Bus Tour 2: Boso no Mura – バスツアー2:千葉県立房総のむら

Chiba, March千葉 3月

Our next stop was Boso no Mura, which is an open-air museum with its historic buildings and craft workshops. Dated back to Edo Period, Boso Village is the perfect example of the era and its lifestyle; unpaved streets with beautifully aged wooden merchant houses and tea shops along the sides.

次は千葉県立 房総のむらに向かいました。歴史的な建築物や工芸のワークショップがある野外博物館です。房総のむらは江戸時代の様子や生活様式を完璧に再現しています。美しく年を経た木造の商家や茶店が未舗装の道路に並んでいます。

The village is a great place for a person who is interested to learn about Japanese culture and history and its disappearing heritage as well. Boso no Mura has a lot of different activities visitors can take part: paper and tatami mat coaster making, tea ceremony and blacksmithing.

日本の文化や歴史、失われつつある遺産などに興味のある人には、すばらしい場所です。房総のむらではいろいろな参加型イベントが行われていました。紙と畳を使ったコースター作り、茶の湯、鍛冶仕事などです。

Ishikawa, the bamboo fence master of Jinpuu, had studied the craft in Boso no Mura, and he shared his experiences in the bus. The village was our last attraction, but when the bus reached Chiba City, we ended our night at karaoke parlour.

(株)仁風の竹柵作り名人の石川さんは、房総のむらで工芸を学んだことがあり、その時の経験をバスで話してくれました。房総のむらがツアーの最後の目的地でしたが、私たちは千葉市に戻ってから、カラオケで夜を過ごしました。

Chiba Prefectural Administration Building during 1800-1911
Bamboo fence class
Karaoke parlour

Boso no Mura

1028 Ryukakuji, Sakae, Inba, Chiba, 270-1506, Japan

千葉県立房総のむら

〒270-1506 千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

Bus Tour 1: Sawara – バスツアー1: 佐原

Chiba, March 千葉 3月

One Sunday Jinpuu organized a bus tour for their employees. The trip started from Chiba City at dawn, and everything was pre-arranged by Kikuchi. Our first destination was Sawara, the Little Edo, which is designated as ‘Preservation District for Groups of Historic Buildings’.

ある日曜日、(株)仁風は従業員のみんなにバスツアーを企画してくれました。ツアーは千葉市内からスタートし、菊池さんが事前に全てアレンジしてくれていました。最初の目的地は佐原です。「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された江戸の面影を残す街です。

Hinamatsuri, celebrated on the third day of the third month, was long gone, but the Girls’ Day’s dolls were still out in the open. Once again we had rain, and the clouds hung low when we headed for the boat parade at Onokawa River.

3月3日のひな祭りからずいぶん経っていましたが、まだ雛人形を見ることができました。再び雨が降り始めて、小野川の水上パレードにたどり着いた時には雲が低く垂れこめていました。

Next we visited the amazing Inō Tadataka Museum; this national hero spent 17 years of his life to make an accurate map of Japan. The result of walking 35,000 kilometres is the first modern map of Japan, Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu, which was published 1821 after his death. At the museum we could compare the Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu and map made with the latest technology; they were almost exact.

次に、素晴らしい伊能忠敬記念館に行きました。伊能は国民的英雄です。17年かけて3万5000キロもの距離を歩き、徒歩で日本国中を測量し、初の近代的な日本地図「大日本沿海輿地全図」を完成させました。それは彼の死後1821年に出版されました。記念館では最新の技術で作られた地図と「大日本沿海輿地全図」を見比べることができます。伊能の地図はほぼ正確でした。

We had lunch at Auberge De Manoir KITTEI restaurant. We enjoyed a delicious meal and beverages while watching the greenery from large windows. The charming building was amid a beautiful garden, in which we took a walk afterwards.

