Back to Osaka – 大阪に帰る

Osaka, May大阪 5月

After saying goodbye to the Kikuchi Family and the Jinpuu staff, I headed for Tokyo Station, and took a Shinkansen to Osaka. Golden Week was about to start, and because of that, the Tanaka Family and I would travel to Shōdoshima Island.

菊池ファミリーと(株)仁風の仲間に別れを告げた後、私は東京駅に向かい、大阪行きの新幹線に乗りました。もうすぐゴールデンウィークが始まるので、田中家のみんなと小豆島に旅行することになっていました。

Golden Week has a great impact on already crowded stations; everybody wants to travel at the same day, and queues are tremendous. Thank God, Kumi had helped me to send my luggage to the Tanakas, so I didn’t have to carry it!

すでに混雑した駅にゴールデンウィークの影響が見て取れました。みんな同じ日に移動しようとして、すごい行列になっていました。ああ、助かった!久美さんに手伝ってもらって、事前に田中家にスーツケースを送っていたから、混雑の中を引いて歩かなくて済みました。

When the Shinkansen arrived in Osaka, my sadness had almost disappeared, and I was ready to face some new adventures; we began our holiday at a sushi carousel with Mikiko, Otoosan and Ojiisan. It’s been a year since the last time we met. In the evening, we had dinner with the whole gang; I was happy to be with my Japanese family again!

新幹線が大阪駅に着いた時には、悲しい気持はもうほとんど無くなっていて、新しい冒険への準備は万全でした。私たちの休日は、1年ぶりに再会したみきこさんとお父さんとおじいさんとの回転寿司からスタートしました。夜は家族のメンバー全員集まって食事をしました。私の日本の家族と、また一緒にすごすことができて嬉しいです!

Otoosan and Ojiisan
Koinobori
Back at the house
Chirashi-zushi
Cold soba noodles
Sashimi

Mobara Peony Garden – 茂原牡丹園

Chiba, April千葉 4月

61-year-old Jinpuu senior Endo and I spent a delightful day amid huge flowers at their fullest bloom. After an unfortunate flat tire we arrived at the magnificent peony garden, and for once the weather was perfect. For me this was truly a rare experience; this garden is something you cannot see in everyday life, at least if you live in Finland.

(株)仁風の先輩で61才の遠藤さんと私は、満開を迎えた花々に囲まれて楽しい一日を過ごしました。タイヤパンクの不運の後、私たちは素晴らしい牡丹園に到着しました。その日の天気は最高でした。私にとって、本当に珍しい体験になりました。少なくともフィンランドに住んでいれば、日常生活では目にすることのない庭園です。

I love old buildings, so that was another reason why I enjoyed this garden so much; their super-charming thatched-roofed farmhouses from the Edo era! It makes all the difference, the balance of the garden and its untouched harmony. The gorgeous peony flowers were under waxed paper parasols because of the strong sunshine, and that made the garden look even more beautiful.

私は古い建築物が大好きなので、この庭園をずいぶん楽しめたもう一つの理由は、そこに江戸時代に建てられたとても魅力的な茅葺屋根の農家があったことです!建物が古いか新しいかでは大きく違い、古い建物は庭園のバランスと手付かずの調和を生み出します。日差しが強いので、牡丹にはワックスが塗られた和傘が差してありました。それで庭がいっそう美しく見えました。

The garden is open only a short period between the end of April and the beginning of May when the Peony’s are blooming. They also have a lot of other interesting plants, trees and flowers, for example Davidia involucrata, Dove tree (or Handkerchief tree).

庭園は、牡丹の咲く4月中旬から5月上旬の短い期間だけ公開されています。庭には他にも興味深い植物や木や花がありました。例えばダヴィディア。日本ではハンカチの木、幽霊の木(英語では他に鳩の木など)と呼ばれている木です。

After the serene garden visit we had lunch; Endo took me to eat unagi, eel, which we both love.

のどかな庭園を訪問した後は、遠藤さんの案内で、二人とも好きなうなぎを食べにランチに行きました。

At the entrance
Endo
The garden’s restaurant
Unagi

Mobara Peony Garden

210 Yamasaki, Mobara, Chiba, 297-0061, Japan

茂原牡丹園

〒297-0061 千葉県茂原市山崎210

Niemonjima – 仁右衛門島

Chiba, April 千葉 4月

Our boss’s wife Kumi took me, Kochan and Kanchan, AKA The Noisy Boys, to a road trip, and we dashed through beautiful mountainous landscapes. Our first stop was at the Marine Restaurant Seagull, which was a mixture of Italian food and Japanese atmosphere; we had lunch inside a tatami matted private room. 

