The Ishitani Residence – 石谷家住宅

December, Tottori – 鳥取、12月

 One day Yoshie, Asako and I drove through beautiful countryside scenery to Chizu. The harvest was over, and daikons and kaki fruits dried in the sun in front of the farmhouses. We had a delicious lunch at the Ishitani-ke jutaku’s cafe; while enjoying the food, we could admire the beautiful garden through big windows.

ある日、佳恵さんと麻子さんと一緒に、美しい田舎の景色をドライブして智頭町に向かいました。収穫期は終わっていて、大根と柿が農家の家の前で日干しされていました。私たちは石谷家住宅のカフェで美味しいランチを食べました。食事の間、大きな窓から素晴らしい庭園の景色を楽しむことができました。

The Ishitani Residence and its 40 rooms are a masterpiece. Denshiro Ishitani, the head of the Ishitani Family, wanted the building to last from generation to generation; it’s made from the best timber by the most skilled craftsmen. The spacious rooms are decorated with detailed wood carvings and fresh flowers. The spectacular garden surrounds the rooms, and we could step to a narrow veranda to the inner yard.

40余りの部屋数から成る石谷家住宅は名作です。歴代の石谷家主の1人、石谷伝四郎は、世代から世代へと続く建築を試みました。最高水準の腕を持つ職人たちによって施工が施された資材が使われています。広々とした部屋は、精細な木彫りと生花で飾られています。壮大な庭園が部屋を囲んでいて、中庭の小さな縁側に足を踏み入れることができました。

The Ishitani Residence’s garden is registered as Place of Scenic Beauty; it’s full of fantastic eye-catchers with its carefully trimmed trees, carp pond and waterfall. The autumn foliage was already gone, so there were not so many visitors.

石谷家住宅の庭園は、国登録名勝地に指定されています。丁寧に剪定された木々、鯉の池や滝など、目を引く素敵な要素で満ち溢れています。紅葉は終わっていたので、来場客はそれほど多くありませんでした。

Lunch
Beautiful details
The Ishitani House’s complicated roof

Ishitani Residence

396 Chizu, Yazu District, Tottori 689-1402, Japan

石谷家住宅

〒689-1402 鳥取県八頭郡智頭町大字智頭396

Shōdoshima, Day Two – 小豆島 2日目

Kagawa, May香川 5月

Our accommodation was comfortable; the cabin had a kitchen/living room, two bedrooms, a bathroom and a balcony with a great view to the sea. Near was a hot spring, which we visited before going to sleep, so we could wake up refreshed to the new day.

私たちの泊まったコテージは快適でした。キッチン、リビングルーム、ベッドルームが2つ、バスルーム、そして海の眺めの素晴らしいバルコニーがありました。近くには温泉もあって、寝る前に入りに行きました。それで翌日はすっきり目覚めることができました。

After breakfast we said goodbye to our lovely cabin and drove off to see the day’s first sight: senmaida, ‘one thousand rice fields’ arranged like tiny shelves on top of each other on the hillside. Probably because I come from a very flat country, everything related to mountains are enchanting for me, but these fields! How is it possible to cultivate them?

朝食の後、可愛らしいコテージに別れを告げて、その日の最初の目的地に車を走らせました。向かったのは、丘の中腹に小さな棚を積み重ねたように整えられた「千枚田」です。かなり平坦な国から来たせいか、私は山に関わるどんなことにも魅了されますが、それにしても、この田んぼ!どうすればこんな風に耕すことができるのでしょう?

Next we visited the Shōdoshima Olive Park, which was like a small piece of Greek with its beautiful flower and herb beds, olive groves and shiny-white buildings. They also have Studio Ghibli’s Kiki’s Delivery Service herb shop Corico that was a must-see for Chihiro and me.

