Back to saddle 2 – 再びサドルへ その2

Germany, Julyドイツ 7月

Eager to pedal, we started a bit too fast; after 315 kilometres in four days we really needed a day off. We stayed in Lüneburg, left our bikes at the hotel and let our bums rest. It was a good time to wash some clothes as well. The next day we hopped back to saddle, and the journey continued through forest roads.

ペダルを漕ぐのに夢中で、初速が少し速すぎたようです。4日間で315km走ったあと、丸1日休みを取らずにはいられませんでした。リューネブルグに泊まって、自転車をホテルに置いて、お尻を休ませました。洗濯するのにも良い日になりました。翌日はまた自転車に乗って、森を抜けて旅を続けました。

No sign of rain, but now the weather got hot; the temperature was over 30 degrees, and the sun shone from the clear sky the whole day. We had to carry more water with us and make more pit stops. Still, I was in big trouble, felt nauseous and weak. Luckily we arrived at Vaalermoor at my cousins’ home, where we stayed for a few days. There was a magnificent thunderstorm at night, and then the weather was cooler again.

雨の降る気配は無いものの、ずいぶん暑くなってきました。気温は30℃を超えて、快晴の空から一日中太陽が照りつけました。運ぶ水の量が増えて、自ずとトイレ休憩も増えました。困ったことに私は吐き気を感じていて、力が出ませんでした。運良くヴァーラムーアの従兄弟の家にたどり着くことができ、そこに数日間滞在しました。夜に猛烈な雷雨があり、気候はまた涼しくなりました。

We rested four days before we had to get back; we cycled to Büchen, from where we took a train to Berlin. After 3,5 hours, we arrived in the city, and our bicycle tour was over.

4日間休んで、帰路につきました。ビューヘンまで自転車を漕いで、そこから電車でベルリンに向かいました。3時間半で街に着いて、私たちのサイクルツアーは終わりました。

Our route: Berlin – Nauen – Kletzke – Lenzen – Lüchow – Deutsch Evern – Lüneburg – Rosengarten – Buxtehude – Stade – Wischhafen – Glückstadt – Vaalermoor – Norderstedt – Büchen. 

私たちのルート:ベルリン → ナウェン → クレッツケ → レンゼン → リューホフ → ダッチ イーヴァン → リューネブルグ → ローズンガーテン → ブクステフーデ → シュターデ → ヴィシュハーフェン → グリュックスタット → ヴァーラムーア → ノルダーシュテット → ビューヘン

The journey took 12 days from which we rested 4, and we cycled 597 kilometres.

12日間の旅のうち、休みは4日間で、全走行距離は597kmでした。

Lüneburg
Stade

Reindeers and snow – トナカイと雪

Salla, Februaryサッラ 2月

Eri, Itoe and I took a night train from Helsinki to Kemijärvi, where we met my uncle Erkki; he drove us to my grandmother’s house. Our plan was to stay there and try to see the northern lights. The weather wasn’t the best; the sky was cloudy, and from time to time it was snowing.

エリさんとイトエさんと私は、ヘルシンキから夜行列車でケミヤルヴィに向かい、そこで叔父のエリックに会って、祖母の家まで車で送ってもらいました。そこに滞在してオーロラを見たいと思っていました。空は雲で覆われて雪が降ったりやんだりして、天気はいまいちでした。

The house is in the middle of nowhere, as they say in Salla‘s slogan. Surrounded by deep forests, enveloped by snow, one can really experience absolute silence and darkness. The place is very nostalgic for me, because my sister and I spent a lot of Easter holidays and summers there with our grandparents, aunts, uncles and cousins. My mother has 11 siblings, so it was always a vibrant house. All my mother’s seven brothers were skilled hunters and fishers, so the meals were exotic for us kids.

