Exhibition in Okayama City – 岡山市での展示会

December, Okayama – 岡山、12月

Before Christmas, Toyomi and Yasunori held an exhibition in AEON Mall. One morning we packed all the furniture, wooden items, Yoshie’s jam jars and Toyomi’s beautiful clothes into two cars and drove 1,5 hours to the place. The huge mall was like a small town compared to a peaceful Naka village; during the first month I had met only 15 people or less, so it was a bit of a shock.

クリスマス前に、豊美さんと泰典さんはイオンモールで展示会を開きました。搬入の日の朝、家具と木の品物、ヨシエさんのジャム、豊美さんの美しい布を2台の車に全て積み込みました。そして1時間半かけて会場に向かいました。巨大なモールは、静かな中村に比べるとまるで小さな町のようでした。中村で最初のひと月の間、私が会ったのはたった15人かそれ以下だったので、ちょっとショックでした。

The first day we unpack everything and set up the space; there was a lot of hanging to do, like Christmas wreaths and himmelis. Toyomi had her spinning wheel with her, so she could spin yarn there. When everything was at their places, I headed for the mall’s Muji and Tokyu Hands, which are my favourite shops. Before the drive back to Naka we ate delicious dinner at the mall’s restaurant floor.

1日目は、荷物を全て開梱して会場に設置しました。クリスマスリースやヒンメリのような、吊り下げる物がたくさんありました。豊美さんは会場で糸紡ぎをするための糸車を持って来ていました。設置を終えてから、私はモールの中にある無印良品と東急ハンズに向かいました。気に入っているお店です。中村に戻る前に、モールのレストランフロアでみんなで美味しい夕食をとりました。

The exhibition lasted four days and I had a lot of free time, so it was a great opportunity to explore Okayama City, which I hadn’t visited before. From there is also easy access to the nearby town of Kurashiki, so I just had to go there once again.

展示会は4日間続きました。その間、私には自由時間がたっぷりあったので、まだ訪れたことのなかった岡山市を探索しました。そこからは倉敷も近く、また足を伸ばさずにはいられませんでした。

On the way we saw some magnificent views
The exhibition
Yoshie and Toyomi

AEON Mall

1 Chome-2-1 Shimoishii, Kita Ward, Okayama, 700-0907, Japan

イオンモール岡山

〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井1丁目2−1

Indigo Dyeing – 藍染め

Okayama, November – 岡山、11月

Arts and Crafts Village had Airbnb guests; Donna and Brent from America. Toyomi held an indigo dyeing workshop for Donna and me. First we selected the items we wanted to dye, and then we dyed them in Toyomi’s premade indigo liquid. It was very interesting business, like some kind of magic! 

アーツ&クラフツビレッジに、アメリカからAirbnb(エアビーアンドビー)のゲスト、ドンナとブレントがやって来て、1泊していきました。豊美さんは、ドンナと私のために藍染めのワークショップを開いてくれました。はじめに染めたい物を選んでから、豊美さんが用意していた藍液で染めました。何かの魔法のような、とても面白い作業でした!

I started with a folded handkerchief where we attached the wooden boards on both sides of the cloth; these boards make the pattern. Then we soaked it to a bowl filled with water and liquid soap. When it was all wet, we removed the extra water from it, and submerged the package into an indigo bucket. Kept it there for 3 minutes and then took it out – indigo needs oxygen to work – and then dipped it back into indigo again. First the cloth was green, then it turned to blue. 

まず、折りたたんだハンカチを両側から木の板で挟みました。この板が模様を作ります。それを、ボウルいっぱいの水と液体せっけんの混合液に浸します。十分に染み込んだら取り出して水分を絞り、藍液のバケツに沈めます。3分浸した後、いったん取り出して空気に晒し、また藍液に浸しました。藍には酸素の力が必要です。はじめは緑色だった布が、しだいに藍色に変わりました。

It was exciting to open the package and remove the moulds. Indigo still needed air, and we hung the handkerchief to a clothesline for a while, and still the color deepened. After that, we rinsed the cloth and squeezed it dry, and put it in vinegar water for 5 minutes. Then it was ready!

型を外して広げる時はワクワクしました。藍はまだ空気に触れさせる必要があって、ハンカチをしばらく物干し綱に吊るしておくと、ますます藍色が濃くなりました。それから布を濯いで固く絞り、お酢の液に5分浸しました。これで、完成です!

