Back to saddle 1 – 再びサドルへ その1

Berlin, Julyベルリン 7月

This time we started our bike tour from Berlin, and the concept was the same; we rented the bicycles from there and made no hotel reservations in advance. Lika always, we navigated by using the HERE WeGo application, which uses offline maps. With this handy app we had found many far more interesting routes than just the main roads.

今回はベルリンからサイクリング開始です。コンセプトはこれまでと同じで、現地で自転車を借りて、事前にホテルの予約はしません。私たちはネットがなくても地図が見られる HERE WeGo というナビを愛用しています。この手軽なアプリのおかげで、主要な道路以外のもっと面白いルートを見つけることができます。

When it was time to find a hotel, we noticed that in Nauen there wasn’t any. The next one, Landhaus Börnicke, was 10 kilometres away, but luckily they had vacant rooms. The place was like from a fairytale; beautiful old building, flowers, farm animals, a pond and a restaurant in the middle of forests. The next night we stayed in a small village of Kletzke. When the guest house’s staff left home, we were the only persons at the building. In the morning they came back and fed us.

ナウェンで、いざホテルを探そうという段になって、空いているホテルが無いことに気が付きました。次の街ラウンドハウス ベルニッケまでは、まだ10kmありましたが、ラッキーなことに空き室を見つけることができました。森の真ん中にある美しい古い建物、花、家畜、池、レストラン、どれをとってもおとぎ話のような場所でした。次の夜はクレッツケの小さな村に泊まりました。スタッフが帰宅してからは、宿には私たち二人だけでした。朝になってスタッフが戻ってきて、食事を用意してくれました。

The weather was great, and we pedaled through country roads lined with trees full of plums, apples and pears, like in paradise. When we arrived at Lüchow, we had to ask four hotels before we found room; then we made exception and booked the next hotel in advance.

今回は天気は最高でした。まるで楽園のようにたわわに実るプラム、りんご、洋梨の並木に沿って、田舎道を走りました。リューホフに着いてからは、4件目でようやく空き室が見つかりました。そしてその時は特別に、次のホテルを事前に予約することにしました。

Landhaus Börnicke
Their charming garden and cottage
We were the only customers of the guesthouse in Kletzke
Lenzen

Landhaus Börnicke

Grünefelder Str. 15, 14641 Nauen, Germany

Kiel Canal by bicycle 2 – キール運河 自転車旅 その2

Schleswig-Holstein, Juneシュレースヴィヒ=ホルシュタイン 6月

Rain and thunderstorms followed us through the Kiel Canal, so when the sky finally cleared, we were beyond happy. The canal is 98 kilometres long, and it unites the Baltic Sea to the North Sea. The NOK Cycling Route is 320 kilometres long, and there are several ferry rides across the water. We didn’t follow the NOK route the whole way, so for us it took three days from Kiel to Büsum.

キール運河を走っている間、ずっと雨と雷がついて回っていて、ようやく空が見えた時は本当に嬉しかったです。全長98kmの運河はバルト海と北海を結んでいます。NOK(Nord-Ostsee Kanal、北海バルト海運河)サイクリングルートは320kmですが、途中でいくつか運河を渡すフェリーがあります。私たちはNOKサイクリングルートを全て走ったわけではなく、キールからビューズムまでは3日かかりました。

Büsum was a great seaside town, where we stayed for one night; we find the North Sea with its high and low tide quite fascinating, because our Baltic Sea doesn’t have them. It was like a miracle, we could walk a long way to the sea during low tide, and when we came back to the beach after dinner, there was water again.

ビューズムは素晴らしい海辺の街でした。私たちはそこで一泊しました。北海には、バルト海には見られない潮の満ち引きがあって、とても魅力的でした。干潮時には海までの長い道のりを歩くことができたのに、夕食後にビーチに戻ったときは、また水が戻ってきていました。それはまるで奇跡のようでした。

Once again there was a thunderstorm when we pedaled from Büsum to Burg (Dithmarschen). Now the weather was cold, so we had to stop and wait; fortunately there was an awesome restaurant by the canal: Burger Fährhaus. We crossed the canal from the restaurant’s yard and headed for Vaalermoor to visit my cousins.