まさにサッラの町のスローガンのとおり、家は、どことも知れない場所の真ん中にありました。深い森に囲まれて、雪に覆われて、真の静寂と闇を体験することができました。私にとってはとても懐かしい場所です。私と姉は、祖父母、叔母、叔父と従兄弟たちと一緒に、イースター休暇や夏休みを、よくここで過ごしていたのです。私の母には兄弟姉妹が11人いるので、家はいつも活気に満ちていました。母の兄弟7人はみんな熟練した猟師や漁師で、子供の私たちとって、食事は異国情緒あふれるものでした。

The three of us spent four days there, but no luck with the aurora borealis. Erkki came daily to check that everything was fine; he Itoe’s birthday he took us to see reindeers and gave us a ride with a snowmobile through a snowy landscape.

私たち3人はそこに4日間滞在しましたが、オーロラを見ることはできませんでした。エリックは毎日様子を見に来てくれました。イトエさんの誕生日にはトナカイを見に連れて行ってくれて、雪景色の中、スノーモービルに乗せてくれました。

We took a bus to Rovaniemi and stayed there for a few days; visited Santa Claus Village and made our final effort to see the northern lights. Unfortunately, the weather wasn’t on our side, but either way, we enjoyed our stay until the night train took us back to Helsinki.

そのあとバスでロヴァニエミに向かい、そこに数日滞在しました。最後にオーロラを見たいと思い、サンタクロース村に行きましたが、残念ながら天気は私たちに味方してくれませんでした。いずれにしても、夜行列車でヘルシンキに戻るまで、私たちは旅を楽しみました。

Sauna and toilet
Santa Claus Village
The famous man himself
A lot of letters
My grandfather, father, sister and me in the 80s
Uncle Erkki

Santa Claus Village

Pajakylä, 96930 Rovaniemi, Finland

Medieval Week on Gotland – ゴットランド島の中世週間

Visby, Augustヴィスビー 8月

Chihiro and I met in Stockholm, Sweden and hopped on a ferry to Gotland; when we arrived at the island, old-fashioned clothes, knights and monks on the streets surprised us. We had booked the trip without knowledge of its ongoing Medieval Week. The reason we traveled to Visby was, of course, Studio Ghibli’s Kiki’s Delivery Service.

私は千尋とスウェーデンのストックホルムで待ち合わせ、フェリーでゴットランド島に向かいました。島に着くと、そこには古風な衣装の騎士や修道士たちがいて、びっくり。旅行を予約した時は、この時期に「中世週間」が開催されることを知りませんでした。私たちがヴィスビーを選んだのは、もちろん、スタジオジブリの「魔女の宅急便」のモデルになった街だからです。

Visby as a city is beyond attractive: it’s small, full of flowers, cobblestone streets, ancient ruins, all surrounded by the sea and an impressive stonewall which is the best preserved historical city wall in Scandinavia. Visby’s picturesque old town is a UNESCO World Heritage Site.

ヴィスビーはとっても魅力的な都市でした。こじんまりとして、花がいっぱいで、石畳の道と古代遺跡があり、周囲は海と、スカンジナビアでも最も保存状態の良い石垣に囲まれています。絵画のようなヴィスビーの旧市街はユネスコの世界遺産に登録されています。

Because of the Medieval Week, the town was full of unusual activity; knights fighting in tournaments, an outdoor market place with troubadours, blacksmiths, pottery makers, yarn spinners, and all properly dressed for the occasion. We find out that the market was a perfect place to find interesting items made from sheep’s wool, wood, iron, linen and leather.

「中世週間」だけに、街ではたくさんのイベントが行われていました。騎士たちのトーナメント戦、トルバドゥール(中世の吟遊詩人)のいる野外マーケット、鍛冶屋、陶芸職人、糸を紡ぐ人。みんな中世の衣装を身にまとっていました。羊毛、木材、鉄、麻、革で作られた興味を起こさせるような商品を見つけるには最高の場所です。

The ferry
Rustic old town
St.Karin Catherdal ruins
At the tournament
Almedalsparken
The outer city wall
Chihiro

Almedalsparken

Donnersgatan 1, 621 56 Visby, Sweden