次に、小豆島オリーブ公園を訪れました。美しい花とハーブの花だん、オリーブの木立、輝くような白い建物があって、そこはまるでギリシャの一角のようでした。スタジオジブリ「魔女の宅急便」の映画のロケセットがあるハーブショップ コリコは、千尋と私には必見の場所でした。

Sunrise from our cabin
Senmaida fields
At the Olive Park
Kiki’s Delivery Service herb shop Corico

Shōdoshima Olive Park

1941-1, Kagawa, Shozu-gun, Shōdoshima, Nishimura, 761-4434 Japan

道の駅 小豆島オリーブ公園

〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

Mihama-en Japanese Garden – 日本庭園 見浜園

Chiba, March千葉 3月

I found this beautiful gem by accident when searching some flea market at Makuhari Messe. It was Saturday, and the garden was like a peaceful oasis in the middle of a busy city and its skyscrapers. In fact, there was only me and one of the park’s gardeners.

幕張メッセでフリーマーケットを探索していた時、偶然、この宝石のように美しい場所を見つけました。土曜日でしたが、その庭園はせわしい町と高層ビルの中にあるオアシスのようでした。実際、そこには私と公園の庭師しかいませんでした。

Mihama-en is a part of Chiba Prefectural Makuhari Seaside Park, and it’s a classic Japanese strolling garden with ponds, islands, waterfalls, streams and artificial hills. All these alluring elements combined to the refreshing quietness of the place made this garden very enjoyable. There is also a teahouse made from Japanese cedar by the pond.

見浜園は千葉県立幕張海浜公園内にあって、池、島、滝、小川、そして人工の丘のある伝統的な日本の池泉回遊式庭園です。これら全ての魅力的な要素が、その場所のさわやかな静寂と絡み合って、この庭園をとても楽しめるものにしていました。池のそばには杉造りの茶室もありました。

Despite the artificial aspects of the garden and the skyscrapers on the horizon, there is still a strong sense of nature. The pond was full of life; tadpoles, carps and a lot of waterfowl were swimming about.

庭園には人工的な側面があり、地平には高層ビルが立ち上がっているにも関わらず、そこではまだ強い自然を感じることができました。おたまじゃくし、鯉、そしてたくさんの水鳥が泳ぎ回って、池は活気に満ちていました。

Teahouse by the pond

Mihama-en

2-116 Hibino, Mihama Ward, Chiba, 261-0021 Japan

日本庭園 見浜園

〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2−116

Mobara Peony Garden – 茂原牡丹園

Chiba, April千葉 4月

61-year-old Jinpuu senior Endo and I spent a delightful day amid huge flowers at their fullest bloom. After an unfortunate flat tire we arrived at the magnificent peony garden, and for once the weather was perfect. For me this was truly a rare experience; this garden is something you cannot see in everyday life, at least if you live in Finland.

(株)仁風の先輩で61才の遠藤さんと私は、満開を迎えた花々に囲まれて楽しい一日を過ごしました。タイヤパンクの不運の後、私たちは素晴らしい牡丹園に到着しました。その日の天気は最高でした。私にとって、本当に珍しい体験になりました。少なくともフィンランドに住んでいれば、日常生活では目にすることのない庭園です。

I love old buildings, so that was another reason why I enjoyed this garden so much; their super-charming thatched-roofed farmhouses from the Edo era! It makes all the difference, the balance of the garden and its untouched harmony. The gorgeous peony flowers were under waxed paper parasols because of the strong sunshine, and that made the garden look even more beautiful.

私は古い建築物が大好きなので、この庭園をずいぶん楽しめたもう一つの理由は、そこに江戸時代に建てられたとても魅力的な茅葺屋根の農家があったことです!建物が古いか新しいかでは大きく違い、古い建物は庭園のバランスと手付かずの調和を生み出します。日差しが強いので、牡丹にはワックスが塗られた和傘が差してありました。それで庭がいっそう美しく見えました。

The garden is open only a short period between the end of April and the beginning of May when the Peony’s are blooming. They also have a lot of other interesting plants, trees and flowers, for example Davidia involucrata, Dove tree (or Handkerchief tree).

庭園は、牡丹の咲く4月中旬から5月上旬の短い期間だけ公開されています。庭には他にも興味深い植物や木や花がありました。例えばダヴィディア。日本ではハンカチの木、幽霊の木(英語では他に鳩の木など)と呼ばれている木です。

After the serene garden visit we had lunch; Endo took me to eat unagi, eel, which we both love.

