The Kikuchi Family – 菊池ファミリー

Chiba, March千葉 3月

Jinpuu‘s heart and soul were the Kikuchi couple; warm-hearted Kumi and always active Hiroto. Jinpuu was his father’s company, and Hiroto took the lead when he retired, and also Kumi worked at the office. Hiroto was a leader who didn’t mind getting his hands dirty; he shoveled soil, climbed high on the trees and sweated with us at the Tokyo site.

菊池夫妻は(株)仁風の心であり魂です。心温かい久美さんと、いつも活発な寛人さん。(株)仁風は元は寛人さんのお父さんの会社で、引退後に寛人さんが引き継ぎました。久美さんは事務を担当しています。寛人さんは手を汚すことを厭わないリーダーです。東京の現場では、寛人さんもショベルで土をかき、木に登り、私たちと一緒に汗をかきました。

Hiroto was a hardworking, funny and generous man. Every morning he took his moped, drove to a convenient store to fetch us coffees; he treated me uncountably number of lunches, dinners, snacks and beverages. Kumi helped me so many ways during my apprenticeship at Jinpuu: she took me to a hairdresser, sent several boxes full of my stuff to Finland and introduced me to WonderREX second hand shop. (Come to think of it, WonderREX may be the reason I had to send some of those boxes!)

寛人さんは勤勉で、面白くて思いやりのある男性です。毎朝モペッドでコンビニまで走って、私たちにコーヒーを買ってきてくれました。そして数えきれないほどの昼食、夕食、おやつ、飲み物をごちそうしてくれました。久美さんは、私の(株)仁風での見習い期間中、たくさん助けてくれました。美容院に連れて行ってくれたり、私の物がいっぱい詰まった荷物をいくつもフィンランドに送ったり、リサイクルショップ「ワンダーレックス」に連れて行ってくれたりしました。(思えば、ワンダーレックスに行ったからフィンランドに送る荷物が増えたのです!)

Hiroto loved his family; he always had time for his two boys. We had a lot of farewell parties and company events, and the kids always joined the crew. Jinpuu was a tight community, and they all made sure that I fit in. 

寛人さんは家族を愛していて、常に2人の息子と過ごす時間を大切にしていました。送別会や会社のイベントがたくさんありましたが、子どもたちはいつも参加していました。(株)仁風は結びつきの強い集団で、いつでも私が馴染んでいるかを確かめてくれました。

A huge WonderREX!

WonderREX

30-1 Koshiate, Mobara, Chiba 297-0007, Japan

総合リサイクルショップ WonderREX 茂原店

〒 297 – 0007 千葉県茂原市腰当 30 – 1

Niemonjima – 仁右衛門島

Chiba, April 千葉 4月

Our boss’s wife Kumi took me, Kochan and Kanchan, AKA The Noisy Boys, to a road trip, and we dashed through beautiful mountainous landscapes. Our first stop was at the Marine Restaurant Seagull, which was a mixture of Italian food and Japanese atmosphere; we had lunch inside a tatami matted private room. 

上司の奥様の久美さんが、私と、コウちゃんとカンちゃん(通称 ”Noisy Boys”)をドライブに連れて行ってくれました。車は美しい山の景色を走り抜けました。はじめに、和風の空間でイタリア料理を提供しているマリンレストラン・シーガルを訪れました。私たちは屋内の畳の敷かれた個室で昼食を食べました。

Kumi kept driving until we arrived at the seashore where we parked the car and continued by foot. On the dock was a small rowing boat and two old men, who took us to our destination: Niemonjima. The island was breathtaking, full of bird singing and exotic flowers but none visitors; we were the only ones.

久美さんは海岸まで運転してくれて、車を停めてそこから歩きました。船着場には手漕ぎのボートと2人の年配の男性がいて、私たちを仁右衛門島まで連れて行ってくれました。島は、鳥のさえずりと外来の花がいっぱいで、目を見張るようでした。私たち以外に来ている人はいませんでした。

We criss-crossed the landscape, walked on the rocky shore and dived inside lush jungle-like vegetation. Here and there were small eye-catchers: a big rock with carved poem on it, a stone statue or weathered shrine. On the island was also a gift shop where we could buy some souvenirs, like postcards and a fishing net.

岩の多い海岸を歩いたり、ジャングルのような豊かな植生の中に身を委ねたり、島を縦横に移動しました。あちこちにちょっと気になるものがありました。詩が彫られた大きな岩、石像、風化した神社などです。島にはみやげ物屋もあって、ポストカードや漁網などが買えました。

Niemonjima Island; view to the main land

Marine Restaurant Seagull

598−1 Isumi, Otaki, Chiba, 298-0212 Japan

Niemonjima Island

445 Taikaihama, Kamokawa, Chiba, 299-2863 Japan

仁右衛門島

〒299-2863 千葉県鴨川市太海浜445

マリンレストラン、シーガル

〒298-0212 千葉県夷隅郡大多喜町 猿稲598−1