それから私たちはオーベルジュ・ド ・マノワール 吉庭でお昼を食べました。大きな窓から緑を眺めながら、美味しい食事と飲み物を味わいました。レストランの建物の周囲には素敵な庭園があって、食後には散歩を楽しみました。

The Onogawa River
The boat parade
The restaurant and its garden
Our bus
Joyful atmosphere at the bus

Tadataka Ino Memorial Museum

I-1722-1, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

Auberge de Manoir KITTEI

I-789-2, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

伊能忠敬記念館

〒287-0003 千葉県香取市イ1722-1

オーベルジュ ド マノワール吉庭

〒287-0003 千葉県香取市イ789-2

At the Temple – お寺にて

Chiba, March千葉 3月

This charming place was my ultimate dream-come-true work site! And not only for its serene beauty but also for our tea and lunch breaks; the treats provided by the head priest and restaurant Chao were an everyday joy for us.

この素敵な場所は、私の夢が叶った最高の仕事場でした。のどかで美しいのは当然のことながら、住職さんが出してくれるお茶やおやつ、レストラン「茶緒」でのランチの時間も、毎日の楽しみでした。

The Fukujuin Temple had recently undergone massive changes: the old temple was now unoccupied and all the action was at the brand new buildings. Thus now was time to update the garden; we made several bamboo fences, planted hedgerows, and groomed the old pine trees of the yard.

福壽院は最近、大規模に改変されました。古いお寺は今は使われておらず、法事や行事は全て新築の建物で行われていました。庭園を改装するのにはちょうど良いタイミングです。私たちは竹垣を作り、生け垣を植えて、古い松の木の手入れをしました。

Every day the head priest served us tea, and Ogiu, Ishikawa and I enjoyed it on the temple’s wooden steps. The place had a magical atmosphere; the old temple with its detailed wood carvings stood on a small hill under a giant cherry tree, stone statues guarded the garden buried with soft moss. Some days we could hear the owl’s cries from the bamboo grove.

荻生さんと石川さんと私は、住職さんが毎日出してくれるお茶を、お寺の木造の階段に座って味わいました。その場所は神秘的な雰囲気を纏っていました。細かな木彫が施された古いお寺は小さな丘の上に建っていて、それを大きな桜の木が覆っていました。柔らかい苔に包まれた庭園は、石の像が守っていました。竹林からはフクロウの鳴き声が聞こえてくる日もありました。

Tea time
The old temple
The new temple
New fence and lawn
New fence and plants
The old temple’s garden
New fence and lawn
The rope details
Chao

Fukujuin Temple

694, Kawadocho, Chuo Ward, Chiba, 260-0802 Japan

Chao

2512, Oyumicho, Chuo Ward, Chiba, 260-0813, Japan

福壽院

〒260-0802 千葉県千葉市中央区川戸町694

茶緒

〒260-0813 千葉県千葉市中央区生実町2512

Kawamura Memorial DIC Museum’s Park – DIC川村記念美術館の公園

Chiba, March3月 千葉

We had to postpone hanami because of the rain and go for indoor activity instead; Mai, Yamamoto, Endo, Ishikawa and I headed to the Kawamura Memorial DIC Art Museum. For garden maniacs, this can be especially interesting because of its location. All around the building is greenery: not just forest but 10 hectare park area with its green lawns, pond and flower gardens.

雨天のために花見を見合わせて、代わりに屋内で楽しめる施設に行くことにしました。麻衣さん、山本さん、遠藤さん、石川さんと一緒にDIC川村記念美術館を目指しました。ロケーションがユニークで、庭園マニアには特に面白い場所です。建物の周りはすべて緑に覆われています。森林だけでなく、緑の芝生、池、花の庭園がある10ヘクタールもの大きな公園です。

The park’s 250 cherry trees were almost in full bloom, and when the rain eased, we could enjoy the scenery. This park – like many others in Japan – is a perfect place to visit during all seasons; there are always different flowers blossoming, and not to mention the autumn foliage.

公園の250本の桜はほぼ満開で、雨がおさまると景色を楽しむことができました。日本の各地の公園と同様に、この公園も四季を通じて楽しむことができます。秋の紅葉は言わずもがな、季節ごとに違う花が見頃を迎えます。

We ended our tour at Italian restaurant Belvedere, where Endo bought us lunch; he was joyful because of the recent bonuses from Jinpuu, and Kikuchi also paid our museum fees.

