Tokyo German Village – 東京ドイツ村

Chiba, December千葉 12月

My husband and I visited the Kikuchi Family and Chiba once again in the winter. Kumi and Hiroto took us to see a magnificent illumination in the middle of the countryside; Tokyo German Village, which is actually in Sodegaura City, Chiba Prefecture.

冬に、夫と一緒に、菊池ファミリーと千葉を再び訪れました。久美さんと寛人さんは、田舎の真ん中にある壮大なイルミネーションを見に、東京ドイツ村に連れて行ってくれました。実際には千葉県袖ヶ浦市にあります。

This winter illumination is one of the three best illumination of the Kanto area, they have three million LED lights on the landscape, all over the fields and buildings. The theme park is open throughout the year; visitors can enjoy the illumination during winter, and the seasonal flower fields, golf course and picnics in summer. There is also German food and beverages.

この冬季のイルミネーションは、関東地方で3本の指に入るイルミネーションです。野原や建物すべて含めて約300万個のLEDライトが使われています。テーマパークは1年中開園していますが、冬のイルミネーション、季節の花畑、ゴルフ場、夏はピクニックを楽しむことができます。ドイツの食べ物や飲み物もあります。

Tokyo German Village

419, Nagayoshi, Sodegaura, Chiba, 299-0204 Japan

東京ドイツ村

〒299-0204 千葉県袖ケ浦市永吉419

The Kikuchi Family – 菊池ファミリー

Chiba, March千葉 3月

Jinpuu‘s heart and soul were the Kikuchi couple; warm-hearted Kumi and always active Hiroto. Jinpuu was his father’s company, and Hiroto took the lead when he retired, and also Kumi worked at the office. Hiroto was a leader who didn’t mind getting his hands dirty; he shoveled soil, climbed high on the trees and sweated with us at the Tokyo site.

菊池夫妻は(株)仁風の心であり魂です。心温かい久美さんと、いつも活発な寛人さん。(株)仁風は元は寛人さんのお父さんの会社で、引退後に寛人さんが引き継ぎました。久美さんは事務を担当しています。寛人さんは手を汚すことを厭わないリーダーです。東京の現場では、寛人さんもショベルで土をかき、木に登り、私たちと一緒に汗をかきました。

Hiroto was a hardworking, funny and generous man. Every morning he took his moped, drove to a convenient store to fetch us coffees; he treated me uncountably number of lunches, dinners, snacks and beverages. Kumi helped me so many ways during my apprenticeship at Jinpuu: she took me to a hairdresser, sent several boxes full of my stuff to Finland and introduced me to WonderREX second hand shop. (Come to think of it, WonderREX may be the reason I had to send some of those boxes!)

寛人さんは勤勉で、面白くて思いやりのある男性です。毎朝モペッドでコンビニまで走って、私たちにコーヒーを買ってきてくれました。そして数えきれないほどの昼食、夕食、おやつ、飲み物をごちそうしてくれました。久美さんは、私の(株)仁風での見習い期間中、たくさん助けてくれました。美容院に連れて行ってくれたり、私の物がいっぱい詰まった荷物をいくつもフィンランドに送ったり、リサイクルショップ「ワンダーレックス」に連れて行ってくれたりしました。(思えば、ワンダーレックスに行ったからフィンランドに送る荷物が増えたのです!)

Hiroto loved his family; he always had time for his two boys. We had a lot of farewell parties and company events, and the kids always joined the crew. Jinpuu was a tight community, and they all made sure that I fit in. 

寛人さんは家族を愛していて、常に2人の息子と過ごす時間を大切にしていました。送別会や会社のイベントがたくさんありましたが、子どもたちはいつも参加していました。(株)仁風は結びつきの強い集団で、いつでも私が馴染んでいるかを確かめてくれました。

A huge WonderREX!

WonderREX

30-1 Koshiate, Mobara, Chiba 297-0007, Japan

総合リサイクルショップ WonderREX 茂原店

〒 297 – 0007 千葉県茂原市腰当 30 – 1

Mobara Peony Garden – 茂原牡丹園

Chiba, April千葉 4月

61-year-old Jinpuu senior Endo and I spent a delightful day amid huge flowers at their fullest bloom. After an unfortunate flat tire we arrived at the magnificent peony garden, and for once the weather was perfect. For me this was truly a rare experience; this garden is something you cannot see in everyday life, at least if you live in Finland.