ビューズムからブルグ(ディトマルシェン)に向かって走った時は、また雷雨でした。寒くなってきていました。運良く、運河のそばにBurger Fährhausという素晴らしいレストランがあって、しばらく雨宿りをすることにしました。 そしてレストランの庭から運河を渡り、ヴァーラムーアに住む従兄弟の元に向かいました。

Our route: Hamburg – Bad Bramstedt – Neumünster – Kiel – Holtsee – Rendsburg – Fockbek – Albersdorf – Büsum – Burg (Dithmarschen) – Vaalermoor – Glückstadt – Wischhafen – Stade – Buxtehude – Hamburg.

私たちのルート:ハンブルグ → バッドブラムシュテット → ノイミュンスター → キール → ホルツィー → レンヅブルク → フォックベック → アルバースドルフ → ビュスム → ブルグ(ディトマルシェン) → ヴァーラムーア → グリュックシュタット → ヴィシュハーフェン → シュタッド → ブクステフーデ → ハンブルク

Our trip was 11 days and around 390 kilometres, but we didn’t cycle every day.

11日間の旅で390km走りましたが、毎日サイクリングしたわけではありません

Büsum
View from Burger Fährhaus
Picturesque Stade

Burger Fährhaus

Hafenstraße 48, 25712 Burg (Dithmarschen), Germany

Kiel Canal by bicycle 1 – キール運河 自転車旅 その1

Schleswig-Holstein, Juneシュレースヴィヒ=ホルシュタイン 6月

Our second bicycle tour began from Hamburg, from where we rented our wheels. For some mixup we ended up with two city bikes with wide saddles and only three gears. The weather was rainy, but roads were excellent; we had the luxury to pedal in a separate lane only for bicycles. There were a lot of cars, so this made our journey far more safe.

ハンブルグで自転車を借りて、私たちは2度目のサイクルツアーに乗り出しました。何かの間違いで、サドルが幅広くギアが3枚しかないシティバイクになりました。天気は雨でしたが、車道と別に設けられた自転車専用道が素晴らしく、快適にペダルを漕ぐことができました。自動車の交通量が多かったので、この専用道のおかげでより安全な旅になったのです。

Again we trusted our luck, and we didn’t book any hotels in advance. We had to carry water and fruits with us for backup, because once we left big cities, there weren’t so many grocery shops in the countryside. Because we started our tour from Hamburg, we had to first cycle to Kiel, and after that, we followed loosely the Kiel Canal, and NOK Cycling Route.

今回も運を信じて、事前にホテルは予約していませんでした。一度大都市を出ると、田舎町には食品店があまり無かったので、水と果物はリュックで運ばなければいけませんでした。ハンブルグからツアーを始めたので、まずはキールまで走る必要がありました。そこから大まかにキール運河とNOK(Nord-Ostsee Kanal、北海バルト海運河)サイクリングルートに沿って走りました。

The rain was with us every day, but at least the weather wasn’t too cold. The countryside was beautiful, green and lively; every 3-5 kilometres we drove through a small village full of animals and big farmhouses. Sometimes we could buy fresh strawberries from them.

毎日雨が降っていましたが、寒すぎる気候ではありませんでした。田舎はとても美しくて、緑が豊かで活き活きとしていました。3〜5km毎にたくさんの動物と大きな農家のある小さな村を通り過ぎました。時々、農家から新鮮なイチゴを買いました。

There were a lot of ferries on our route
Kiel Canal
These are my favourite roads in Germany

Reindeers and snow – トナカイと雪

Salla, Februaryサッラ 2月

Eri, Itoe and I took a night train from Helsinki to Kemijärvi, where we met my uncle Erkki; he drove us to my grandmother’s house. Our plan was to stay there and try to see the northern lights. The weather wasn’t the best; the sky was cloudy, and from time to time it was snowing.