最後にイタリアンレストラン「ベルヴェデーレ」で遠藤さんにごちそうになりました。遠藤さんは(株)仁風からボーナスが支給されたばかりで嬉しそうでした。美術館の入場料は菊池さんが出してくれました。

At the Belvedere

Kawamura Memorial DIC Museum of Art

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-8505 Japan

Belvedere

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-0078

DIC川村記念美術館

〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631

ベルヴェデーレ

〒285-0078 千葉県佐倉市坂戸631 dic川村記念美術館敷地内

Ikebana – 生け花

Chiba, March3月 千葉

My Jinpuu-colleague Yamamoto had studied ikebana for a few years and asked me to join the class. The classes were held at sensei’s home in Honda and there were three regular students besides Yamamoto: Hazumi, Sakuma and experienced Gondaira, who had practised Ikebana for 42 years. 

(株)仁風の同僚の山本さんに誘われて生け花教室に行きました。レッスンは先生の誉田のご自宅で行われ、数年間習っている山本さん以外に、3人の生徒がいました。羽純さん、佐久間さん、そして42年もの経験を持つ権平さんです。

Takahashi-sensei had taught ikebana for over 45 years and had a very warm and soothing presence. The lesson began as the sensei gave us the flowers and presented the arrangements she wanted us to practise. Each pupil’s setting varied; Gondaira made difficult and skill-demanding arrangements, and I struggled with the beginner-level ones.

45年以上生け花を教えている高橋先生は、とても優しく落ちついた存在感がありました。レッスンでは、先生が選んだ花を先生の指示に従って生けました。生徒それぞれ与えられた課題が異なり、例えば権平さんは難しく高度な技術を必要とするアレンジで、私は初心者向けのアレンジでした。

When our piece was ready, Takahashi-sensei examined it and explained the details once again; then we practised some more. After the class we set the table at the adjacent tatami room and dined together. It also had tokonoma, where we could take pictures of our achievements.

作品ができ上がると、高橋先生が確認して詳細をもう一度説明し、私たちはもう少し練習を重ねました。レッスンの後は、隣の畳の部屋に机を置いてみんなで食事をしました。その部屋には床の間もあって、レッスンで生けた作品を置いて写真を撮ることができました。

The class in action
My first arrangement
Takahashi-sensei teaching Yamamoto
Yamamoto
Dinner time

Sanyo Media Flower Museum – 三陽メディアフラワーミュージアム

Chiba, March3月 千葉

The Sanyo Media Flower Museum’s indoor Atrium Garden has seasonal themes in its flowerbeds, so when I visited the place at Easter, there were a lot of tulips, cute rabbits and Easter eggs. Also, the exhibition areas followed the same theme. Surrounded by variegated and lush beds of flowers, the gazebo looked breathtakingly beautiful.

三陽メディアフラワーミュージアムでは、季節ごとにテーマに沿った花壇が作られています。私が訪れたイースターの時期は、 アトリウムと展示棟にたくさんのチューリップ、そしてかわいいウサギとイースターエッグが展示されていました。変化に富んだ花々に囲まれたガゼボ(西洋風あずまや)は、息をのむほど美しいものでした。

Their luscious greenhouse is a round shaped, 23 metres tall building full of tropical and subtropical plants, and it even has an artificial waterfall. The museum has a restaurant and gift shop with a lovely selection of garden-inspired items.

熱帯植物と亜熱帯植物が生い茂る豊かな温室は、高さ23メートルの円柱形の建物です。人工の滝も流れています。施設内には他にレストランとギフトショップもあり、庭園をモチーフにした素敵なアイテムが揃っています。

Outdoor gardens enveloped the impressive museum building: at the front is a wide garden of seasonal flowers, in one side courtyard and the rose garden at the back of the building. Designed by the best combination of blooming time and harmony of the beds, the gardens are magnificent.

館外は素晴らしい庭園に囲まれています。季節の花々が咲き誇る前庭、中庭、そしてバラのある後庭です。花の開花時期に合わせてデザインされた花壇が奏でるハーモニーは、それはもう見事です。

Sanyo Media Flower Museum is part of the Inage Seaside Park, which has a lot of activities. I walked along with dog-walkers and cosplayers through Japanese style garden to the artificial seashore.

