Senshu Park – 千秋公園

Akita, May秋田 5月

The last day of my Rail Pass I traveled to Akita City, the hometown of Endo. The journey from Tokyo took almost four hours even with the Shinkansen. Cherry blossoms had already fallen, but now it was azalea blooming time, and everywhere was bright pink, aniline red and purple bushes.

レール・パスの最終日は遠藤さんの故郷、秋田市に行きました。新幹線でも東京から4時間費やしました。桜はもう散っていましたが、ちょうどツツジの開花時期で、あちらこちらに明るいピンク色、赤紫色、紫色の茂みがありました。

Senshu Park is in the heart of the city; a luscious green oasis full of things to see throughout the seasons. It’s built to the ruins of Kubota Castle, and there still are some of those ancient buildings like omonogashira gobansho, the guard house. One of the Kubota Castle’s turret towers is restored, and open to the public.

千秋公園は町の中心にあります。四季を通して見どころいっぱいの快適な緑のオアシスです。公園は久保田城の城跡に造られ、城の警備をしていた物頭の詰所である御物頭御番所などの古い建物が残っています。久保田城の櫓の一つは復元されて、一般に公開されています。

The park is one of Japan’s top 100 historical parks as well as one of the top 100 cherry blossom viewing spots. They also have a beautiful Kogetsu pond, a few museums and shrines in the area.

公園は日本の歴史公園100選、またさくら名所100選に選ばれています。他に公園内には美しい胡月池や史料館、いくつかの神社があります。

The outer moat
Kogetsu Pond
Tower of Kubota Castle
View from the tower

Senshu Park

1-6 Senshukoen, Akita, 010-0876, Japan

Kubota Castle Ruins

1-39 Senshukoen, Akita, 010-0876, Japan

千秋公園

〒010-0876 秋田県秋田市千秋公園1

久保田城跡

〒010-0876 秋田県秋田市1 秋田市千秋公園1番4

Mobara Peony Garden – 茂原牡丹園

Chiba, April千葉 4月

61-year-old Jinpuu senior Endo and I spent a delightful day amid huge flowers at their fullest bloom. After an unfortunate flat tire we arrived at the magnificent peony garden, and for once the weather was perfect. For me this was truly a rare experience; this garden is something you cannot see in everyday life, at least if you live in Finland.

(株)仁風の先輩で61才の遠藤さんと私は、満開を迎えた花々に囲まれて楽しい一日を過ごしました。タイヤパンクの不運の後、私たちは素晴らしい牡丹園に到着しました。その日の天気は最高でした。私にとって、本当に珍しい体験になりました。少なくともフィンランドに住んでいれば、日常生活では目にすることのない庭園です。

I love old buildings, so that was another reason why I enjoyed this garden so much; their super-charming thatched-roofed farmhouses from the Edo era! It makes all the difference, the balance of the garden and its untouched harmony. The gorgeous peony flowers were under waxed paper parasols because of the strong sunshine, and that made the garden look even more beautiful.

私は古い建築物が大好きなので、この庭園をずいぶん楽しめたもう一つの理由は、そこに江戸時代に建てられたとても魅力的な茅葺屋根の農家があったことです!建物が古いか新しいかでは大きく違い、古い建物は庭園のバランスと手付かずの調和を生み出します。日差しが強いので、牡丹にはワックスが塗られた和傘が差してありました。それで庭がいっそう美しく見えました。

The garden is open only a short period between the end of April and the beginning of May when the Peony’s are blooming. They also have a lot of other interesting plants, trees and flowers, for example Davidia involucrata, Dove tree (or Handkerchief tree).

庭園は、牡丹の咲く4月中旬から5月上旬の短い期間だけ公開されています。庭には他にも興味深い植物や木や花がありました。例えばダヴィディア。日本ではハンカチの木、幽霊の木(英語では他に鳩の木など)と呼ばれている木です。

After the serene garden visit we had lunch; Endo took me to eat unagi, eel, which we both love.