エリさんとイトエさんと私は、ヘルシンキから夜行列車でケミヤルヴィに向かい、そこで叔父のエリックに会って、祖母の家まで車で送ってもらいました。そこに滞在してオーロラを見たいと思っていました。空は雲で覆われて雪が降ったりやんだりして、天気はいまいちでした。

The house is in the middle of nowhere, as they say in Salla‘s slogan. Surrounded by deep forests, enveloped by snow, one can really experience absolute silence and darkness. The place is very nostalgic for me, because my sister and I spent a lot of Easter holidays and summers there with our grandparents, aunts, uncles and cousins. My mother has 11 siblings, so it was always a vibrant house. All my mother’s seven brothers were skilled hunters and fishers, so the meals were exotic for us kids.

まさにサッラの町のスローガンのとおり、家は、どことも知れない場所の真ん中にありました。深い森に囲まれて、雪に覆われて、真の静寂と闇を体験することができました。私にとってはとても懐かしい場所です。私と姉は、祖父母、叔母、叔父と従兄弟たちと一緒に、イースター休暇や夏休みを、よくここで過ごしていたのです。私の母には兄弟姉妹が11人いるので、家はいつも活気に満ちていました。母の兄弟7人はみんな熟練した猟師や漁師で、子供の私たちとって、食事は異国情緒あふれるものでした。

The three of us spent four days there, but no luck with the aurora borealis. Erkki came daily to check that everything was fine; he Itoe’s birthday he took us to see reindeers and gave us a ride with a snowmobile through a snowy landscape.

私たち3人はそこに4日間滞在しましたが、オーロラを見ることはできませんでした。エリックは毎日様子を見に来てくれました。イトエさんの誕生日にはトナカイを見に連れて行ってくれて、雪景色の中、スノーモービルに乗せてくれました。

We took a bus to Rovaniemi and stayed there for a few days; visited Santa Claus Village and made our final effort to see the northern lights. Unfortunately, the weather wasn’t on our side, but either way, we enjoyed our stay until the night train took us back to Helsinki.

そのあとバスでロヴァニエミに向かい、そこに数日滞在しました。最後にオーロラを見たいと思い、サンタクロース村に行きましたが、残念ながら天気は私たちに味方してくれませんでした。いずれにしても、夜行列車でヘルシンキに戻るまで、私たちは旅を楽しみました。

Sauna and toilet
Santa Claus Village
The famous man himself
A lot of letters
My grandfather, father, sister and me in the 80s
Uncle Erkki

Santa Claus Village

Pajakylä, 96930 Rovaniemi, Finland

Tokyo German Village – 東京ドイツ村

Chiba, December千葉 12月

My husband and I visited the Kikuchi Family and Chiba once again in the winter. Kumi and Hiroto took us to see a magnificent illumination in the middle of the countryside; Tokyo German Village, which is actually in Sodegaura City, Chiba Prefecture.

冬に、夫と一緒に、菊池ファミリーと千葉を再び訪れました。久美さんと寛人さんは、田舎の真ん中にある壮大なイルミネーションを見に、東京ドイツ村に連れて行ってくれました。実際には千葉県袖ヶ浦市にあります。

This winter illumination is one of the three best illumination of the Kanto area, they have three million LED lights on the landscape, all over the fields and buildings. The theme park is open throughout the year; visitors can enjoy the illumination during winter, and the seasonal flower fields, golf course and picnics in summer. There is also German food and beverages.