(株)仁風の先輩で61才の遠藤さんと私は、満開を迎えた花々に囲まれて楽しい一日を過ごしました。タイヤパンクの不運の後、私たちは素晴らしい牡丹園に到着しました。その日の天気は最高でした。私にとって、本当に珍しい体験になりました。少なくともフィンランドに住んでいれば、日常生活では目にすることのない庭園です。

I love old buildings, so that was another reason why I enjoyed this garden so much; their super-charming thatched-roofed farmhouses from the Edo era! It makes all the difference, the balance of the garden and its untouched harmony. The gorgeous peony flowers were under waxed paper parasols because of the strong sunshine, and that made the garden look even more beautiful.

私は古い建築物が大好きなので、この庭園をずいぶん楽しめたもう一つの理由は、そこに江戸時代に建てられたとても魅力的な茅葺屋根の農家があったことです!建物が古いか新しいかでは大きく違い、古い建物は庭園のバランスと手付かずの調和を生み出します。日差しが強いので、牡丹にはワックスが塗られた和傘が差してありました。それで庭がいっそう美しく見えました。

The garden is open only a short period between the end of April and the beginning of May when the Peony’s are blooming. They also have a lot of other interesting plants, trees and flowers, for example Davidia involucrata, Dove tree (or Handkerchief tree).

庭園は、牡丹の咲く4月中旬から5月上旬の短い期間だけ公開されています。庭には他にも興味深い植物や木や花がありました。例えばダヴィディア。日本ではハンカチの木、幽霊の木(英語では他に鳩の木など)と呼ばれている木です。

After the serene garden visit we had lunch; Endo took me to eat unagi, eel, which we both love.

のどかな庭園を訪問した後は、遠藤さんの案内で、二人とも好きなうなぎを食べにランチに行きました。

At the entrance
Endo
The garden’s restaurant
Unagi

Mobara Peony Garden

210 Yamasaki, Mobara, Chiba, 297-0061, Japan

茂原牡丹園

〒297-0061 千葉県茂原市山崎210

Mitsuishiyama Kannon Temple – 三石山 観音寺

Chiba, April千葉 4月

Our next destination was Mitsuishiyama Kannon-ji, which was one hour drive away from Kasamori Kannon. When we arrived at the temple, it started to rain again, so Ishikawa held the umbrella like a true gentleman, and I took pictures from underneath it.

次に、笠森観音から車で約1時間の三石山 観音寺を目指しました。お寺に着いた時、また雨が降り始めました。石川さんが傘を持つと本物の紳士の様な出で立ちで、私は下方から写真を撮りました。

This temple is a famous power spot to pray for marriage, and it got its name from the three stones on the back of the building. The place was astonishing; the small temple looked like it was about to crush under the huge stones. The location is quite high, and in clear weather it’s possible to see Mt. Fuji.

このお寺は縁結びにご利益があるパワースポットとして有名で、名前は寺院の裏にある3つの石から付けられました。ここは驚くべき場所でした。小さな神殿は巨大な岩に押しつぶされそうな様子でした。かなり高い所にあるので、天気のいい日は富士山を見ることもできるそうです。

Stone steps took us to the narrow pathway between the rocks, and to the highest peak, where is Okuno-in, the place people pray. It is customary to tie your handkerchief to the fence.

石の階段を登り、狭い岩間の道を通って、山頂の祈りの場、奥の院に行きました。そこではハンカチをフェンスに結ぶ習慣がありました。

The temple and its rocks
Climb the stairs…
… go through a narrow path between rocks…
… and you will reach the highest point!
Okuno-in and the handkerchief fence

Mitsuishiyama Kannon-ji

1407 Kusagawara, Kimitsu, Chiba, 292-0525 Japan

三石山 観音寺

〒292-0525 千葉県君津市草川原1407

Kasamori Kannon Temple – 笠森観音笠森寺

Chiba, April千葉、4月

Ishikawa, another Jinpuu-colleague, took me for a hike one rainy Sunday; our first attraction was Kasamori Kannon. Surrounded by mountainous forests, this unique temple is a perfect place to visit for a nature lover like me.