のどかな庭園を訪問した後は、遠藤さんの案内で、二人とも好きなうなぎを食べにランチに行きました。

At the entrance
Endo
The garden’s restaurant
Unagi

Mobara Peony Garden

210 Yamasaki, Mobara, Chiba, 297-0061, Japan

茂原牡丹園

〒297-0061 千葉県茂原市山崎210

Bus Tour 1: Sawara – バスツアー1: 佐原

Chiba, March 千葉 3月

One Sunday Jinpuu organized a bus tour for their employees. The trip started from Chiba City at dawn, and everything was pre-arranged by Kikuchi. Our first destination was Sawara, the Little Edo, which is designated as ‘Preservation District for Groups of Historic Buildings’.

ある日曜日、(株)仁風は従業員のみんなにバスツアーを企画してくれました。ツアーは千葉市内からスタートし、菊池さんが事前に全てアレンジしてくれていました。最初の目的地は佐原です。「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された江戸の面影を残す街です。

Hinamatsuri, celebrated on the third day of the third month, was long gone, but the Girls’ Day’s dolls were still out in the open. Once again we had rain, and the clouds hung low when we headed for the boat parade at Onokawa River.

3月3日のひな祭りからずいぶん経っていましたが、まだ雛人形を見ることができました。再び雨が降り始めて、小野川の水上パレードにたどり着いた時には雲が低く垂れこめていました。

Next we visited the amazing Inō Tadataka Museum; this national hero spent 17 years of his life to make an accurate map of Japan. The result of walking 35,000 kilometres is the first modern map of Japan, Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu, which was published 1821 after his death. At the museum we could compare the Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu and map made with the latest technology; they were almost exact.

次に、素晴らしい伊能忠敬記念館に行きました。伊能は国民的英雄です。17年かけて3万5000キロもの距離を歩き、徒歩で日本国中を測量し、初の近代的な日本地図「大日本沿海輿地全図」を完成させました。それは彼の死後1821年に出版されました。記念館では最新の技術で作られた地図と「大日本沿海輿地全図」を見比べることができます。伊能の地図はほぼ正確でした。

We had lunch at Auberge De Manoir KITTEI restaurant. We enjoyed a delicious meal and beverages while watching the greenery from large windows. The charming building was amid a beautiful garden, in which we took a walk afterwards.

それから私たちはオーベルジュ・ド ・マノワール 吉庭でお昼を食べました。大きな窓から緑を眺めながら、美味しい食事と飲み物を味わいました。レストランの建物の周囲には素敵な庭園があって、食後には散歩を楽しみました。

The Onogawa River
The boat parade
The restaurant and its garden
Our bus
Joyful atmosphere at the bus

Tadataka Ino Memorial Museum

I-1722-1, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

Auberge de Manoir KITTEI

I-789-2, Katori, Chiba, 287-0003, Japan

伊能忠敬記念館

〒287-0003 千葉県香取市イ1722-1

オーベルジュ ド マノワール吉庭

〒287-0003 千葉県香取市イ789-2

At the Temple – お寺にて

Chiba, March千葉 3月

This charming place was my ultimate dream-come-true work site! And not only for its serene beauty but also for our tea and lunch breaks; the treats provided by the head priest and restaurant Chao were an everyday joy for us.

この素敵な場所は、私の夢が叶った最高の仕事場でした。のどかで美しいのは当然のことながら、住職さんが出してくれるお茶やおやつ、レストラン「茶緒」でのランチの時間も、毎日の楽しみでした。

The Fukujuin Temple had recently undergone massive changes: the old temple was now unoccupied and all the action was at the brand new buildings. Thus now was time to update the garden; we made several bamboo fences, planted hedgerows, and groomed the old pine trees of the yard.

福壽院は最近、大規模に改変されました。古いお寺は今は使われておらず、法事や行事は全て新築の建物で行われていました。庭園を改装するのにはちょうど良いタイミングです。私たちは竹垣を作り、生け垣を植えて、古い松の木の手入れをしました。

Every day the head priest served us tea, and Ogiu, Ishikawa and I enjoyed it on the temple’s wooden steps. The place had a magical atmosphere; the old temple with its detailed wood carvings stood on a small hill under a giant cherry tree, stone statues guarded the garden buried with soft moss. Some days we could hear the owl’s cries from the bamboo grove.