三陽メディアフラワーミュージアムを含む稲毛海浜公園には、他にもたくさんの施設があり、楽しみ方は様々です。私は犬の散歩をしている人やコスプレイヤーと一緒に日本庭園を抜けていなげの浜(人工海浜)まで歩きました。

Atrium flower garden at Easter
Miniature garden
The gazebo
Flower arrangements
The greenhouse
The waterfall
Outside gardens
Japanese style garden at Inage Sea Park area
Flower Museum at April: the poppy field
Outside the greenhouse was Hawaiian live music

Sanyo Media Flower Museum

7-2-4, Takahama, Mihama-ku, Chiba 261-0003 Japan

三陽メディアフラワーミュージアム

〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2−4

Mobara Park – 茂原公園

Chiba, March3月 千葉

This park is one of Japan’s 100 best places to experience sakura. My timing obviously wasn’t the best; when I visited the park, only two of their 2 850 cherry trees were blooming. But the bright side was that there was only me and four or so other people far on the horizon enjoying it.

茂原公園は、日本の桜の名所100選に選ばれた公園です。私が訪れた時は、2850本の桜のうちたった2本しか咲いておらず、見頃にはほど遠いタイミングでした。でも公園には私と遠く離れたところの数人しかいなかったので、穏やかな時間を楽しむことができました。

Even without the cherry blossoms there is a lot to see; the serene Lake Benten with its carps, lazy turtles and various birds, cinnabar-red lacquer bridges, early spring flowers and enough benches to study them or just to sit and relax.

桜以外にも見どころの多い公園です。鯉が泳ぐ穏やかな弁天湖、のっそりした亀、様々な鳥たち、朱色の漆塗りの橋、春先の花々とそれを観察できるベンチもそこかしこに。ただ座ってくつろぐだけでもいいでしょう。

The landscape is versatile; you can walk around and over the lake, or have more intensive hike through the paths on the hills. From the top of the hill opens a nice bird’s-eye-view to the park and the surrounding residential area.

公園ではいろんな風景を楽しむことができます。湖の周囲を歩いたり、橋を渡ったり、丘の小道をハイキングするのもオススメです。 丘の上からは、公園と周辺の住宅街を眺めることができます。

The Bentendou
The hiking path climbs high on the hills

Mobara Park

1325-1 Takashi, Mobara, Chiba, 297-0029 Japan

茂原公園

〒297-0029 千葉県茂原市高師1325-1

Nakayama Racecourse – 中山競馬場

Chiba, March 千葉3月

On my day off I headed to Funabashi; my destination was the gigantic Nakayama Racecourse, which boasts of being the second largest hippodrome in the world with its capacity of 165 000 people. They have both grass and dirt courses, and a notorious steeplechase course, which is one the most difficult ones in Japan. 

休みの日に船橋に行きました。目的地は、約16万5000人の収容数を誇る世界で2番目に大きな中山競馬場です。草コースとダートコース、そして日本でも最難関の一つと言われる障害コースがあります。

This was my first time to see this kind of horse race; in Finland harness racing is more common. I started my exploration from the Parade Ring where it is possible to admire the beautiful creatures more closely. The slender limbs resembled a ballerina’s legs as the horses walked calmly with their caretakers until the riders came and mounted them. That had an electrifying impact on the animals, and one by one they sprinted towards the racetrack on full speed.

私はこのタイプの競馬を見るのが初めてでした。フィンランドではハーネスレースが一般的なのです。まず美しい馬たちを間近で見ることができるパドックから探索することにしました。そこでは、これから騎手を背に乗せる馬たちが調教師に連れられて静かに歩いていました。その細い足はまるでバレリーナのようです。そして電気刺激を与えられた馬たちは、一頭ずつ全速力でレーストラックに向かって行きました。

The racecourse also had a Food Plaza and Turfy Shop. The shop sold T-shirts, plush toys of the actual racing horses and horse hair for good-luck charms.