ある雨の日曜日、仁風のもうひとりの同僚である石川さんがハイキングに連れて行ってくれた。私たちの最初の目的地は笠森観音だった。鬱蒼とした森に囲まれたこのユニークなお寺は私のような自然愛好家が訪れるには最高の場所である。

Maybe because of the weather, there were only a few other visitors when we climbed the steep wooden staircase to Kannon-do. The hall is 16 metres from the ground, and on top of it opens a panoramic view to the forests above.

きっと雨のせいだろう、私たちが観音堂へと続く木造の階段を上ったとき観光客はほんの数名しかいなかった。お堂は地上から16mの高台にあり、眼下の森を一望できる。

Near the temple gate is the sacred Kosazukenokusu; a crooked tree, which has a small hole in its trunk. It’s believed that when children go through the hole, they receive fortune, but if a woman crawls through it, she will get pregnant.The famous Japanese ukiyo-e artist Utagawa Hiroshige has captured this majestic temple to one of his prints.

お寺の門の近くには子授け楠(こさずけのくす)という霊木が佇む。その曲がった樹木の幹には小さな穴があり、子どもがそこを通り抜けるとご利益が、女性がくぐると子宝に恵まれるとされている。有名な日本の浮世絵師の歌川広重はこの荘厳な寺院を作品のひとつとして残している。

The Kannon-do
The observation deck
The gate
The details of the gate
The sacred Kosazukenokusu

Kasamori Kannon


302 Kasamori, Chonan-machi, Chosei-gun, Chiba, 297-0125 Japan

笠森観音

〒297-0125 千葉県長生郡長南町笠森302

Niemonjima – 仁右衛門島

Chiba, April 千葉 4月

Our boss’s wife Kumi took me, Kochan and Kanchan, AKA The Noisy Boys, to a road trip, and we dashed through beautiful mountainous landscapes. Our first stop was at the Marine Restaurant Seagull, which was a mixture of Italian food and Japanese atmosphere; we had lunch inside a tatami matted private room. 

上司の奥様の久美さんが、私と、コウちゃんとカンちゃん(通称 ”Noisy Boys”)をドライブに連れて行ってくれました。車は美しい山の景色を走り抜けました。はじめに、和風の空間でイタリア料理を提供しているマリンレストラン・シーガルを訪れました。私たちは屋内の畳の敷かれた個室で昼食を食べました。

Kumi kept driving until we arrived at the seashore where we parked the car and continued by foot. On the dock was a small rowing boat and two old men, who took us to our destination: Niemonjima. The island was breathtaking, full of bird singing and exotic flowers but none visitors; we were the only ones.

久美さんは海岸まで運転してくれて、車を停めてそこから歩きました。船着場には手漕ぎのボートと2人の年配の男性がいて、私たちを仁右衛門島まで連れて行ってくれました。島は、鳥のさえずりと外来の花がいっぱいで、目を見張るようでした。私たち以外に来ている人はいませんでした。

We criss-crossed the landscape, walked on the rocky shore and dived inside lush jungle-like vegetation. Here and there were small eye-catchers: a big rock with carved poem on it, a stone statue or weathered shrine. On the island was also a gift shop where we could buy some souvenirs, like postcards and a fishing net.

岩の多い海岸を歩いたり、ジャングルのような豊かな植生の中に身を委ねたり、島を縦横に移動しました。あちこちにちょっと気になるものがありました。詩が彫られた大きな岩、石像、風化した神社などです。島にはみやげ物屋もあって、ポストカードや漁網などが買えました。

Niemonjima Island; view to the main land

Marine Restaurant Seagull

598−1 Isumi, Otaki, Chiba, 298-0212 Japan

Niemonjima Island

445 Taikaihama, Kamokawa, Chiba, 299-2863 Japan

仁右衛門島

〒299-2863 千葉県鴨川市太海浜445

マリンレストラン、シーガル

〒298-0212 千葉県夷隅郡大多喜町 猿稲598−1

Bus Tour 2: Boso no Mura – バスツアー2:千葉県立房総のむら

Chiba, March千葉 3月

Our next stop was Boso no Mura, which is an open-air museum with its historic buildings and craft workshops. Dated back to Edo Period, Boso Village is the perfect example of the era and its lifestyle; unpaved streets with beautifully aged wooden merchant houses and tea shops along the sides.