のどかな庭園を訪問した後は、遠藤さんの案内で、二人とも好きなうなぎを食べにランチに行きました。

At the entrance
Endo
The garden’s restaurant
Unagi

Mobara Peony Garden

210 Yamasaki, Mobara, Chiba, 297-0061, Japan

茂原牡丹園

〒297-0061 千葉県茂原市山崎210

Niemonjima – 仁右衛門島

Chiba, April 千葉 4月

Our boss’s wife Kumi took me, Kochan and Kanchan, AKA The Noisy Boys, to a road trip, and we dashed through beautiful mountainous landscapes. Our first stop was at the Marine Restaurant Seagull, which was a mixture of Italian food and Japanese atmosphere; we had lunch inside a tatami matted private room. 

上司の奥様の久美さんが、私と、コウちゃんとカンちゃん(通称 ”Noisy Boys”)をドライブに連れて行ってくれました。車は美しい山の景色を走り抜けました。はじめに、和風の空間でイタリア料理を提供しているマリンレストラン・シーガルを訪れました。私たちは屋内の畳の敷かれた個室で昼食を食べました。

Kumi kept driving until we arrived at the seashore where we parked the car and continued by foot. On the dock was a small rowing boat and two old men, who took us to our destination: Niemonjima. The island was breathtaking, full of bird singing and exotic flowers but none visitors; we were the only ones.

久美さんは海岸まで運転してくれて、車を停めてそこから歩きました。船着場には手漕ぎのボートと2人の年配の男性がいて、私たちを仁右衛門島まで連れて行ってくれました。島は、鳥のさえずりと外来の花がいっぱいで、目を見張るようでした。私たち以外に来ている人はいませんでした。

We criss-crossed the landscape, walked on the rocky shore and dived inside lush jungle-like vegetation. Here and there were small eye-catchers: a big rock with carved poem on it, a stone statue or weathered shrine. On the island was also a gift shop where we could buy some souvenirs, like postcards and a fishing net.

岩の多い海岸を歩いたり、ジャングルのような豊かな植生の中に身を委ねたり、島を縦横に移動しました。あちこちにちょっと気になるものがありました。詩が彫られた大きな岩、石像、風化した神社などです。島にはみやげ物屋もあって、ポストカードや漁網などが買えました。

Niemonjima Island; view to the main land

Marine Restaurant Seagull

598−1 Isumi, Otaki, Chiba, 298-0212 Japan

Niemonjima Island

445 Taikaihama, Kamokawa, Chiba, 299-2863 Japan

仁右衛門島

〒299-2863 千葉県鴨川市太海浜445

マリンレストラン、シーガル

〒298-0212 千葉県夷隅郡大多喜町 猿稲598−1

Ikebana – 生け花

Chiba, March3月 千葉

My Jinpuu-colleague Yamamoto had studied ikebana for a few years and asked me to join the class. The classes were held at sensei’s home in Honda and there were three regular students besides Yamamoto: Hazumi, Sakuma and experienced Gondaira, who had practised Ikebana for 42 years. 

(株)仁風の同僚の山本さんに誘われて生け花教室に行きました。レッスンは先生の誉田のご自宅で行われ、数年間習っている山本さん以外に、3人の生徒がいました。羽純さん、佐久間さん、そして42年もの経験を持つ権平さんです。

Takahashi-sensei had taught ikebana for over 45 years and had a very warm and soothing presence. The lesson began as the sensei gave us the flowers and presented the arrangements she wanted us to practise. Each pupil’s setting varied; Gondaira made difficult and skill-demanding arrangements, and I struggled with the beginner-level ones.

