Shōdoshima, Day Two – 小豆島 2日目

Kagawa, May香川 5月

Our accommodation was comfortable; the cabin had a kitchen/living room, two bedrooms, a bathroom and a balcony with a great view to the sea. Near was a hot spring, which we visited before going to sleep, so we could wake up refreshed to the new day.

私たちの泊まったコテージは快適でした。キッチン、リビングルーム、ベッドルームが2つ、バスルーム、そして海の眺めの素晴らしいバルコニーがありました。近くには温泉もあって、寝る前に入りに行きました。それで翌日はすっきり目覚めることができました。

After breakfast we said goodbye to our lovely cabin and drove off to see the day’s first sight: senmaida, ‘one thousand rice fields’ arranged like tiny shelves on top of each other on the hillside. Probably because I come from a very flat country, everything related to mountains are enchanting for me, but these fields! How is it possible to cultivate them?

朝食の後、可愛らしいコテージに別れを告げて、その日の最初の目的地に車を走らせました。向かったのは、丘の中腹に小さな棚を積み重ねたように整えられた「千枚田」です。かなり平坦な国から来たせいか、私は山に関わるどんなことにも魅了されますが、それにしても、この田んぼ!どうすればこんな風に耕すことができるのでしょう?

Next we visited the Shōdoshima Olive Park, which was like a small piece of Greek with its beautiful flower and herb beds, olive groves and shiny-white buildings. They also have Studio Ghibli’s Kiki’s Delivery Service herb shop Corico that was a must-see for Chihiro and me.

次に、小豆島オリーブ公園を訪れました。美しい花とハーブの花だん、オリーブの木立、輝くような白い建物があって、そこはまるでギリシャの一角のようでした。スタジオジブリ「魔女の宅急便」の映画のロケセットがあるハーブショップ コリコは、千尋と私には必見の場所でした。

Sunrise from our cabin
Senmaida fields
At the Olive Park
Kiki’s Delivery Service herb shop Corico

Shōdoshima Olive Park

1941-1, Kagawa, Shozu-gun, Shōdoshima, Nishimura, 761-4434 Japan

道の駅 小豆島オリーブ公園

〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

Shōdoshima, Day One – 小豆島 1日目

Kagawa, May香川 五月

Early in the morning we drove to Kobe harbour, and to ferry; our destination was three hours away, the gem of the Seto Inland Sea. Shōdoshima is one of the Inland Sea’s 3000 islands, and famous for its olives and soy sauce.

朝早く、車で神戸港に向かいました。私たちの目的地はフェリーで3時間の瀬戸内海の宝石です。小豆島は瀬戸内海にある約3000の島々のうちの一つで、オリーブと醤油が有名な島です。

The ferry ride was pleasant, we had breakfast and played cards on the floor among other passengers. When we arrived in Shōdoshima, our first attraction was Nijushi no Hitomi Movie Village. It’s the actual shooting place of the Twenty-four eyes (Nijū-shi no Hitomi), filmed in 1954. After soomen lunch we fed the big carps on the canal and played on the beach. The weather was perfect for outdoor activities, sunny and bright.

フェリーは快適でした。朝食をとって、他の乗客の間で床でトランプをしました。小豆島に着いて最初に向かったのは、二十四の瞳映画村です。そこは1954年に公開された映画「二十四の瞳」が実際に撮影された場所です。お昼にそうめんを食べてから、水路の大きな鯉に餌をやって、ビーチで遊びました。晴れて明るくて、屋外で過ごすには最高の天気でした。

We also visited a soy sauce factory and last, the Angel Road. It’s a narrow pathway which connects the mainland and few other small islands; it appears twice a day during low tide. Angel Road is a magical place; the sea and its waves had sculptured the rocks and softened the sand, and emerald green seaweed covered the rocks on the shore.