次は千葉県立 房総のむらに向かいました。歴史的な建築物や工芸のワークショップがある野外博物館です。房総のむらは江戸時代の様子や生活様式を完璧に再現しています。美しく年を経た木造の商家や茶店が未舗装の道路に並んでいます。

The village is a great place for a person who is interested to learn about Japanese culture and history and its disappearing heritage as well. Boso no Mura has a lot of different activities visitors can take part: paper and tatami mat coaster making, tea ceremony and blacksmithing.

日本の文化や歴史、失われつつある遺産などに興味のある人には、すばらしい場所です。房総のむらではいろいろな参加型イベントが行われていました。紙と畳を使ったコースター作り、茶の湯、鍛冶仕事などです。

Ishikawa, the bamboo fence master of Jinpuu, had studied the craft in Boso no Mura, and he shared his experiences in the bus. The village was our last attraction, but when the bus reached Chiba City, we ended our night at karaoke parlour.

(株)仁風の竹柵作り名人の石川さんは、房総のむらで工芸を学んだことがあり、その時の経験をバスで話してくれました。房総のむらがツアーの最後の目的地でしたが、私たちは千葉市に戻ってから、カラオケで夜を過ごしました。

Chiba Prefectural Administration Building during 1800-1911
Bamboo fence class
Karaoke parlour

Boso no Mura

1028 Ryukakuji, Sakae, Inba, Chiba, 270-1506, Japan

千葉県立房総のむら

〒270-1506 千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

Bus Tour 1: Sawara – バスツアー1: 佐原

Chiba, March 千葉 3月

One Sunday Jinpuu organized a bus tour for their employees. The trip started from Chiba City at dawn, and everything was pre-arranged by Kikuchi. Our first destination was Sawara, the Little Edo, which is designated as ‘Preservation District for Groups of Historic Buildings’.

ある日曜日、(株)仁風は従業員のみんなにバスツアーを企画してくれました。ツアーは千葉市内からスタートし、菊池さんが事前に全てアレンジしてくれていました。最初の目的地は佐原です。「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された江戸の面影を残す街です。

Hinamatsuri, celebrated on the third day of the third month, was long gone, but the Girls’ Day’s dolls were still out in the open. Once again we had rain, and the clouds hung low when we headed for the boat parade at Onokawa River.

3月3日のひな祭りからずいぶん経っていましたが、まだ雛人形を見ることができました。再び雨が降り始めて、小野川の水上パレードにたどり着いた時には雲が低く垂れこめていました。

Next we visited the amazing Inō Tadataka Museum; this national hero spent 17 years of his life to make an accurate map of Japan. The result of walking 35,000 kilometres is the first modern map of Japan, Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu, which was published 1821 after his death. At the museum we could compare the Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu and map made with the latest technology; they were almost exact.

次に、素晴らしい伊能忠敬記念館に行きました。伊能は国民的英雄です。17年かけて3万5000キロもの距離を歩き、徒歩で日本国中を測量し、初の近代的な日本地図「大日本沿海輿地全図」を完成させました。それは彼の死後1821年に出版されました。記念館では最新の技術で作られた地図と「大日本沿海輿地全図」を見比べることができます。伊能の地図はほぼ正確でした。

We had lunch at Auberge De Manoir KITTEI restaurant. We enjoyed a delicious meal and beverages while watching the greenery from large windows. The charming building was amid a beautiful garden, in which we took a walk afterwards.

それから私たちはオーベルジュ・ド ・マノワール 吉庭でお昼を食べました。大きな窓から緑を眺めながら、美味しい食事と飲み物を味わいました。レストランの建物の周囲には素敵な庭園があって、食後には散歩を楽しみました。

The Onogawa River
The boat parade
The restaurant and its garden
Our bus
Joyful atmosphere at the bus

Tadataka Ino Memorial Museum

I-1722-1, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

Auberge de Manoir KITTEI

I-789-2, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

伊能忠敬記念館

〒287-0003 千葉県香取市イ1722-1

オーベルジュ ド マノワール吉庭

〒287-0003 千葉県香取市イ789-2

At the Temple – お寺にて

Chiba, March千葉 3月

This charming place was my ultimate dream-come-true work site! And not only for its serene beauty but also for our tea and lunch breaks; the treats provided by the head priest and restaurant Chao were an everyday joy for us.

