Senshu Park – 千秋公園

Akita, May秋田 5月

The last day of my Rail Pass I traveled to Akita City, the hometown of Endo. The journey from Tokyo took almost four hours even with the Shinkansen. Cherry blossoms had already fallen, but now it was azalea blooming time, and everywhere was bright pink, aniline red and purple bushes.

レール・パスの最終日は遠藤さんの故郷、秋田市に行きました。新幹線でも東京から4時間費やしました。桜はもう散っていましたが、ちょうどツツジの開花時期で、あちらこちらに明るいピンク色、赤紫色、紫色の茂みがありました。

Senshu Park is in the heart of the city; a luscious green oasis full of things to see throughout the seasons. It’s built to the ruins of Kubota Castle, and there still are some of those ancient buildings like omonogashira gobansho, the guard house. One of the Kubota Castle’s turret towers is restored, and open to the public.

千秋公園は町の中心にあります。四季を通して見どころいっぱいの快適な緑のオアシスです。公園は久保田城の城跡に造られ、城の警備をしていた物頭の詰所である御物頭御番所などの古い建物が残っています。久保田城の櫓の一つは復元されて、一般に公開されています。

The park is one of Japan’s top 100 historical parks as well as one of the top 100 cherry blossom viewing spots. They also have a beautiful Kogetsu pond, a few museums and shrines in the area.

公園は日本の歴史公園100選、またさくら名所100選に選ばれています。他に公園内には美しい胡月池や史料館、いくつかの神社があります。

The outer moat
Kogetsu Pond
Tower of Kubota Castle
View from the tower

Senshu Park

1-6 Senshukoen, Akita, 010-0876, Japan

Kubota Castle Ruins

1-39 Senshukoen, Akita, 010-0876, Japan

千秋公園

〒010-0876 秋田県秋田市千秋公園1

久保田城跡

〒010-0876 秋田県秋田市1 秋田市千秋公園1番4

Mitsuishiyama Kannon Temple – 三石山 観音寺

Chiba, April千葉 4月

Our next destination was Mitsuishiyama Kannon-ji, which was one hour drive away from Kasamori Kannon. When we arrived at the temple, it started to rain again, so Ishikawa held the umbrella like a true gentleman, and I took pictures from underneath it.

次に、笠森観音から車で約1時間の三石山 観音寺を目指しました。お寺に着いた時、また雨が降り始めました。石川さんが傘を持つと本物の紳士の様な出で立ちで、私は下方から写真を撮りました。

This temple is a famous power spot to pray for marriage, and it got its name from the three stones on the back of the building. The place was astonishing; the small temple looked like it was about to crush under the huge stones. The location is quite high, and in clear weather it’s possible to see Mt. Fuji.

このお寺は縁結びにご利益があるパワースポットとして有名で、名前は寺院の裏にある3つの石から付けられました。ここは驚くべき場所でした。小さな神殿は巨大な岩に押しつぶされそうな様子でした。かなり高い所にあるので、天気のいい日は富士山を見ることもできるそうです。

Stone steps took us to the narrow pathway between the rocks, and to the highest peak, where is Okuno-in, the place people pray. It is customary to tie your handkerchief to the fence.

石の階段を登り、狭い岩間の道を通って、山頂の祈りの場、奥の院に行きました。そこではハンカチをフェンスに結ぶ習慣がありました。

The temple and its rocks
Climb the stairs…
… go through a narrow path between rocks…
… and you will reach the highest point!
Okuno-in and the handkerchief fence

Mitsuishiyama Kannon-ji

1407 Kusagawara, Kimitsu, Chiba, 292-0525 Japan

三石山 観音寺

〒292-0525 千葉県君津市草川原1407

Kasamori Kannon Temple – 笠森観音笠森寺

Chiba, April千葉、4月

Ishikawa, another Jinpuu-colleague, took me for a hike one rainy Sunday; our first attraction was Kasamori Kannon. Surrounded by mountainous forests, this unique temple is a perfect place to visit for a nature lover like me.

ある雨の日曜日、仁風のもうひとりの同僚である石川さんがハイキングに連れて行ってくれた。私たちの最初の目的地は笠森観音だった。鬱蒼とした森に囲まれたこのユニークなお寺は私のような自然愛好家が訪れるには最高の場所である。

Maybe because of the weather, there were only a few other visitors when we climbed the steep wooden staircase to Kannon-do. The hall is 16 metres from the ground, and on top of it opens a panoramic view to the forests above.

きっと雨のせいだろう、私たちが観音堂へと続く木造の階段を上ったとき観光客はほんの数名しかいなかった。お堂は地上から16mの高台にあり、眼下の森を一望できる。

Near the temple gate is the sacred Kosazukenokusu; a crooked tree, which has a small hole in its trunk. It’s believed that when children go through the hole, they receive fortune, but if a woman crawls through it, she will get pregnant.The famous Japanese ukiyo-e artist Utagawa Hiroshige has captured this majestic temple to one of his prints.

お寺の門の近くには子授け楠(こさずけのくす)という霊木が佇む。その曲がった樹木の幹には小さな穴があり、子どもがそこを通り抜けるとご利益が、女性がくぐると子宝に恵まれるとされている。有名な日本の浮世絵師の歌川広重はこの荘厳な寺院を作品のひとつとして残している。

The Kannon-do
The observation deck
The gate
The details of the gate
The sacred Kosazukenokusu

Kasamori Kannon


302 Kasamori, Chonan-machi, Chosei-gun, Chiba, 297-0125 Japan

笠森観音

〒297-0125 千葉県長生郡長南町笠森302

Bus Tour 1: Sawara – バスツアー1: 佐原

Chiba, March 千葉 3月

One Sunday Jinpuu organized a bus tour for their employees. The trip started from Chiba City at dawn, and everything was pre-arranged by Kikuchi. Our first destination was Sawara, the Little Edo, which is designated as ‘Preservation District for Groups of Historic Buildings’.