あとは醤油工場を見て、最後にエンジェルロードに行きました。1日に2度の引き潮の時だけ本島と他の小さな島々を結ぶ細い道が現れます。エンジェルロードは魔法の場所です。海と波が、岩を彫刻し砂を柔らかくして、エメラルドグリーンの海藻が海岸の岩を覆っていました。

The Port of Kobe
The ferry is leaving
Arriving to the ‘Olive Island
Nijushi no Hitomi Movie Village
The Twenty-four Eyes movie’s teacher and pupils
Soomen lunch
Soy sauce factory
At the Angel Road
The sea water was chrystal clear
Chihiro
Mikiko and Otoosan
Our cabin
Sunset

Twenty-four Eyes Movie Village

甲931 Tanoura, Shōdoshima, Shozu, Kagawa 761-4424, Japan

二十四の瞳映画村

〒761-4424 香川県小豆郡小豆島町田浦甲931

Back to Osaka – 大阪に帰る

Osaka, May大阪 5月

After saying goodbye to the Kikuchi Family and the Jinpuu staff, I headed for Tokyo Station, and took a Shinkansen to Osaka. Golden Week was about to start, and because of that, the Tanaka Family and I would travel to Shōdoshima Island.

菊池ファミリーと(株)仁風の仲間に別れを告げた後、私は東京駅に向かい、大阪行きの新幹線に乗りました。もうすぐゴールデンウィークが始まるので、田中家のみんなと小豆島に旅行することになっていました。

Golden Week has a great impact on already crowded stations; everybody wants to travel at the same day, and queues are tremendous. Thank God, Kumi had helped me to send my luggage to the Tanakas, so I didn’t have to carry it!

すでに混雑した駅にゴールデンウィークの影響が見て取れました。みんな同じ日に移動しようとして、すごい行列になっていました。ああ、助かった!久美さんに手伝ってもらって、事前に田中家にスーツケースを送っていたから、混雑の中を引いて歩かなくて済みました。

When the Shinkansen arrived in Osaka, my sadness had almost disappeared, and I was ready to face some new adventures; we began our holiday at a sushi carousel with Mikiko, Otoosan and Ojiisan. It’s been a year since the last time we met. In the evening, we had dinner with the whole gang; I was happy to be with my Japanese family again!

新幹線が大阪駅に着いた時には、悲しい気持はもうほとんど無くなっていて、新しい冒険への準備は万全でした。私たちの休日は、1年ぶりに再会したみきこさんとお父さんとおじいさんとの回転寿司からスタートしました。夜は家族のメンバー全員集まって食事をしました。私の日本の家族と、また一緒にすごすことができて嬉しいです!

Otoosan and Ojiisan
Koinobori
Back at the house
Chirashi-zushi
Cold soba noodles
Sashimi

Sakuya Konohana Kan Botanical Garden – 咲くやこの花館 植物園

Osaka, April大阪、4月

For a gardening maniac and house plant lover this botanical garden is a must-see. The conservatory is one of Japan’s largest; they have 15.000 plants to explore, and the flowers are blooming all around the year.

ガーデニングマニアや観葉植物好きにとってここは必見だ。その日本最大級の温室では約15.000株もの植物を見て回れて、花々が一年中咲いている。

The two-storey metal framed glass building was built in 1990, and it’s divided for sections, where you can wander through different climates and their plantation. One of their main attractions is the water lily pool with its astonishing color variety and leaves of the giant water lilies.

そのガラス張りの建物は鉄骨造の2階建てで、1989年に完成した。施設内は複数のセクションに分かれており、異なる気候と植林地の中を歩いて回ることができる。主な見どころのひとつはびっくりするほど色彩豊かで巨大なスイレンの花とその葉っぱの浮かぶプールだ。

For a gardening student like me, this was a perfect attraction. Otoosan, Eri and I circled around the massive building dazed by the strong scent of the tropical flowers. Outside temperature was high enough, but inside the rainforest, where the merciless sun shone through the glass ceiling, was hot and humid like a sauna. We wandered through Cactus hall and Alpine house, which had a more pleasant climate; it’s always under 20 degrees.