45年以上生け花を教えている高橋先生は、とても優しく落ちついた存在感がありました。レッスンでは、先生が選んだ花を先生の指示に従って生けました。生徒それぞれ与えられた課題が異なり、例えば権平さんは難しく高度な技術を必要とするアレンジで、私は初心者向けのアレンジでした。

When our piece was ready, Takahashi-sensei examined it and explained the details once again; then we practised some more. After the class we set the table at the adjacent tatami room and dined together. It also had tokonoma, where we could take pictures of our achievements.

作品ができ上がると、高橋先生が確認して詳細をもう一度説明し、私たちはもう少し練習を重ねました。レッスンの後は、隣の畳の部屋に机を置いてみんなで食事をしました。その部屋には床の間もあって、レッスンで生けた作品を置いて写真を撮ることができました。

The class in action
My first arrangement
Takahashi-sensei teaching Yamamoto
Yamamoto
Dinner time

Sanyo Media Flower Museum – 三陽メディアフラワーミュージアム

Chiba, March3月 千葉

The Sanyo Media Flower Museum’s indoor Atrium Garden has seasonal themes in its flowerbeds, so when I visited the place at Easter, there were a lot of tulips, cute rabbits and Easter eggs. Also, the exhibition areas followed the same theme. Surrounded by variegated and lush beds of flowers, the gazebo looked breathtakingly beautiful.

三陽メディアフラワーミュージアムでは、季節ごとにテーマに沿った花壇が作られています。私が訪れたイースターの時期は、 アトリウムと展示棟にたくさんのチューリップ、そしてかわいいウサギとイースターエッグが展示されていました。変化に富んだ花々に囲まれたガゼボ(西洋風あずまや)は、息をのむほど美しいものでした。

Their luscious greenhouse is a round shaped, 23 metres tall building full of tropical and subtropical plants, and it even has an artificial waterfall. The museum has a restaurant and gift shop with a lovely selection of garden-inspired items.

熱帯植物と亜熱帯植物が生い茂る豊かな温室は、高さ23メートルの円柱形の建物です。人工の滝も流れています。施設内には他にレストランとギフトショップもあり、庭園をモチーフにした素敵なアイテムが揃っています。

Outdoor gardens enveloped the impressive museum building: at the front is a wide garden of seasonal flowers, in one side courtyard and the rose garden at the back of the building. Designed by the best combination of blooming time and harmony of the beds, the gardens are magnificent.

館外は素晴らしい庭園に囲まれています。季節の花々が咲き誇る前庭、中庭、そしてバラのある後庭です。花の開花時期に合わせてデザインされた花壇が奏でるハーモニーは、それはもう見事です。

Sanyo Media Flower Museum is part of the Inage Seaside Park, which has a lot of activities. I walked along with dog-walkers and cosplayers through Japanese style garden to the artificial seashore.

三陽メディアフラワーミュージアムを含む稲毛海浜公園には、他にもたくさんの施設があり、楽しみ方は様々です。私は犬の散歩をしている人やコスプレイヤーと一緒に日本庭園を抜けていなげの浜(人工海浜)まで歩きました。

Atrium flower garden at Easter
Miniature garden
The gazebo
Flower arrangements
The greenhouse
The waterfall
Outside gardens
Japanese style garden at Inage Sea Park area
Flower Museum at April: the poppy field
Outside the greenhouse was Hawaiian live music

Sanyo Media Flower Museum

7-2-4, Takahama, Mihama-ku, Chiba 261-0003 Japan

三陽メディアフラワーミュージアム

〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2−4

Shunkaen Bonsai Museum – 春花園 BONSAI 美術館

Tokyo, March東京 3月

One afternoon Oosaki and I went to Shunkaen Bonsai Museum. The museum is a masterpiece made by the master himself: Kunio Kobayashi, who has lectured in several countries, received many awards and still one can find the humble man in his nursery teaching his apprentices. The museum building is ‘Sukiya-zukuri‘, a traditional Japanese style wooden house with tatami mats and shoji screens. The large windows open to the spectacular yard full of items visitors can admire: the carp pond, full blooming cherry tree, and of course the magnificent bonsai pots. The museum presents over 1000 bonsai trees on its premises.