この冬季のイルミネーションは、関東地方で3本の指に入るイルミネーションです。野原や建物すべて含めて約300万個のLEDライトが使われています。テーマパークは1年中開園していますが、冬のイルミネーション、季節の花畑、ゴルフ場、夏はピクニックを楽しむことができます。ドイツの食べ物や飲み物もあります。

Tokyo German Village

419, Nagayoshi, Sodegaura, Chiba, 299-0204 Japan

東京ドイツ村

〒299-0204 千葉県袖ケ浦市永吉419

Cycling around Lake Balaton Part 2 – バラトン湖周辺サイクリング その2

Hungary, Septemberハンガリー 9月

The cycling went well, but maybe too fast; soon we had reached the other end of the lake, the flat part was over and it was time to start climbing to the hills. The views on the northern side wine region were beyond beautiful. Now we were used to our bicycles and found a good pace to our pedaling. 

サイクリングは順調でしたが、速すぎたかもしれません。すぐにも湖の反対側の端に到達しそうで、平坦な道が終わり、登り坂にさしかかりました。北側のワイン産地の景色は素晴らしい美しさでした。私たちはようやく自転車に慣れてきて、良いペースでペダルをこげるようになりました。

The countryside was charming, and the roads felt safe. Every day we cycled through magnificent sceneries; the autumn fields continued to the horizon, cute cottages and a lot of different kinds of farm animals spotted our way. Sometimes we found an attractive town or nice spa resort and spent a night or two. Our favourite place was a small spa town Hévíz, which has the second largest thermal lake in the world. Conveniently it was raining, so we decided to stay there, and enjoy the warmth of the lake.

田舎は魅力的で、安心できる道でした。 毎日、壮大な景色の中をサイクリングしました。 秋の畑は地平線まで続き、かわいいコテージと様々な種類の家畜たちが所々に現れました。ときどき気になる町や素敵なスパリゾートを見つけて、1、2泊しました。私たちが気に入ったのは、世界で2番目に大きな温泉湖がある小さな温泉街ヘーヴィーズです。都合良く雨が降っていたので、町に留まって湖の暖かさを楽しむことにしました。

For a first-timer our cycling journey was a success. We didn’t have any trouble, if occasional flat tires or flying ants on the way back to Budapest doesn’t count.

初めてのサイクリングの旅は成功でした。時々タイヤがパンクしたことや、ブダペストへの帰り道に羽蟻がいたことを除けば、特に問題はありませんでした。

Our route: Budapest – Gardony – Siófok – Keszthely – Hévíz – Tapolca – Veszprém – Székesfehérvár – Gardony – Budapest. It took 11 days, Hévíz was the only place we stayed two nights. Total kilometres was around 430.

私たちの道のり:ブダペスト → ガールドニ → シーオフォク → ケストヘイ → ヘーヴィーズ → タポルツァ → ヴェスプリーム → セーケシュフェヘールヴァール → ガールドニ → ブダペスト 11日間の旅で、2泊したのはヘーヴィーズだけです。 総距離は約430kmでした。

Puli, interesting looking Hungarian dog breedwhich end is the head?
Picturesque town of Tapolca
Tópart Bisztró
Beautiful Veszprém
The view from the Castle Hill Veszprémi Várhegy

Tópart Bisztró

Arany János u. 1, Tapolca, 8300 Hungary

Veszprém Castle

József Attila u. 40, Veszprém, 8200 Hungary

Thermal Lake of Hévíz

Csokonai u. 3, Hévíz, 8380 Hungary

Cycling around Lake Balaton Part 1 – バラトン湖周辺サイクリング その1

Hungary, Septemberハンガリー 9月

We started our cycling holiday from Budapest, where we stayed one night and rented our bicycles. Next morning, full of joy, we packed our gear and headed for lake Balaton. Hungary is one of our favourite destinations, and for years I had dreamed about conquering this lake! Finally, it was real.

ブダペストで1泊し、自転車を借りて、私たちのサイクリング・ホリデーが始まりました。翌朝、喜びいっぱいに荷物をまとめて、バラトン湖に向かいました。 ハンガリーは私たちのお気に入りの目的地の1つですが、何年もの間、この湖を制覇することを夢見ていました! それがついに実現したのです。

This was our first bike trip, and we were excited to see how we can manage; we are not very athletic persons and we cycle only for fun during summer. We didn’t make any schedules or booked hotels in advance, but more like drifted from one place to the next one. It was off season, so there weren’t a lot of tourists.