私のような造園について学ぶ者にとって、ここは究極のアトラクションだった。お父さんとエリと私は熱帯の花々の強烈な香りにぼうっとしながらその巨大な建物中をぐるぐる回った。屋外の気温は十分高かったが、屋内の熱帯雨林は容赦ない太陽光がガラスの天井を通じて降り注ぎ、高温多湿なサウナのようだった。私たちはいつも20℃以下でずっと快適な気温のサボテンエリアやアルプスエリアを散策した。

The outside garden was in full bloom, the water fountain’s droplets shone like small pieces of glass in the sunshine. There I could spot some familiar species like lavender and violet, but also new acquaintances. The garden was a joy for one’s senses; the sight and its colours, the scent of flowers lingering in the warm breeze.

屋外の庭園は花々が満開で、噴水の滴は太陽光の中で小さなガラス片のように輝いていた。そこにはラベンダーやスミレといった馴染みのあるものや新しく知った品種もあった。庭園はカラフルな景色や暖かなそよ風の中に残る花の香り、五感を通じた喜びに満ちていた。

Otoosan and me

Sakuya Konohana Kan

2-163 Ryokuchikoen, Tsurumi-ku, Osaka

咲くやこの花館 植物園

〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2丁目163番

The Golden Pavilion – 金閣寺

Kyoto, April京都、4月

We made a day trip to Kyoto with Otoosan and Chihiro. The drive took about an hour from Osaka, but it’s very easy to travel by train as well. The temple’s official name is Rokuon-ji, Deer Garden Temple, but a more popular name for it is Kinkaku-ji, The Golden Pavilion. Rokuon-ji and its magnificent strolling garden are one of Kyoto’s most admired spots, but luckily there were not too many people present.

私たちはお父さんとチヒロと一緒に京都へ日帰り旅行に行った。ドライブは大阪からおよそ1時間かかったが、電車でもとてもかんたんに行くことができる。そのお寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)だが、金閣寺(きんかくじ)という名前で広く知られている。鹿苑寺とその壮麗な回遊式庭園は京都における歴史の長い名所のひとつだが、ラッキーなことにあまり多くの人はいなかった。

The original temple built in 1397 has been destroyed by fire started by one of the temple’s acolytes. Japanese author Yukio Mishima’s novel The temple of the Golden Pavilion (1959) loosely follows the actual events. Kinkaku-ji was restored in 1955.

原型となったお寺は1397年に建てられたが、修行僧のひとりによって起こされた直近の放火が原因で焼失した。日本の作家、三島由紀夫の小説『金閣寺(1959年)』はその実際の出来事が題材になっている。金閣寺は1955年に再建された。

Our next attraction was Ryōan-ji, maybe the most famous rock garden of Japan. Kare-sansui, a dry garden, made from carefully combed gravel and stones, it’s more a view than an actual garden. Commonly the sand is a symbol for the water and the rocks its islands, although it’s not clear what this particular arrangement represents. It might be tigers crossing a stream or the abstract concept of infinity. Either way, kare-sansui can help to clear one’s head while practising meditation. This plain sight left us with a relaxed feeling.

私たちの次なるお目当ては龍安寺だった。そこは日本で最も有名な石庭だろう。枯山水とは砂利と石材に注意深く砂紋を引くことで作られるドライガーデンで、実際に歩いて回る庭園というよりも眺める景色である。この特定の配置が何を表すのか定かではないが、一般的に砂は水を、岩石は島々を象徴する。虎たちが川を渡る姿か永遠という抽象的な概念を表現しているのかもしれない。いずれにせよ枯山水の眺めは瞑想の練習中の頭を空っぽにする助けになり、私たちの心を穏やかにしてくれた。

Sosei Kiosk above the mirror pond
Gardeners at their work
Chihiro and Otoosan
Ryōan-ji

Kinkaku-ji

1 Kinkakuji-cho Kita-ku, Kyoto, Japan

Ryoan-ji

13, Ryoanji Goryonoshitacho, Ukyo-ku, Kyoto, 616-8001 Japan

金閣寺

〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1

龍安寺

〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13

The Tanaka Family – 田中家の人々

Ojiisan, Eri, Mikiko and Chihiro

Osaka, April大阪、4月

When we first met, Chihiro was a university student in Gothenburg, Sweden. Christmas holidays were approaching, which can be pretty depressing when you are alone in a foreign country, so I invited her to Finland. From that started our friendship; she has visited us several times, basically every time she comes to Europa and vice versa.