上司の奥様の久美さんが、私と、コウちゃんとカンちゃん(通称 ”Noisy Boys”)をドライブに連れて行ってくれました。車は美しい山の景色を走り抜けました。はじめに、和風の空間でイタリア料理を提供しているマリンレストラン・シーガルを訪れました。私たちは屋内の畳の敷かれた個室で昼食を食べました。

Kumi kept driving until we arrived at the seashore where we parked the car and continued by foot. On the dock was a small rowing boat and two old men, who took us to our destination: Niemonjima. The island was breathtaking, full of bird singing and exotic flowers but none visitors; we were the only ones.

久美さんは海岸まで運転してくれて、車を停めてそこから歩きました。船着場には手漕ぎのボートと2人の年配の男性がいて、私たちを仁右衛門島まで連れて行ってくれました。島は、鳥のさえずりと外来の花がいっぱいで、目を見張るようでした。私たち以外に来ている人はいませんでした。

We criss-crossed the landscape, walked on the rocky shore and dived inside lush jungle-like vegetation. Here and there were small eye-catchers: a big rock with carved poem on it, a stone statue or weathered shrine. On the island was also a gift shop where we could buy some souvenirs, like postcards and a fishing net.

岩の多い海岸を歩いたり、ジャングルのような豊かな植生の中に身を委ねたり、島を縦横に移動しました。あちこちにちょっと気になるものがありました。詩が彫られた大きな岩、石像、風化した神社などです。島にはみやげ物屋もあって、ポストカードや漁網などが買えました。

Niemonjima Island; view to the main land

Marine Restaurant Seagull

598−1 Isumi, Otaki, Chiba, 298-0212 Japan

Niemonjima Island

445 Taikaihama, Kamokawa, Chiba, 299-2863 Japan

仁右衛門島

〒299-2863 千葉県鴨川市太海浜445

マリンレストラン、シーガル

〒298-0212 千葉県夷隅郡大多喜町 猿稲598−1

Bus Tour 1: Sawara – バスツアー1: 佐原

Chiba, March 千葉 3月

One Sunday Jinpuu organized a bus tour for their employees. The trip started from Chiba City at dawn, and everything was pre-arranged by Kikuchi. Our first destination was Sawara, the Little Edo, which is designated as ‘Preservation District for Groups of Historic Buildings’.

ある日曜日、(株)仁風は従業員のみんなにバスツアーを企画してくれました。ツアーは千葉市内からスタートし、菊池さんが事前に全てアレンジしてくれていました。最初の目的地は佐原です。「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された江戸の面影を残す街です。

Hinamatsuri, celebrated on the third day of the third month, was long gone, but the Girls’ Day’s dolls were still out in the open. Once again we had rain, and the clouds hung low when we headed for the boat parade at Onokawa River.

3月3日のひな祭りからずいぶん経っていましたが、まだ雛人形を見ることができました。再び雨が降り始めて、小野川の水上パレードにたどり着いた時には雲が低く垂れこめていました。

Next we visited the amazing Inō Tadataka Museum; this national hero spent 17 years of his life to make an accurate map of Japan. The result of walking 35,000 kilometres is the first modern map of Japan, Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu, which was published 1821 after his death. At the museum we could compare the Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu and map made with the latest technology; they were almost exact.

次に、素晴らしい伊能忠敬記念館に行きました。伊能は国民的英雄です。17年かけて3万5000キロもの距離を歩き、徒歩で日本国中を測量し、初の近代的な日本地図「大日本沿海輿地全図」を完成させました。それは彼の死後1821年に出版されました。記念館では最新の技術で作られた地図と「大日本沿海輿地全図」を見比べることができます。伊能の地図はほぼ正確でした。

We had lunch at Auberge De Manoir KITTEI restaurant. We enjoyed a delicious meal and beverages while watching the greenery from large windows. The charming building was amid a beautiful garden, in which we took a walk afterwards.