荻生さんと石川さんと私は、住職さんが毎日出してくれるお茶を、お寺の木造の階段に座って味わいました。その場所は神秘的な雰囲気を纏っていました。細かな木彫が施された古いお寺は小さな丘の上に建っていて、それを大きな桜の木が覆っていました。柔らかい苔に包まれた庭園は、石の像が守っていました。竹林からはフクロウの鳴き声が聞こえてくる日もありました。

Tea time
The old temple
The new temple
New fence and lawn
New fence and plants
The old temple’s garden
New fence and lawn
The rope details
Chao

Fukujuin Temple

694, Kawadocho, Chuo Ward, Chiba, 260-0802 Japan

Chao

2512, Oyumicho, Chuo Ward, Chiba, 260-0813, Japan

福壽院

〒260-0802 千葉県千葉市中央区川戸町694

茶緒

〒260-0813 千葉県千葉市中央区生実町2512

Sanyo Media Flower Museum – 三陽メディアフラワーミュージアム

Chiba, March3月 千葉

The Sanyo Media Flower Museum’s indoor Atrium Garden has seasonal themes in its flowerbeds, so when I visited the place at Easter, there were a lot of tulips, cute rabbits and Easter eggs. Also, the exhibition areas followed the same theme. Surrounded by variegated and lush beds of flowers, the gazebo looked breathtakingly beautiful.

三陽メディアフラワーミュージアムでは、季節ごとにテーマに沿った花壇が作られています。私が訪れたイースターの時期は、 アトリウムと展示棟にたくさんのチューリップ、そしてかわいいウサギとイースターエッグが展示されていました。変化に富んだ花々に囲まれたガゼボ(西洋風あずまや)は、息をのむほど美しいものでした。

Their luscious greenhouse is a round shaped, 23 metres tall building full of tropical and subtropical plants, and it even has an artificial waterfall. The museum has a restaurant and gift shop with a lovely selection of garden-inspired items.

熱帯植物と亜熱帯植物が生い茂る豊かな温室は、高さ23メートルの円柱形の建物です。人工の滝も流れています。施設内には他にレストランとギフトショップもあり、庭園をモチーフにした素敵なアイテムが揃っています。

Outdoor gardens enveloped the impressive museum building: at the front is a wide garden of seasonal flowers, in one side courtyard and the rose garden at the back of the building. Designed by the best combination of blooming time and harmony of the beds, the gardens are magnificent.

館外は素晴らしい庭園に囲まれています。季節の花々が咲き誇る前庭、中庭、そしてバラのある後庭です。花の開花時期に合わせてデザインされた花壇が奏でるハーモニーは、それはもう見事です。

Sanyo Media Flower Museum is part of the Inage Seaside Park, which has a lot of activities. I walked along with dog-walkers and cosplayers through Japanese style garden to the artificial seashore.

三陽メディアフラワーミュージアムを含む稲毛海浜公園には、他にもたくさんの施設があり、楽しみ方は様々です。私は犬の散歩をしている人やコスプレイヤーと一緒に日本庭園を抜けていなげの浜(人工海浜)まで歩きました。

Atrium flower garden at Easter
Miniature garden
The gazebo
Flower arrangements
The greenhouse
The waterfall
Outside gardens
Japanese style garden at Inage Sea Park area
Flower Museum at April: the poppy field
Outside the greenhouse was Hawaiian live music

Sanyo Media Flower Museum

7-2-4, Takahama, Mihama-ku, Chiba 261-0003 Japan

三陽メディアフラワーミュージアム

〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2−4

Shunkaen Bonsai Museum – 春花園 BONSAI 美術館

Tokyo, March東京 3月

One afternoon Oosaki and I went to Shunkaen Bonsai Museum. The museum is a masterpiece made by the master himself: Kunio Kobayashi, who has lectured in several countries, received many awards and still one can find the humble man in his nursery teaching his apprentices. The museum building is ‘Sukiya-zukuri‘, a traditional Japanese style wooden house with tatami mats and shoji screens. The large windows open to the spectacular yard full of items visitors can admire: the carp pond, full blooming cherry tree, and of course the magnificent bonsai pots. The museum presents over 1000 bonsai trees on its premises.