ある日の午後、大崎さんと一緒に「春花園BONSAI美術館」に行きました。美術館はオーナーの小林國雄自身によって作られた傑作です。小林先生は多くの海外講演を行い、数々の賞を受賞している一方、弟子の育成に尽力するという控えめな一面も持っています。美術館の建物は、畳や障子のある日本の伝統的な数寄屋造りの木造家屋です。大きな窓からは、見る者の目を奪う広大な庭を鑑賞することができます。鯉の池、満開の桜、そしてもちろん見事な盆栽の鉢。美術館には1000点以上の盆栽が所狭しと並んでいます。

The art of bonsai is fascinating: creating a microcosm which so perfectly imitates the nature. It’s miraculous how this tiny tree can resemble an actual full-grown, ancient tree trunk standing on the green hilltop. It takes years of practise to master this extraordinary art form, Kobayashi-sensei has spent over forty years among the trees. The word bonsai literally means the tree planted in a shallow container. It’s something much more than just small-scale gardening; it’s a captivating mixture of horticulture, craftsmanship, design and discipline with a spiritual twist.

自然を完全に写しとったような小宇宙を創造する盆栽芸術は魅力的です。小さな木が、まるで実際に緑の丘にそびえる、樹齢を重ねた太古の木の幹のようであり、それはもう奇跡です。この並外れた芸術形態を習得するには、長年の鍛錬が欠かせません。小林先生は40年以上も木に囲まれて過ごしてきました。盆栽という言葉は、文字通り浅い鉢に植えられた木を意味しますが、それは小規模なガーデニングとは一線を画すものです。園芸術、職人技、デザイン、崇高な曲げを造り出す規律、それらが魅惑的に織り混ざっているのです。

We had a sufficient guide who walked us through the large building while introducing the individual pieces. After the tour we drank tea with the friendly master and purchased books which Kobayashi-sensei signed for us. He showed pictures from his lecture tour in Sweden and gave me a gift: bonsai magazines and a ticket to the museum. The nursery was an excellent place to visit, and we had the whole garden to ourselves.

ツアーガイドが個々の作品を紹介しながら広い建物を案内してくれました。ツアーの後はフレンドリーな小林先生とお茶を飲んで、買った本にサインをしてもらいました。先生はスウェーデンで行われた講演の写真を見せてくれて、盆栽雑誌と美術館の入場券をプレゼントしてくれました。この庭園は訪れるべき場所です。他に来場客がなかったので、私たちは庭園全てを独占してしまいまいた。

The entrance
The nursery
The master Kunio Kobayashi signed my book

Shunkaen Bonsai Museum

 1-29-16, Niihori, Edogawa-ku, Tokyo, 132-0001, Japan

春花園 BONSAI 美術館

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1丁目29−16

Escaping winter to Gran Canaria 2 – グラン・カナリア島へ逃避する冬 2

Spain, Januaryスペイン 1月

We took a water taxi from Arguineguín to Puerto del Mogan; once again we were lucky, and the boat was completely empty. The ride took a little over an hour, and we could admire the rocky island from the sea. When we arrived at the town, we wandered through its narrow alleys until it was time to eat lunch. From Puerto del Mogan to Playa del Cura we traveled by bus. It was a wild experience; the driver sped full speed on the narrow serpentine road which squirmed at the hillside.

アルグイネグインから水上タクシーでプエルト・デル・モガンに向かいました。再び運良くボートは貸し切りでした。船旅は1時間強で、岩の多い島を海から眺めることができました。着いた街では、昼食まで狭い路地を探検しました。プエルト・デル・モガンからプラヤ・デル・クーラまではバスを使いましたが、うねうねと丘の中腹を登る曲がりくねった狭い道を、運転手が全速で走らせるので、それはもうワイルドな体験でした。

Keen to explore the island’s unfamiliar flora and fauna, we headed for the Botanical Garden of Maspalomas. The garden was free, and we had a nice picnic there amid colourful butterflies, flowers, cactuses and birds. Short distance from there was Maspalomas beach and the sand dunes, so we visited them as well. The dunes are protected Nature Reserve Space.