競馬場にはカフェやターフィーショップもありました。Tシャツや実際の競争馬のぬいぐるみ、幸運のお守りとして馬の毛も販売されていました。

The entrance
The Parade Ring
The main track and grandstand
At the finishing line
Maintenance crew at work
A good-luck charm

Nakayama Racecourse

1-1-1, Kosaku, Funabashi City, Chiba, 273-0037, Japan

中山競馬場

〒273-0037 千葉県船橋市古作1丁目1−1

Working at Japanese gardening company – 日本の園芸会社での仕事

Chiba, March千葉 3月

Working at Jinpuu was hectic; we had several sites that needed the crew daily. The biggest and the most acute one was the Tokyo site. Our task was to plant 280 trees and some hedgerows to the yard of a gigantic apartment building complex, and the deadline was approaching fast. It was more disciplined work, and there were also a lot of other workers beside us and a foreman who supervised the site.

(株)仁風での仕事は多忙をきわめました。社員が毎日行かなければいけない現場がいくつかあって、一番大規模で切迫していたのが東京の現場でした。巨大な集合住宅の庭に、280本の木といくつかの生け垣を植えるのが仕事で、納期が迫っていました。そこには他の会社の職員や現場監督がいて、いっそう規律が重んじられる仕事でした。

But luckily we had some smaller locations as well. Some days we planted bamboo at a private house’s entrance, cut trees or built bamboo fences. We made a brand new front lawn to one office’s headquarters’ yard, moved huge rocks from place to place, dug up big trees and carried them to some other location. 

別に、小さな仕事も手がけられたのは良かったです。ある時は、個人宅の玄関前に竹を植え、木を切ったり、竹の柵を作りったりしました。ある時は、オフィスの前庭に新しい芝生を作り、巨岩を移動させ、大きな木を掘り出して他の場所に移動させたりしました。

My favourite workplace was Fukujuin Temple in Kawado Village. It was a tranquil space surrounded by a quiet neighborhood and thick bamboo grove, where I often could hear owl’s cry. We made several bamboo fences and planted rows of small box trees in their yard. 

私が気に入った仕事場は、川戸町にある福壽院です。静かで深い竹林に囲まれた静穏な場所で、よくフクロウの鳴き声が聞こえました。そこでは竹の柵を作り、庭に小さなツゲを並べて植えました。

I noticed that generally the common man respects gardeners; sometimes total stranger buys us coffees at the convenience store, passersby came to chat and occasionally even to lend a hand. Jinpuu staff were hard-boiled professionals, always ready to give 100 percent and still polite and humble. I learned a lot from them on a daily basis, they answered my endless questions and took care of me in so many ways.

私は、庭師は一般人に尊敬されていることに気が付きました。例えばコンビニで全く面識のない人がコーヒーを奢ってくれたり、通りすがりの人が声をかけてくれたり、時には手を貸してくれたりしました。(株)仁風の社員はハードボイルドなプロフェッショナルでした。常に100%で対応する体制が整っていて、それでいて正直で謙虚でした。毎日たくさんの事を学ばせてもらいました。みんな、私の無数の質問に答えてくれて、いろんな側面から面倒をみてくれました。

I worked from Monday to Friday, but sometimes joined the crew on Saturdays too. Few times the rain was so heavy that Hiroto gave me a day off, but that was my privilege: everyone else worked. The work hours were from eight to twelve, and Tokyo’s rush hour could slow us down so that the journey back to Chiba took twice as long as in the morning.

私の仕事は月曜から金曜まででしたが、ときどき土曜日もチームに加わって勤務しました。大雨の日は、寛人さんは休みをくれましたが、他の人は働いていたので、どうやら私の特権だったようです。勤務時間は8時から12時で、昼は東京のラッシュ時間帯と重なり、千葉へ帰るのは朝の2倍の時間がかかりました。