The wooden boards
The cloth is between wooden boards

First, the cloth is in soap water, then in indigo

Donna dipped it few times, and removed the wooden boards

Donna and her handkerchief

Walking around Naka – 中を歩く

Okayama, November – 岡山、 11月

I found endless joy from Naka Village’s winding roads, mountain paths and quiet forests. Anywhere I went, there were narrow, clear watered streams following the road. The nature at Naka differed completely from Finnish; it was more exciting!

津村市・中村の曲がりくねった道、山道、そして静かな森を見つけた時は、これ以上ない喜びを感じました。 どこに行っても、道に沿って細くて透き通った小川がありました。 中村の自然はフィンランドでみる自然とまったく異なるものでした。もっとわくわくするものだったのです。

The roads were deserted, and instead of cars or people I saw kingfishers glistening in the sun, small fishes in the stream, and even escaping baby wild boar. In the forest my path passed the villager’s shiitake mushroom logs, bamboo groves and small waterfalls. The air felt damp and everywhere was bottle green moss and fallen leaves.

道には誰もおらず、車や人の代わりにカワセミが太陽に輝き、小魚が小川を泳ぎ、野生の子どものイノシシが逃げるのを見ました。 森の中では、シイタケの丸太、竹林、小さな滝を通り過ぎました。 空気の中に湿気を感じ、いたるところに緑の苔や落ち葉が広がっていました。

The mountainous roads were quite exhausting to walk; no matter which way I walked there were hills, and slippery moss-covered asphalt. Sometimes a sudden shower from the sunny sky surprised me: it’s called kitsune no yomeiri, the fox’s wedding.

どの道を歩いても丘があり、苔で覆われた滑りやすいアスファルトだったので、山岳道路は歩くとかなり疲れました。時々降る、晴れた空からの突然のにわか雨が私を驚かせました。それはキツネの結婚式、キツネのヨメイリと呼ばれています。

Arts And Crafts Village

3090 Misaki-cho, Kume-gun, Okayama, 709-3407 Japan

アーツ&クラフツビレッジ

〒709-3407 岡山県久米郡美咲町中3090

Arts and Crafts Village – アーツ&クラフツビレッジ

Okayama, November – 岡山、11月

I found Arts and Crafts Village from the Workaway Japan site. I traveled from Osaka to Mimasaka Oiwake Station, where I met my host Toyomi Harada. Amid mountainous forests was tiny and isolated Naka village. As soon as I settled in the Workaway House we had a yoga class.

Workaway Japanというサイト(Workaway:1日4時間、週5日ボランティアとしてお手伝いする代わりに住む場所と3食を提供してもらえるサイト)から、私はアーツ&クラフツビレッジを見つけました. 私は大阪から美作追分駅へ向かい、そこでホストの原田豊美さんに出会いました。山岳地帯の森の中には、小さくて佇む中村(中村:村の名前)がありました。ワークアウェイハウスに落ち着くとすぐにヨガのクラスがありました。

Toyomi and her carpenter husband Yasunori had lived there 25 years; they had a small cafe, wood workshop, weaving and indigo dyeing classes. The building was an old school, and there was a lot of space for those activities. Toyomi was an energetic 60-year-old, and she took care of everything; running the cafe, Airbnb guests, Workawayers, stray cats and vegetable fields.

豊美さんと夫・大工の泰典さんは中村に25年住んでいました。小さなカフェ、木、織り、藍染めのワークショップのクラスを持っていました。建物は古い学校で、活動のためのスペースがたくさんありました。豊美さんは元気な60歳で、彼女はカフェの運営、Airbnbのゲスト、Workawayers、野良猫、野菜畑の世話など、すべてを自分でこなしていました。

My daily tasks were cleaning the yard, washing dishes and making fire to the cafe’s two fireplaces. This was the place where we usually spend time; we cooked, entertained guests and Toyomi even spun yarn in this former chemistry classroom. The old building was very cold during winter, and we had to burn wood from morning till late night.

私の日常の仕事は、庭掃除、皿洗い、カフェの2つの暖炉に火を灯しておくことでした。カフェは私たちがほとんどの時間を過ごす場所でした。昔は化学の教室で、私たちはそこでゲストの方を楽しませ、豊美さんは糸を紡いでいました。この古い建物は冬の間とても寒かったので、朝から深夜まで暖炉で木材を燃やさなければなりませんでした。

The cafe
Arts and Crafts Village school building on the right
The cafe from outside
Toyomi spinning yarn at the exhibition in Okayama City
Yasu’s beautiful furniture

Arts and Crafts Village

3090 Naka, Misaki, Kume District, Okayama 709-3407, Japan

アーツ&クラフツビレッジ

〒709-3407 岡山県久米郡美咲町中3090