島特有の馴染みのない動植物を探索したくて、マスパロマス植物園に向かいました。入場料は無料で、私たちは色とりどりの蝶、花、サボテンや鳥に囲まれてピクニックを楽しみました。近くのマスパロマス・ビーチと砂丘も訪れました。この砂丘は自然保護区に設定されています。

The boat trip to Puerto del Mogan
Parque Botánico De Maspalomas
Playa de Maspalomas beach

Parque Botánico De Maspalomas

Av. Touroperador Neckermann, 2, 35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Playa de Maspalomas Sand Dunes

35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Tokyo – 東京

Tokyo, July東京, 7月

From Aomori I headed to Tokyo; I wanted to spend some time with my friends Yoko and Takayuki Yamasaki before returning to Finland. This time finding the hotel on my own was impossible. After a desperate search on foot I was about to give up and take a taxi when my savior appeared; a barefooted man with a helmet on his head, pushing a shopping cart already full with stuff. He loaded my belongings to his chart and escorted me via Koban Box to my hotel. After exchanging our addresses, he asked me to marry him, gave me his umbrella and disappeared to the city.

青森から東京へと、私は向かうことにしました。というのも、フィンランドに帰国する前に友人のヨウコさんとタカユキさんに合いたいと思ったからです。今回、何の助けもなしに自分の力だけでホテルを見つけるのは、不可能に近いくらい難しかったです。歩き回り必死にさがしても見つからず、あきらめてタクシーに乗ろうとしたそんな時、私の前に救世主が現われました。その人は、素足で手にヘルメットをもった男性で、手には物でいっぱいのショッピングカートを押していました。彼は私の荷物をカートに載せ、交番・そしてホテルまでエスコートしてくれました。お互いに住所を交換すると、彼は私に結婚してほしいと言いそれから傘を渡して、街へと消えていきました。

At the first evening the Yamasaki couple took me to dinner at Italian restaurant, and the next morning Takayuki and I went to Shimokitazawa. Shimokita is a bohemian area, which is well-known for its vintage boutiques and second-hand shops. It’s the perfect place to wander around and enjoy some coffee of lunch. We ate at Magic Spice, which specializes in curry soups famous in Hokkaido. The restaurant was bright red, decorated heavily and had its own exotic vibe. Their Hindushock gift shop is full of colourful clothes, chandeliers, spices and incenses.

東京で最初の夜は、山崎さんとイタリアンレストランに行き、翌朝にはタカユキさんと私は下北沢へ向かいました。下北沢は型にはまらない雰囲気の街で、ビンテージや小さな専門店、古着屋などで知られているエリアです。コーヒーやランチを楽しみながら探索するのにはぴったりな待ちです。私たちはMagic Spiceという、北海道名物のスープカレーにこだわったお店でランチをしました。レストランは明るい赤で塗られていて、店内は異国情緒溢れる雰囲気がただよっていました。ここに翻訳を入れる。

The next morning I started from Yoyogi Park, which is one of my favourite parks in the city. Over the years I had created a routine to take a picture of a specific place in the park every time when I’m in Tokyo. When that was done, I walked to Harajuku to check their second-hand shops before meeting Takayuki. He had planned another interesting day for me; first we visited a Christian Yogen Cafe and then his friend, a clairvoyant. This was my first time to meet a fortune teller, because they are not so common in Finland. Before we left the place, she gave me a home assignment; I should write about Japan, from my heart.