私たちが初めて会ったときチヒロはスウェーデンのヨーテボリの大学生だった。クリスマス休暇が近づいていた当時、異国の地でひとりで過ごすのはなかなか気が滅入るだろうと彼女をフィンランドに招待したのだ。そこから私たちの友情が始まり、彼女はヨーロッパを訪れるたびに我が家に来てくれて、私たちも日本を訪れるたびにチヒロに会いに行くようになった。

This was my first time to visit their home, which had a massive renovation during the last year. It was a stylish two-storey house in a quiet neighbourhood with a small garden and a field. The head of the family was 86-year-old Ojiisan, who cultivated the field and enjoyed his retirement days.

昨年、大改造を経た田中家のおうちを訪問するのは今回が初めてだ。閑静なエリアのおしゃれな二階建てで、小さな庭と田畑も付いている。一家の主は畑仕事と定年後の生活を楽しむ86歳のおじいさんだ。

His son, Otoosan and his wife Mikiko worked full days, Mikiko as an entrepreneur and Otoosan at the city office. Chihiro worked at her mother’s company, and her siblings Eri and Sho were university students. Also, Eri and Sho has visited us in Finland. Despite the busy schedule of the family, they always find time to cook and enjoy food together.

彼の息子にあたるお父さんは市役所の職員、その妻ミキコは起業家として、ともに終日働いている。娘のチヒロは母の会社で働き、彼女の妹エリと弟のショウは大学生で、ふたりともフィンランドのおうちを訪ねてきてくれたことがある。田中家の人たちはいつも忙しい合間を縫って一緒にご飯を作って楽しむ時間を過ごしてくれた。

Tanuki
At the garden
The nearby canal
Takoyaki
Sashimi

The Cherry Blossoms – 桜

Osaka, April大阪, 4月

One’s feelings are not easily put into words when after a long, cold Finnish winter you suddenly arrive to this; a warm breeze on your jet lagged face, pale skin exposed from beneath the winter clothes – Oh, hello, sun!

長くて寒いフィンランドの冬から突然あたたかなそよ風が時差ぼけの顔と冬服の下の青白い肌を撫でている。なんともいえない感覚だ。ああ、こんにちは、太陽さん!

This was my first Sakura no-toorinuke. It differs from hanami mostly because of the rules: no eating, smoking or touching the flowers. The Tanaka sisters and I followed the mass of people while chatting and taking pictures.

これが私にとって初めての「桜の通り抜け」だった。それは飲食や喫煙、桜に触れることが禁止されており、「花見」とはほとんど異なるものだった。田中姉妹と私はおしゃべりしたり、写真を撮ったりしながら人混みの後に続いた。

This was the last day of the Japan Mint Bureau’s cherry blossom viewing. They open their gates to the public for a week every April at the sakura’s prime time. The garden has approximately 350 trees, and they also have rare varieties you cannot find anywhere else. The 560-meter long alley was established in 1883, and it’s certainly worth a visit.

この日は今年の桜の通り抜けの最終日だった。日本造幣局は毎年4月、桜の満開の時期に1週間のあいだ一般人へ門を開放する。その庭にはおよそ350本もの桜の木があり、滅多にお目にかかれない品種もある。1883年につくられた560mの小道はたしかに一見の価値ありだ。

Not just the pink beauty, there is something for the food lovers too. During the event, the street near Okawa River has all kinds of festival food to offer: okonomiyaki, taiaki, takoyaki, and choco bananas. Dishes one can only dream in Finland. And they are practically free, so you better go with an empty stomach!

造幣局とその隣を流れる大川の花見スポットの魅力はピンク色の美しさだけではない。くいしんぼうにもうれしい。 イベント期間中、フードフェスティバルのようになっており、お好み焼き、たい焼き、たこ焼き、チョコバナナ、フィンランドでは夢のような食べ物が並ぶ。しかもタダ同然だから腹ペコで行くべきなのだ!

Japan Mint Head Office

1-79, Temma 1-chome, Kita-ku, Osaka 530-0043, Japan

独立行政法人 日本造幣局

〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1丁目1-79