortunately, like many other traditional craftsmanship, this unique skill is in danger of disappearing; plastic has taken the place of bamboo in so many items. After the class, he served us tea and snacks.

私たちのゴールは鍋敷きを作ることでしたが、平松さんはまず、竹の様々な種類とそれぞれの伝統的な使用用途について説明してくれました。彼は、切断器具の使い方や、竹を細長くするためのテクニックを見せてくれました。大変でしたが、楽しかったです。残念ながらこの技術は、他の伝統工芸と同じように消滅の危機に瀕しています。多くのアイテムに関し、プラスチックが竹の代替品となっているのです。教室の後には、平松さんは私たちにお茶とお菓子をふるまってくれました

Katsuyama
Cute shops
Yoshie and Kaori at the workshop
Finished!

Katsuyama Historical Preservation District

Katsuyama, Maniwa, Okayama, 717-0013, Japan

勝山・町並み保存地区

〒717-0013 岡山県真庭市勝山

Walking around Naka – 中を歩く

Okayama, November – 岡山、 11月

I found endless joy from Naka Village’s winding roads, mountain paths and quiet forests. Anywhere I went, there were narrow, clear watered streams following the road. The nature at Naka differed completely from Finnish; it was more exciting!

津村市・中村の曲がりくねった道、山道、そして静かな森を見つけた時は、これ以上ない喜びを感じました。 どこに行っても、道に沿って細くて透き通った小川がありました。 中村の自然はフィンランドでみる自然とまったく異なるものでした。もっとわくわくするものだったのです。

The roads were deserted, and instead of cars or people I saw kingfishers glistening in the sun, small fishes in the stream, and even escaping baby wild boar. In the forest my path passed the villager’s shiitake mushroom logs, bamboo groves and small waterfalls. The air felt damp and everywhere was bottle green moss and fallen leaves.

道には誰もおらず、車や人の代わりにカワセミが太陽に輝き、小魚が小川を泳ぎ、野生の子どものイノシシが逃げるのを見ました。 森の中では、シイタケの丸太、竹林、小さな滝を通り過ぎました。 空気の中に湿気を感じ、いたるところに緑の苔や落ち葉が広がっていました。

The mountainous roads were quite exhausting to walk; no matter which way I walked there were hills, and slippery moss-covered asphalt. Sometimes a sudden shower from the sunny sky surprised me: it’s called kitsune no yomeiri, the fox’s wedding.

どの道を歩いても丘があり、苔で覆われた滑りやすいアスファルトだったので、山岳道路は歩くとかなり疲れました。時々降る、晴れた空からの突然のにわか雨が私を驚かせました。それはキツネの結婚式、キツネのヨメイリと呼ばれています。

Arts And Crafts Village

3090 Misaki-cho, Kume-gun, Okayama, 709-3407 Japan

アーツ&クラフツビレッジ

〒709-3407 岡山県久米郡美咲町中3090

Snail Vision Nature Healing Trip – スネイルビジョン

Okayama, November岡山、11月

One morning we headed for Asahi River; Toyomi’s friends Chika and Tomoki Koga took us to try some packrafting. Tomoki taught us how to fill our Alpacka Rafts with air and how to use the paddle; then he gave us a dry run in the parking lot before releasing us to the river.

ある日の朝、私たちは旭川へと向かいました。ともみさんの友人の古賀さん夫妻(ともきさんとちかさん)がパックラフティングへと連れ出してくれたのです。パックラフティングは、パックラフティングとは軽くて小さな、空気を入れて膨らまし使用するボートのことです。

The Alpacka Raft with its under 3 kilograms weight is light to carry, it doesn’t take much space when it’s empty and it’s very easy and quick to fill. It can carry a lot of weight and was effortless to steer; it moved like a feather in the stream. One by one we glided to the water with our colourful packrafts, and started to paddle.

アルパカラフト社のパックラフトは、3キロにも満たない荷物で、空気を抜いている状態ではスペースを取らないのにもかかわらず、空気を入れるのはとても早く簡単です。このパックラフトはかなりの重量に耐えることができ、操縦するのにも苦労しませんでした。1かき1かき、パドルはまるで羽のように水の中に滑り込みました。

Once we got the hang of it, Tomoki urged us to lay down in the bottom of the packraft, and relax. The river was perfectly calm, morning was beautiful and we enjoyed the serene feeling while floating away. Tomoki’s Snail Vision organizes these trips in various environments. I was lucky to have this great opportunity to try it out! For me it was a new way to experience nature, and I definitely want to do it again someday.

慣れてきた頃、ともきさんは、パックらふとのそこに横になりリラックスするように言いました。川はとても穏やかで美しい朝だったので、私たちは浮いている間、パックラフトに漂う穏やかさを満喫しました。ともきさんが設立したSnal Visionは、このような旅を様々な環境で提供しています。私はこのような体験をすることができて本当にラッキーでした。私にとって、この経験は自然を違った角度から楽しませてくれました。またいつか絶対に行きたいと思っています。

Getting the gear ready
Toyomi filling her Alpacka with air
Serene Asahi River