翌朝は、私のお気に入りの街中の公園代々木公園から度をはじめました。ここ何年か、東京の公園のいたるところで写真を撮ることが習慣になりました。それが終わると、タカユキに会う前に古着屋でも見ようと原宿へ向かいました。彼は私のために面白いプランを組んでくれていました。私たちはまずChristian Yogen Cafeに行き、その後彼は、透視者だという友人に会わせてくれました。フィンランドで占い師の存在は珍しいので、私はこのとき、生まれて初めて占い師に会いました。その日の終わり、彼女は私に、私の実体験に基づいたことで日本に関して何か書くべきだと、告げました。

My personal guide
Tuna avocado salad
That guy seems remotely familiar…
Takayuki at the Magic Spice
Yoyogi Park
Ueno Park

Magic Spice

1 Chome-40-15 Kitazawa, Setagaya City, Tokyo, 155-0031, Japan

Yogen Café

6 Chome 6−4, Akasaka, Tokyo, Minato City, 107-0052 Japan

珈琲専門店 預言 CAFE 赤坂

〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目6−4 赤坂栄ビル

マジックスパイス下北沢店

〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目40−15

Hyōgo Park of the Oriental White Stork – 兵庫県立コウノトリの郷公園

Toyooka, April豊岡市にて、4月

On my day off I headed to see some huge birds; the Oriental white stork is also the prefectural bird of the Hyōgo Prefecture. The city of Toyooka is 70 kilometres from Ichijima, which takes less than two hours by train. The weather was magnificent, so instead of taking a bus from the station, I decided to go on foot. The 5 kilometre walk took almost an hour, and because of the stork signs, it was impossible to go wrong.

休みの日に、兵庫県の県鳥であるコウノトリを見に私は豊岡市へ向かいました。豊岡市は一島から70kmほどで、電車では2時間もかからない距離です。天気はこれ以上ないほど良好だったので、駅からバスには乗らず、歩くことを決めました。5kmの散歩はおおよそ1時間でしたが、道端にあるコウノトリの標識のおかげで、迷わずに行きつくことができました。

The Hyōgo Park of the Oriental White Stork’s main purpose is to restore the oriental white stork to back to its original habitation. They try to do this by organic farming; traditional farming methods bring the biota like frogs, snakes and crayfish back to the fields for storks to eat. Also, when cultivating rice fields the traditional way, the land is underwater longer, and this is crucial for the ecosystem. In Japan, the last wild population of kounotori was extinct in 1971. The park’s hard work was rewarded in 2007; after 43 years, the chicks fledged successfully in the wild.

公園の主な目的は、コウノトリを公園から自然の素の生息地にかえすことです。その方法として、有機農法や、コウノトリが餌とするカエル・ヘビ・ザリガニを自然に戻す伝統的な農法が取られています。伝統的な農法で水田を耕作する場合には、地面が水に浸かる時間が長くなり、このことは生態系のことを考えるととても重要なことです。日本では、1971年に最後の野生のコウノトリが絶滅しましたが、人々の努力がその後の2007年に報われました。絶滅から43年後にして、コウノトリのヒナが自然へと無事に放たれました。

As I arrived at the park, the big birds were sleeping under the trees behind a low fence. At the feeding time, more of these mighty birds came and circled above our heads; their prehistorical shrieks echoed from the mountains. Oriental white stork’s wingspan is over two meters, so they were a majestic sight. Kounotori is characterised as a national treasure of Japan.

公園につくと、大きな鳥たちは低いフェンスの後ろ側でねむっていました。餌の時間になると、どこからか多くの鳥たちが私たちの頭の上を旋回し、先史時代から存在している彼らの鳴き声が山にこだましていました。コウノトリの翼は、広げると2メートルを超え、その景色は雄大でした。そんなコウノトリは、日本の国宝とされています。

There was also a hiking route which squirmed at the nearby hill, an exhibition center about the birds, and a shop full of stork items and groceries. I hiked the deserted path and its dry and rocky trail, lizards sleeping on the warm stones, until I stepped under the deep-green foliage of the forest.