それから私たちはオーベルジュ・ド ・マノワール 吉庭でお昼を食べました。大きな窓から緑を眺めながら、美味しい食事と飲み物を味わいました。レストランの建物の周囲には素敵な庭園があって、食後には散歩を楽しみました。

The Onogawa River
The boat parade
The restaurant and its garden
Our bus
Joyful atmosphere at the bus

Tadataka Ino Memorial Museum

I-1722-1, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

Auberge de Manoir KITTEI

I-789-2, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

伊能忠敬記念館

〒287-0003 千葉県香取市イ1722-1

オーベルジュ ド マノワール吉庭

〒287-0003 千葉県香取市イ789-2

Kawamura Memorial DIC Museum’s Park – DIC川村記念美術館の公園

Chiba, March3月 千葉

We had to postpone hanami because of the rain and go for indoor activity instead; Mai, Yamamoto, Endo, Ishikawa and I headed to the Kawamura Memorial DIC Art Museum. For garden maniacs, this can be especially interesting because of its location. All around the building is greenery: not just forest but 10 hectare park area with its green lawns, pond and flower gardens.

雨天のために花見を見合わせて、代わりに屋内で楽しめる施設に行くことにしました。麻衣さん、山本さん、遠藤さん、石川さんと一緒にDIC川村記念美術館を目指しました。ロケーションがユニークで、庭園マニアには特に面白い場所です。建物の周りはすべて緑に覆われています。森林だけでなく、緑の芝生、池、花の庭園がある10ヘクタールもの大きな公園です。

The park’s 250 cherry trees were almost in full bloom, and when the rain eased, we could enjoy the scenery. This park – like many others in Japan – is a perfect place to visit during all seasons; there are always different flowers blossoming, and not to mention the autumn foliage.

公園の250本の桜はほぼ満開で、雨がおさまると景色を楽しむことができました。日本の各地の公園と同様に、この公園も四季を通じて楽しむことができます。秋の紅葉は言わずもがな、季節ごとに違う花が見頃を迎えます。

We ended our tour at Italian restaurant Belvedere, where Endo bought us lunch; he was joyful because of the recent bonuses from Jinpuu, and Kikuchi also paid our museum fees.

最後にイタリアンレストラン「ベルヴェデーレ」で遠藤さんにごちそうになりました。遠藤さんは(株)仁風からボーナスが支給されたばかりで嬉しそうでした。美術館の入場料は菊池さんが出してくれました。

At the Belvedere

Kawamura Memorial DIC Museum of Art

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-8505 Japan

Belvedere

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-0078

DIC川村記念美術館

〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631

ベルヴェデーレ

〒285-0078 千葉県佐倉市坂戸631 dic川村記念美術館敷地内

Escaping winter to Gran Canaria 1 – グラン・カナリア島へ逃避する冬 1

Spain, Januaryスペイン 1月

The Canarian Islands have the perfect winter time weather for Scandinavians; the temperature during daytime is around 20 degrees. The islands are very popular among Finnish, Norwegian and German retired citizens. We too like the quiet life, nature, fresh fruits and seafood. 

冬のグラン・カナリア島の日中の気温は約20℃。北欧の人にとって最高の気候です。この島はとりわけフィンランド人、ノルウェー人、ドイツ人にとても人気があります。私たちも島の静かな生活、自然、新鮮なフルーツやシーフードを気に入っています。

We rented a flat with a kitchen and a big balcony from peaceful Playa del Cura. Every day we walked nearby marketplace, where we bought a lot of delicious organic fruits: oranges, pomegranates, grapes, avocados, papayas, coconuts and melons. Lunches and dinners we ate at local restaurants, which menus were full of seafood; our favourite dish was fishplate with Dover sole, swordfish, salmon and squid with salad and Canarian potatoes.

静かなプラヤ・デル・クーラで、キッチンと大きなバルコニーのあるアパートを借りました。毎日、近くのマーケットに歩いて行って、オレンジ、ざくろ、ぶどう、アボカド、パパイヤ、ココナッツ、メロンなど、たくさんのオーガニック・フルーツを買いました。お昼と夜は地元のレストランで食事をしました。海鮮料理のメニューが多く、中でも私たちが気に入ったのは、ヨーロッパソール(カレイの仲間)、メカジキ、サーモン、イカ、それにサラダとカナリアポテトが添えられたフィッシュプレートです。

At the evenings we watched the sunset and enjoyed our balcony. Playa del Cura resembled amphitheater: the surrounding hills were filled with buildings, and in the opposite was the sea. Our flat was high on the hill, and we had a beautiful view. We also had a new friend, when Eurasian collared dove visited our balcony to eat some breadcrumbs.