今回は私たちにとって初めての自転車旅行でした。二人ともそんなにスポーツマンではないし、サイクリングは夏に楽しむだけでしたが、うまくいくかどうか楽しみでした。事前に予定を立てたり、ホテルを予約したりはしませんでした。ひとつの場所から次の場所へ、漂うように旅をしました。オフシーズンだったので、旅行者はあまりいませんでした。

It took us two days to reach the lake; when we saw it for the first time, glimmering through the tree leafs, was a magical moment. Balaton is the biggest lake in Central Europe, it is 77 kilometres long, quite shallow and has a beautiful turquoise colour. It’s one of the most popular holiday resorts in Hungary, and I can totally understand why; around the lake there are a lot of nice hotels, restaurants and cafes, and the nature is spectacular.

バラトン湖に着くまでまで2日かかりました。木の葉の中にかすかに光る湖を初めて目にした時は、神秘的な瞬間でした。バラトン湖は中央ヨーロッパ最大の湖で、長さは約77km、とても浅くて美しいターコイズブルーをしています。ハンガリーでは最も人気のリゾート地の一つですが、理由は明快でした。湖の周辺には数多くの魅力的なホテル、レストラン、カフェが並び、自然は壮観でした。

Sunset at lake Valencia
Charming Hotel Kentaur
Our route choices were sometimes interesting

Hotel Kentaur

Akácfa u. 1, Siófok, 8600 Hungary

Wacken Open Air – ヴァッケン・オープン・エア

Schleswig-Holstein, Augustシュレースヴィヒ=ホルシュタイン 8月

One of the biggest heavy metal festivals in the world is held in a small Northern German village, Wacken. Every August cows have to step aside when 75.000 metalheads take over the serene countryside with their tents and caravans. Camping in the area is free for all who have purchased the festival ticket.

世界最大級のヘヴィ・メタル・フェスティバルが、北ドイツの小さな村ヴァッケンで開催されます。毎年8月になると、牛たちが牧場の脇に寄せられ、静かな片田舎に7万5000人のメタルヘッド(メタルファン)たちがテントを貼り、キャンピングトレーラーを乗り入れます。フェスティバルのチケットを購入した人は無料でキャンプ場を利用することができます。

This three-day event draws bands and their fans from all over the world. The festival site is huge, over 240 hectares open field which includes eight stages, camping ground, beer tents, food stalls, places called Holy Ground and Wasteland. In thirty years this event has expanded from tiny to gigantic; nowadays W:O:A has almost two hundred bands and a lot of other activities. 

この3日間のイベントには、世界中からバンドとファンたちが集まります。フェスティバル会場は240ヘクタール以上に及ぶ広大な野原で、そこに8つのコンサートステージ、キャンプ場、ビアテント、屋台、そして“聖地と荒野”と呼ばれる場所があります。W:O:A(ヴァッケン・オープン・エア)はこの30年の間に極小イベントから巨大イベントに成長しました。今では約200組ものバンドが出演し、多くのイベントが行われます。

It was a great chance to explore German countryside at the same time. Wacken is in the middle of equally picturesque villages like Vaale and Agethorst; I have relatives in both of them, so no need for a tent! During the festival there is a non-stop shuttle bus commuting from the beautiful town of Itzehoe to Wacken, so it’s also possible to stay at a hotel.