また、近くの丘にはハイキングルートがあり、鳥に関する展示センターやコウノトリのグッツや日用品がならんだお店がありました。森の深い緑の葉の下に足を踏み入れるまで、私は人気のない道や、トカゲが岩の上で眠っていた乾いた岩の多い道を歩きました。

Before dusk I arrived at Kinosaki, the famous hot spring town. The place was full of overwhelming small-town charm on a pastel-coloured background: people in their patterned yukatas, the weeping willows leaning over the canal, picturesque bridges and artisan shops.

夕暮れ前には、温泉街として有名な城崎に到着しました。この街は、小さな街がもつ魅力であふれていました。淡い色の夕焼けを背景に行きかう浴衣の柄や水路の向こうで揺れいるしだれ柳、まるで絵のように美しい橋や店先にならぶ職人たちの店に、私は圧倒されました。

The Kamatani River
Kounotori statue
Oriental White Stork
Kounotori water
At the hiking path
Kinosaki

Hyōgo Park Of The Oriental White Stork

128, Nigatani, Shounji, Toyooka, Hyōgo Prefecture, 668-0814, Japan

兵庫県立コウノトリの郷公園 

〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ケ谷128

Sakuya Konohana Kan Botanical Garden – 咲くやこの花館 植物園

Osaka, April大阪、4月

For a gardening maniac and house plant lover this botanical garden is a must-see. The conservatory is one of Japan’s largest; they have 15.000 plants to explore, and the flowers are blooming all around the year.

ガーデニングマニアや観葉植物好きにとってここは必見だ。その日本最大級の温室では約15.000株もの植物を見て回れて、花々が一年中咲いている。

The two-storey metal framed glass building was built in 1990, and it’s divided for sections, where you can wander through different climates and their plantation. One of their main attractions is the water lily pool with its astonishing color variety and leaves of the giant water lilies.

そのガラス張りの建物は鉄骨造の2階建てで、1989年に完成した。施設内は複数のセクションに分かれており、異なる気候と植林地の中を歩いて回ることができる。主な見どころのひとつはびっくりするほど色彩豊かで巨大なスイレンの花とその葉っぱの浮かぶプールだ。

For a gardening student like me, this was a perfect attraction. Otoosan, Eri and I circled around the massive building dazed by the strong scent of the tropical flowers. Outside temperature was high enough, but inside the rainforest, where the merciless sun shone through the glass ceiling, was hot and humid like a sauna. We wandered through Cactus hall and Alpine house, which had a more pleasant climate; it’s always under 20 degrees.

私のような造園について学ぶ者にとって、ここは究極のアトラクションだった。お父さんとエリと私は熱帯の花々の強烈な香りにぼうっとしながらその巨大な建物中をぐるぐる回った。屋外の気温は十分高かったが、屋内の熱帯雨林は容赦ない太陽光がガラスの天井を通じて降り注ぎ、高温多湿なサウナのようだった。私たちはいつも20℃以下でずっと快適な気温のサボテンエリアやアルプスエリアを散策した。

The outside garden was in full bloom, the water fountain’s droplets shone like small pieces of glass in the sunshine. There I could spot some familiar species like lavender and violet, but also new acquaintances. The garden was a joy for one’s senses; the sight and its colours, the scent of flowers lingering in the warm breeze.

屋外の庭園は花々が満開で、噴水の滴は太陽光の中で小さなガラス片のように輝いていた。そこにはラベンダーやスミレといった馴染みのあるものや新しく知った品種もあった。庭園はカラフルな景色や暖かなそよ風の中に残る花の香り、五感を通じた喜びに満ちていた。

Otoosan and me

Sakuya Konohana Kan

2-163 Ryokuchikoen, Tsurumi-ku, Osaka

咲くやこの花館 植物園

〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2丁目163番