この素敵な場所は、私の夢が叶った最高の仕事場でした。のどかで美しいのは当然のことながら、住職さんが出してくれるお茶やおやつ、レストラン「茶緒」でのランチの時間も、毎日の楽しみでした。

The Fukujuin Temple had recently undergone massive changes: the old temple was now unoccupied and all the action was at the brand new buildings. Thus now was time to update the garden; we made several bamboo fences, planted hedgerows, and groomed the old pine trees of the yard.

福壽院は最近、大規模に改変されました。古いお寺は今は使われておらず、法事や行事は全て新築の建物で行われていました。庭園を改装するのにはちょうど良いタイミングです。私たちは竹垣を作り、生け垣を植えて、古い松の木の手入れをしました。

Every day the head priest served us tea, and Ogiu, Ishikawa and I enjoyed it on the temple’s wooden steps. The place had a magical atmosphere; the old temple with its detailed wood carvings stood on a small hill under a giant cherry tree, stone statues guarded the garden buried with soft moss. Some days we could hear the owl’s cries from the bamboo grove.

荻生さんと石川さんと私は、住職さんが毎日出してくれるお茶を、お寺の木造の階段に座って味わいました。その場所は神秘的な雰囲気を纏っていました。細かな木彫が施された古いお寺は小さな丘の上に建っていて、それを大きな桜の木が覆っていました。柔らかい苔に包まれた庭園は、石の像が守っていました。竹林からはフクロウの鳴き声が聞こえてくる日もありました。

Tea time
The old temple
The new temple
New fence and lawn
New fence and plants
The old temple’s garden
New fence and lawn
The rope details
Chao

Fukujuin Temple

694, Kawadocho, Chuo Ward, Chiba, 260-0802 Japan

Chao

2512, Oyumicho, Chuo Ward, Chiba, 260-0813, Japan

福壽院

〒260-0802 千葉県千葉市中央区川戸町694

茶緒

〒260-0813 千葉県千葉市中央区生実町2512

Kawamura Memorial DIC Museum’s Park – DIC川村記念美術館の公園

Chiba, March3月 千葉

We had to postpone hanami because of the rain and go for indoor activity instead; Mai, Yamamoto, Endo, Ishikawa and I headed to the Kawamura Memorial DIC Art Museum. For garden maniacs, this can be especially interesting because of its location. All around the building is greenery: not just forest but 10 hectare park area with its green lawns, pond and flower gardens.

雨天のために花見を見合わせて、代わりに屋内で楽しめる施設に行くことにしました。麻衣さん、山本さん、遠藤さん、石川さんと一緒にDIC川村記念美術館を目指しました。ロケーションがユニークで、庭園マニアには特に面白い場所です。建物の周りはすべて緑に覆われています。森林だけでなく、緑の芝生、池、花の庭園がある10ヘクタールもの大きな公園です。

The park’s 250 cherry trees were almost in full bloom, and when the rain eased, we could enjoy the scenery. This park – like many others in Japan – is a perfect place to visit during all seasons; there are always different flowers blossoming, and not to mention the autumn foliage.

公園の250本の桜はほぼ満開で、雨がおさまると景色を楽しむことができました。日本の各地の公園と同様に、この公園も四季を通じて楽しむことができます。秋の紅葉は言わずもがな、季節ごとに違う花が見頃を迎えます。

We ended our tour at Italian restaurant Belvedere, where Endo bought us lunch; he was joyful because of the recent bonuses from Jinpuu, and Kikuchi also paid our museum fees.

最後にイタリアンレストラン「ベルヴェデーレ」で遠藤さんにごちそうになりました。遠藤さんは(株)仁風からボーナスが支給されたばかりで嬉しそうでした。美術館の入場料は菊池さんが出してくれました。

At the Belvedere

Kawamura Memorial DIC Museum of Art

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-8505 Japan

Belvedere

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-0078

DIC川村記念美術館

〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631

ベルヴェデーレ

〒285-0078 千葉県佐倉市坂戸631 dic川村記念美術館敷地内