同時に、ドイツの田舎を探検するのにはいい機会でした。ヴァッケンは、同じく絵のように美しい村、ヴァーレとアゲトホルストの間に位置しています。私は両方の町に親戚がいるので、テントを張る必要はありません!フェスティバルの期間中は、美しい町イツェホエとヴァッケン間を結ぶ直通シャトルバスが運行されるので、イツェホエのホテルに宿泊することもできます。

Wacken Open Air
The festival is in the middle of beautiful countryside
Wasteland
My boots after first day

Wacken Open Air

Hauptstraße 47, 24869 Wacken, Germany

Senshu Park – 千秋公園

Akita, May秋田 5月

The last day of my Rail Pass I traveled to Akita City, the hometown of Endo. The journey from Tokyo took almost four hours even with the Shinkansen. Cherry blossoms had already fallen, but now it was azalea blooming time, and everywhere was bright pink, aniline red and purple bushes.

レール・パスの最終日は遠藤さんの故郷、秋田市に行きました。新幹線でも東京から4時間費やしました。桜はもう散っていましたが、ちょうどツツジの開花時期で、あちらこちらに明るいピンク色、赤紫色、紫色の茂みがありました。

Senshu Park is in the heart of the city; a luscious green oasis full of things to see throughout the seasons. It’s built to the ruins of Kubota Castle, and there still are some of those ancient buildings like omonogashira gobansho, the guard house. One of the Kubota Castle’s turret towers is restored, and open to the public.

千秋公園は町の中心にあります。四季を通して見どころいっぱいの快適な緑のオアシスです。公園は久保田城の城跡に造られ、城の警備をしていた物頭の詰所である御物頭御番所などの古い建物が残っています。久保田城の櫓の一つは復元されて、一般に公開されています。

The park is one of Japan’s top 100 historical parks as well as one of the top 100 cherry blossom viewing spots. They also have a beautiful Kogetsu pond, a few museums and shrines in the area.

公園は日本の歴史公園100選、またさくら名所100選に選ばれています。他に公園内には美しい胡月池や史料館、いくつかの神社があります。

The outer moat
Kogetsu Pond
Tower of Kubota Castle
View from the tower

Senshu Park

1-6 Senshukoen, Akita, 010-0876, Japan

Kubota Castle Ruins

1-39 Senshukoen, Akita, 010-0876, Japan

千秋公園

〒010-0876 秋田県秋田市千秋公園1

久保田城跡

〒010-0876 秋田県秋田市1 秋田市千秋公園1番4

Niigata – 新潟

Niigata, May新潟 五月

After Shodoshima and Osaka, I headed to Tokyo; I still had a few days left on my Japan Rail Pass and wanted to explore some new cities. Inspired by Sato’s father, I booked a day trip to Niigata.

小豆島と大阪を訪れた後、東京に向かいました。ジャパン・レール・パスの有効期限まで数日残っていたので、新しい街を探検してみたいと思いました。佐藤さんのお父さんに触発されて、私は新潟への日帰り旅行の予定を立てました。

After a two-hour journey I arrived at the city and immediately felt relaxed; the weather was a bit cooler, and the streets were less crowded.. I fancied a bird’s-eye view, and the best place for that was Niigata Nippo MEDIA SHIP building’s free observation deck.

およそ2時間で新潟市に着きました、少し涼しい気候で道には混雑もなく、すぐに居心地の良さを感じました。私は市街を鳥瞰したいと思いました。それには新潟日報メディアシップの無料の展望台が最適でした。

Niigata took me by surprise. I don’t know what I had imagined, but certainly not this; wide promenades at the river banks, fishing vessels and old tug boats floating in the shiny water, people enjoying beautiful weather while sitting on the benches. No wonder why it’s called the city of water.

新潟には驚かされました。 川岸の広い遊歩道、釣り船、輝く水上に浮かぶ古いタグボート、人々はベンチに座って美しい天気を楽しんでいます。私はどんな街を想像していたのかわかりませんが、間違いなくこの様ではありませんでした。水の都と呼ばれるのも不思議ではありません。

View from Niigata Nippo MEDIA SHIP building
Niigata Nippo MEDIA SHIP
At the riverside promenade
Shinkansen

Niigata Nippo MEDIA SHIP

3-1-1 Bandai, Chuo Ward, Niigata, 950-0088 Japan

新潟日報メディアシップ

〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代3丁目1−1