At Jinpuu’s office
Yamamoto, Kikuchi and Ishikawa
The office’s garden
Kikuchi and Yamamoto at the Tokyo site
The trees waiting for planting
Planting the trees
Our crew from the left: young Sato, Endo, Ishikawa, me, Yamamoto and Hirata.
Yamamoto, Ishikawa, Kikuchi and Sato taking a break
Yamamoto making a bamboo fence at a private house’s garden
Ishikawa, Tsugiyama and Yamamoto digging a tree from the ground
Kikuchi and a tree covered with mikimaki
Making an underground support for the tree
Yamamoto at the Peace Park
Making a hedgerow: Kikuchi digging holes for the bushes
Kikuchi, Tsugiyama and Yamamoto finishing the hedgerow and fence
Ishikawa and the brand new bamboo fence at the Fukujuin temple

Jinpuu

68-6 Shimoowadacho, Midori Ward, Chiba, 267-0052, Japan

仁風

〒267-0052 千葉県千葉市緑区下大和田町68番地6

Shunkaen Bonsai Museum – 春花園 BONSAI 美術館

Tokyo, March東京 3月

One afternoon Oosaki and I went to Shunkaen Bonsai Museum. The museum is a masterpiece made by the master himself: Kunio Kobayashi, who has lectured in several countries, received many awards and still one can find the humble man in his nursery teaching his apprentices. The museum building is ‘Sukiya-zukuri‘, a traditional Japanese style wooden house with tatami mats and shoji screens. The large windows open to the spectacular yard full of items visitors can admire: the carp pond, full blooming cherry tree, and of course the magnificent bonsai pots. The museum presents over 1000 bonsai trees on its premises.

ある日の午後、大崎さんと一緒に「春花園BONSAI美術館」に行きました。美術館はオーナーの小林國雄自身によって作られた傑作です。小林先生は多くの海外講演を行い、数々の賞を受賞している一方、弟子の育成に尽力するという控えめな一面も持っています。美術館の建物は、畳や障子のある日本の伝統的な数寄屋造りの木造家屋です。大きな窓からは、見る者の目を奪う広大な庭を鑑賞することができます。鯉の池、満開の桜、そしてもちろん見事な盆栽の鉢。美術館には1000点以上の盆栽が所狭しと並んでいます。

The art of bonsai is fascinating: creating a microcosm which so perfectly imitates the nature. It’s miraculous how this tiny tree can resemble an actual full-grown, ancient tree trunk standing on the green hilltop. It takes years of practise to master this extraordinary art form, Kobayashi-sensei has spent over forty years among the trees. The word bonsai literally means the tree planted in a shallow container. It’s something much more than just small-scale gardening; it’s a captivating mixture of horticulture, craftsmanship, design and discipline with a spiritual twist.

自然を完全に写しとったような小宇宙を創造する盆栽芸術は魅力的です。小さな木が、まるで実際に緑の丘にそびえる、樹齢を重ねた太古の木の幹のようであり、それはもう奇跡です。この並外れた芸術形態を習得するには、長年の鍛錬が欠かせません。小林先生は40年以上も木に囲まれて過ごしてきました。盆栽という言葉は、文字通り浅い鉢に植えられた木を意味しますが、それは小規模なガーデニングとは一線を画すものです。園芸術、職人技、デザイン、崇高な曲げを造り出す規律、それらが魅惑的に織り混ざっているのです。

We had a sufficient guide who walked us through the large building while introducing the individual pieces. After the tour we drank tea with the friendly master and purchased books which Kobayashi-sensei signed for us. He showed pictures from his lecture tour in Sweden and gave me a gift: bonsai magazines and a ticket to the museum. The nursery was an excellent place to visit, and we had the whole garden to ourselves.

ツアーガイドが個々の作品を紹介しながら広い建物を案内してくれました。ツアーの後はフレンドリーな小林先生とお茶を飲んで、買った本にサインをしてもらいました。先生はスウェーデンで行われた講演の写真を見せてくれて、盆栽雑誌と美術館の入場券をプレゼントしてくれました。この庭園は訪れるべき場所です。他に来場客がなかったので、私たちは庭園全てを独占してしまいまいた。

The entrance
The nursery
The master Kunio Kobayashi signed my book

Shunkaen Bonsai Museum

 1-29-16, Niihori, Edogawa-ku, Tokyo, 132-0001, Japan

春花園 BONSAI 美術館

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1丁目29−16