Kawamura Memorial DIC Museum’s Park – DIC川村記念美術館の公園

Chiba, March3月 千葉

We had to postpone hanami because of the rain and go for indoor activity instead; Mai, Yamamoto, Endo, Ishikawa and I headed to the Kawamura Memorial DIC Art Museum. For garden maniacs, this can be especially interesting because of its location. All around the building is greenery: not just forest but 10 hectare park area with its green lawns, pond and flower gardens.

雨天のために花見を見合わせて、代わりに屋内で楽しめる施設に行くことにしました。麻衣さん、山本さん、遠藤さん、石川さんと一緒にDIC川村記念美術館を目指しました。ロケーションがユニークで、庭園マニアには特に面白い場所です。建物の周りはすべて緑に覆われています。森林だけでなく、緑の芝生、池、花の庭園がある10ヘクタールもの大きな公園です。

The park’s 250 cherry trees were almost in full bloom, and when the rain eased, we could enjoy the scenery. This park – like many others in Japan – is a perfect place to visit during all seasons; there are always different flowers blossoming, and not to mention the autumn foliage.

公園の250本の桜はほぼ満開で、雨がおさまると景色を楽しむことができました。日本の各地の公園と同様に、この公園も四季を通じて楽しむことができます。秋の紅葉は言わずもがな、季節ごとに違う花が見頃を迎えます。

We ended our tour at Italian restaurant Belvedere, where Endo bought us lunch; he was joyful because of the recent bonuses from Jinpuu, and Kikuchi also paid our museum fees.

最後にイタリアンレストラン「ベルヴェデーレ」で遠藤さんにごちそうになりました。遠藤さんは(株)仁風からボーナスが支給されたばかりで嬉しそうでした。美術館の入場料は菊池さんが出してくれました。

At the Belvedere

Kawamura Memorial DIC Museum of Art

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-8505 Japan

Belvedere

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-0078

DIC川村記念美術館

〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631

ベルヴェデーレ

〒285-0078 千葉県佐倉市坂戸631 dic川村記念美術館敷地内

The Cherry Blossoms – 桜

Osaka, April大阪, 4月

One’s feelings are not easily put into words when after a long, cold Finnish winter you suddenly arrive to this; a warm breeze on your jet lagged face, pale skin exposed from beneath the winter clothes – Oh, hello, sun!

長くて寒いフィンランドの冬から突然あたたかなそよ風が時差ぼけの顔と冬服の下の青白い肌を撫でている。なんともいえない感覚だ。ああ、こんにちは、太陽さん!

This was my first Sakura no-toorinuke. It differs from hanami mostly because of the rules: no eating, smoking or touching the flowers. The Tanaka sisters and I followed the mass of people while chatting and taking pictures.

これが私にとって初めての「桜の通り抜け」だった。それは飲食や喫煙、桜に触れることが禁止されており、「花見」とはほとんど異なるものだった。田中姉妹と私はおしゃべりしたり、写真を撮ったりしながら人混みの後に続いた。

This was the last day of the Japan Mint Bureau’s cherry blossom viewing. They open their gates to the public for a week every April at the sakura’s prime time. The garden has approximately 350 trees, and they also have rare varieties you cannot find anywhere else. The 560-meter long alley was established in 1883, and it’s certainly worth a visit.

この日は今年の桜の通り抜けの最終日だった。日本造幣局は毎年4月、桜の満開の時期に1週間のあいだ一般人へ門を開放する。その庭にはおよそ350本もの桜の木があり、滅多にお目にかかれない品種もある。1883年につくられた560mの小道はたしかに一見の価値ありだ。

Not just the pink beauty, there is something for the food lovers too. During the event, the street near Okawa River has all kinds of festival food to offer: okonomiyaki, taiaki, takoyaki, and choco bananas. Dishes one can only dream in Finland. And they are practically free, so you better go with an empty stomach!

造幣局とその隣を流れる大川の花見スポットの魅力はピンク色の美しさだけではない。くいしんぼうにもうれしい。 イベント期間中、フードフェスティバルのようになっており、お好み焼き、たい焼き、たこ焼き、チョコバナナ、フィンランドでは夢のような食べ物が並ぶ。しかもタダ同然だから腹ペコで行くべきなのだ!

Japan Mint Head Office

1-79, Temma 1-chome, Kita-ku, Osaka 530-0043, Japan

独立行政法人 日本造幣局

〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1丁目1-79