夕方はバルコニーで夕日を眺めました。プラヤ・デル・クーラは円形劇場に似ていました。周囲の丘には建物が密集していて、その反対側には海が広がっていました。私たちのアパートは丘の高いところにあって、良い眺めでした。ベランダにはシラコバトがパンくずを食べに来るようになって、新しい友だちができたようでした。

Playa del Cura
The marketplace
The food was excellent and cheap

Tokyo – 東京

Tokyo, July東京, 7月

From Aomori I headed to Tokyo; I wanted to spend some time with my friends Yoko and Takayuki Yamasaki before returning to Finland. This time finding the hotel on my own was impossible. After a desperate search on foot I was about to give up and take a taxi when my savior appeared; a barefooted man with a helmet on his head, pushing a shopping cart already full with stuff. He loaded my belongings to his chart and escorted me via Koban Box to my hotel. After exchanging our addresses, he asked me to marry him, gave me his umbrella and disappeared to the city.

青森から東京へと、私は向かうことにしました。というのも、フィンランドに帰国する前に友人のヨウコさんとタカユキさんに合いたいと思ったからです。今回、何の助けもなしに自分の力だけでホテルを見つけるのは、不可能に近いくらい難しかったです。歩き回り必死にさがしても見つからず、あきらめてタクシーに乗ろうとしたそんな時、私の前に救世主が現われました。その人は、素足で手にヘルメットをもった男性で、手には物でいっぱいのショッピングカートを押していました。彼は私の荷物をカートに載せ、交番・そしてホテルまでエスコートしてくれました。お互いに住所を交換すると、彼は私に結婚してほしいと言いそれから傘を渡して、街へと消えていきました。

At the first evening the Yamasaki couple took me to dinner at Italian restaurant, and the next morning Takayuki and I went to Shimokitazawa. Shimokita is a bohemian area, which is well-known for its vintage boutiques and second-hand shops. It’s the perfect place to wander around and enjoy some coffee of lunch. We ate at Magic Spice, which specializes in curry soups famous in Hokkaido. The restaurant was bright red, decorated heavily and had its own exotic vibe. Their Hindushock gift shop is full of colourful clothes, chandeliers, spices and incenses.

東京で最初の夜は、山崎さんとイタリアンレストランに行き、翌朝にはタカユキさんと私は下北沢へ向かいました。下北沢は型にはまらない雰囲気の街で、ビンテージや小さな専門店、古着屋などで知られているエリアです。コーヒーやランチを楽しみながら探索するのにはぴったりな待ちです。私たちはMagic Spiceという、北海道名物のスープカレーにこだわったお店でランチをしました。レストランは明るい赤で塗られていて、店内は異国情緒溢れる雰囲気がただよっていました。ここに翻訳を入れる。

The next morning I started from Yoyogi Park, which is one of my favourite parks in the city. Over the years I had created a routine to take a picture of a specific place in the park every time when I’m in Tokyo. When that was done, I walked to Harajuku to check their second-hand shops before meeting Takayuki. He had planned another interesting day for me; first we visited a Christian Yogen Cafe and then his friend, a clairvoyant. This was my first time to meet a fortune teller, because they are not so common in Finland. Before we left the place, she gave me a home assignment; I should write about Japan, from my heart.

翌朝は、私のお気に入りの街中の公園代々木公園から度をはじめました。ここ何年か、東京の公園のいたるところで写真を撮ることが習慣になりました。それが終わると、タカユキに会う前に古着屋でも見ようと原宿へ向かいました。彼は私のために面白いプランを組んでくれていました。私たちはまずChristian Yogen Cafeに行き、その後彼は、透視者だという友人に会わせてくれました。フィンランドで占い師の存在は珍しいので、私はこのとき、生まれて初めて占い師に会いました。その日の終わり、彼女は私に、私の実体験に基づいたことで日本に関して何か書くべきだと、告げました。

My personal guide
Tuna avocado salad
That guy seems remotely familiar…
Takayuki at the Magic Spice
Yoyogi Park
Ueno Park

Magic Spice

1 Chome-40-15 Kitazawa, Setagaya City, Tokyo, 155-0031, Japan

Yogen Café

6 Chome 6−4, Akasaka, Tokyo, Minato City, 107-0052 Japan

珈琲専門店 預言 CAFE 赤坂

〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目6−4 赤坂栄ビル

マジックスパイス下北沢店

〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目40−15

The Tanaka Family – 田中家の人々

Ojiisan, Eri, Mikiko and Chihiro

Osaka, April大阪、4月

When we first met, Chihiro was a university student in Gothenburg, Sweden. Christmas holidays were approaching, which can be pretty depressing when you are alone in a foreign country, so I invited her to Finland. From that started our friendship; she has visited us several times, basically every time she comes to Europa and vice versa.