ある日曜日、(株)仁風は従業員のみんなにバスツアーを企画してくれました。ツアーは千葉市内からスタートし、菊池さんが事前に全てアレンジしてくれていました。最初の目的地は佐原です。「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された江戸の面影を残す街です。

Hinamatsuri, celebrated on the third day of the third month, was long gone, but the Girls’ Day’s dolls were still out in the open. Once again we had rain, and the clouds hung low when we headed for the boat parade at Onokawa River.

3月3日のひな祭りからずいぶん経っていましたが、まだ雛人形を見ることができました。再び雨が降り始めて、小野川の水上パレードにたどり着いた時には雲が低く垂れこめていました。

Next we visited the amazing Inō Tadataka Museum; this national hero spent 17 years of his life to make an accurate map of Japan. The result of walking 35,000 kilometres is the first modern map of Japan, Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu, which was published 1821 after his death. At the museum we could compare the Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu and map made with the latest technology; they were almost exact.

次に、素晴らしい伊能忠敬記念館に行きました。伊能は国民的英雄です。17年かけて3万5000キロもの距離を歩き、徒歩で日本国中を測量し、初の近代的な日本地図「大日本沿海輿地全図」を完成させました。それは彼の死後1821年に出版されました。記念館では最新の技術で作られた地図と「大日本沿海輿地全図」を見比べることができます。伊能の地図はほぼ正確でした。

We had lunch at Auberge De Manoir KITTEI restaurant. We enjoyed a delicious meal and beverages while watching the greenery from large windows. The charming building was amid a beautiful garden, in which we took a walk afterwards.

それから私たちはオーベルジュ・ド ・マノワール 吉庭でお昼を食べました。大きな窓から緑を眺めながら、美味しい食事と飲み物を味わいました。レストランの建物の周囲には素敵な庭園があって、食後には散歩を楽しみました。

The Onogawa River
The boat parade
The restaurant and its garden
Our bus
Joyful atmosphere at the bus

Tadataka Ino Memorial Museum

I-1722-1, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

Auberge de Manoir KITTEI

I-789-2, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

伊能忠敬記念館

〒287-0003 千葉県香取市イ1722-1

オーベルジュ ド マノワール吉庭

〒287-0003 千葉県香取市イ789-2

The Golden Pavilion – 金閣寺

Kyoto, April京都、4月

We made a day trip to Kyoto with Otoosan and Chihiro. The drive took about an hour from Osaka, but it’s very easy to travel by train as well. The temple’s official name is Rokuon-ji, Deer Garden Temple, but a more popular name for it is Kinkaku-ji, The Golden Pavilion. Rokuon-ji and its magnificent strolling garden are one of Kyoto’s most admired spots, but luckily there were not too many people present.

私たちはお父さんとチヒロと一緒に京都へ日帰り旅行に行った。ドライブは大阪からおよそ1時間かかったが、電車でもとてもかんたんに行くことができる。そのお寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)だが、金閣寺(きんかくじ)という名前で広く知られている。鹿苑寺とその壮麗な回遊式庭園は京都における歴史の長い名所のひとつだが、ラッキーなことにあまり多くの人はいなかった。

The original temple built in 1397 has been destroyed by fire started by one of the temple’s acolytes. Japanese author Yukio Mishima’s novel The temple of the Golden Pavilion (1959) loosely follows the actual events. Kinkaku-ji was restored in 1955.

原型となったお寺は1397年に建てられたが、修行僧のひとりによって起こされた直近の放火が原因で焼失した。日本の作家、三島由紀夫の小説『金閣寺(1959年)』はその実際の出来事が題材になっている。金閣寺は1955年に再建された。

Our next attraction was Ryōan-ji, maybe the most famous rock garden of Japan. Kare-sansui, a dry garden, made from carefully combed gravel and stones, it’s more a view than an actual garden. Commonly the sand is a symbol for the water and the rocks its islands, although it’s not clear what this particular arrangement represents. It might be tigers crossing a stream or the abstract concept of infinity. Either way, kare-sansui can help to clear one’s head while practising meditation. This plain sight left us with a relaxed feeling.

私たちの次なるお目当ては龍安寺だった。そこは日本で最も有名な石庭だろう。枯山水とは砂利と石材に注意深く砂紋を引くことで作られるドライガーデンで、実際に歩いて回る庭園というよりも眺める景色である。この特定の配置が何を表すのか定かではないが、一般的に砂は水を、岩石は島々を象徴する。虎たちが川を渡る姿か永遠という抽象的な概念を表現しているのかもしれない。いずれにせよ枯山水の眺めは瞑想の練習中の頭を空っぽにする助けになり、私たちの心を穏やかにしてくれた。

Sosei Kiosk above the mirror pond
Gardeners at their work
Chihiro and Otoosan
Ryōan-ji

Kinkaku-ji

1 Kinkakuji-cho Kita-ku, Kyoto, Japan

Ryoan-ji

13, Ryoanji Goryonoshitacho, Ukyo-ku, Kyoto, 616-8001 Japan

金閣寺

〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1

龍安寺

〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13