私たちが初めて会ったときチヒロはスウェーデンのヨーテボリの大学生だった。クリスマス休暇が近づいていた当時、異国の地でひとりで過ごすのはなかなか気が滅入るだろうと彼女をフィンランドに招待したのだ。そこから私たちの友情が始まり、彼女はヨーロッパを訪れるたびに我が家に来てくれて、私たちも日本を訪れるたびにチヒロに会いに行くようになった。

This was my first time to visit their home, which had a massive renovation during the last year. It was a stylish two-storey house in a quiet neighbourhood with a small garden and a field. The head of the family was 86-year-old Ojiisan, who cultivated the field and enjoyed his retirement days.

昨年、大改造を経た田中家のおうちを訪問するのは今回が初めてだ。閑静なエリアのおしゃれな二階建てで、小さな庭と田畑も付いている。一家の主は畑仕事と定年後の生活を楽しむ86歳のおじいさんだ。

His son, Otoosan and his wife Mikiko worked full days, Mikiko as an entrepreneur and Otoosan at the city office. Chihiro worked at her mother’s company, and her siblings Eri and Sho were university students. Also, Eri and Sho has visited us in Finland. Despite the busy schedule of the family, they always find time to cook and enjoy food together.

彼の息子にあたるお父さんは市役所の職員、その妻ミキコは起業家として、ともに終日働いている。娘のチヒロは母の会社で働き、彼女の妹エリと弟のショウは大学生で、ふたりともフィンランドのおうちを訪ねてきてくれたことがある。田中家の人たちはいつも忙しい合間を縫って一緒にご飯を作って楽しむ時間を過ごしてくれた。

Tanuki
At the garden
The nearby canal
Takoyaki
Sashimi

The Cherry Blossoms – 桜

Osaka, April大阪, 4月

One’s feelings are not easily put into words when after a long, cold Finnish winter you suddenly arrive to this; a warm breeze on your jet lagged face, pale skin exposed from beneath the winter clothes – Oh, hello, sun!

長くて寒いフィンランドの冬から突然あたたかなそよ風が時差ぼけの顔と冬服の下の青白い肌を撫でている。なんともいえない感覚だ。ああ、こんにちは、太陽さん!

This was my first Sakura no-toorinuke. It differs from hanami mostly because of the rules: no eating, smoking or touching the flowers. The Tanaka sisters and I followed the mass of people while chatting and taking pictures.

これが私にとって初めての「桜の通り抜け」だった。それは飲食や喫煙、桜に触れることが禁止されており、「花見」とはほとんど異なるものだった。田中姉妹と私はおしゃべりしたり、写真を撮ったりしながら人混みの後に続いた。

This was the last day of the Japan Mint Bureau’s cherry blossom viewing. They open their gates to the public for a week every April at the sakura’s prime time. The garden has approximately 350 trees, and they also have rare varieties you cannot find anywhere else. The 560-meter long alley was established in 1883, and it’s certainly worth a visit.

この日は今年の桜の通り抜けの最終日だった。日本造幣局は毎年4月、桜の満開の時期に1週間のあいだ一般人へ門を開放する。その庭にはおよそ350本もの桜の木があり、滅多にお目にかかれない品種もある。1883年につくられた560mの小道はたしかに一見の価値ありだ。

Not just the pink beauty, there is something for the food lovers too. During the event, the street near Okawa River has all kinds of festival food to offer: okonomiyaki, taiaki, takoyaki, and choco bananas. Dishes one can only dream in Finland. And they are practically free, so you better go with an empty stomach!

造幣局とその隣を流れる大川の花見スポットの魅力はピンク色の美しさだけではない。くいしんぼうにもうれしい。 イベント期間中、フードフェスティバルのようになっており、お好み焼き、たい焼き、たこ焼き、チョコバナナ、フィンランドでは夢のような食べ物が並ぶ。しかもタダ同然だから腹ペコで行くべきなのだ!

Japan Mint Head Office

1-79, Temma 1-chome, Kita-ku, Osaka 530-0043, Japan

独立行政法人 日本造幣局

〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1丁目1-79