ある日の午後、大崎さんと一緒に「春花園BONSAI美術館」に行きました。美術館はオーナーの小林國雄自身によって作られた傑作です。小林先生は多くの海外講演を行い、数々の賞を受賞している一方、弟子の育成に尽力するという控えめな一面も持っています。美術館の建物は、畳や障子のある日本の伝統的な数寄屋造りの木造家屋です。大きな窓からは、見る者の目を奪う広大な庭を鑑賞することができます。鯉の池、満開の桜、そしてもちろん見事な盆栽の鉢。美術館には1000点以上の盆栽が所狭しと並んでいます。

The art of bonsai is fascinating: creating a microcosm which so perfectly imitates the nature. It’s miraculous how this tiny tree can resemble an actual full-grown, ancient tree trunk standing on the green hilltop. It takes years of practise to master this extraordinary art form, Kobayashi-sensei has spent over forty years among the trees. The word bonsai literally means the tree planted in a shallow container. It’s something much more than just small-scale gardening; it’s a captivating mixture of horticulture, craftsmanship, design and discipline with a spiritual twist.

自然を完全に写しとったような小宇宙を創造する盆栽芸術は魅力的です。小さな木が、まるで実際に緑の丘にそびえる、樹齢を重ねた太古の木の幹のようであり、それはもう奇跡です。この並外れた芸術形態を習得するには、長年の鍛錬が欠かせません。小林先生は40年以上も木に囲まれて過ごしてきました。盆栽という言葉は、文字通り浅い鉢に植えられた木を意味しますが、それは小規模なガーデニングとは一線を画すものです。園芸術、職人技、デザイン、崇高な曲げを造り出す規律、それらが魅惑的に織り混ざっているのです。

We had a sufficient guide who walked us through the large building while introducing the individual pieces. After the tour we drank tea with the friendly master and purchased books which Kobayashi-sensei signed for us. He showed pictures from his lecture tour in Sweden and gave me a gift: bonsai magazines and a ticket to the museum. The nursery was an excellent place to visit, and we had the whole garden to ourselves.

ツアーガイドが個々の作品を紹介しながら広い建物を案内してくれました。ツアーの後はフレンドリーな小林先生とお茶を飲んで、買った本にサインをしてもらいました。先生はスウェーデンで行われた講演の写真を見せてくれて、盆栽雑誌と美術館の入場券をプレゼントしてくれました。この庭園は訪れるべき場所です。他に来場客がなかったので、私たちは庭園全てを独占してしまいまいた。

The entrance
The nursery
The master Kunio Kobayashi signed my book

Shunkaen Bonsai Museum

 1-29-16, Niihori, Edogawa-ku, Tokyo, 132-0001, Japan

春花園 BONSAI 美術館

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1丁目29−16

Sakuya Konohana Kan Botanical Garden – 咲くやこの花館 植物園

Osaka, April大阪、4月

For a gardening maniac and house plant lover this botanical garden is a must-see. The conservatory is one of Japan’s largest; they have 15.000 plants to explore, and the flowers are blooming all around the year.

ガーデニングマニアや観葉植物好きにとってここは必見だ。その日本最大級の温室では約15.000株もの植物を見て回れて、花々が一年中咲いている。

The two-storey metal framed glass building was built in 1990, and it’s divided for sections, where you can wander through different climates and their plantation. One of their main attractions is the water lily pool with its astonishing color variety and leaves of the giant water lilies.

そのガラス張りの建物は鉄骨造の2階建てで、1989年に完成した。施設内は複数のセクションに分かれており、異なる気候と植林地の中を歩いて回ることができる。主な見どころのひとつはびっくりするほど色彩豊かで巨大なスイレンの花とその葉っぱの浮かぶプールだ。

For a gardening student like me, this was a perfect attraction. Otoosan, Eri and I circled around the massive building dazed by the strong scent of the tropical flowers. Outside temperature was high enough, but inside the rainforest, where the merciless sun shone through the glass ceiling, was hot and humid like a sauna. We wandered through Cactus hall and Alpine house, which had a more pleasant climate; it’s always under 20 degrees.

私のような造園について学ぶ者にとって、ここは究極のアトラクションだった。お父さんとエリと私は熱帯の花々の強烈な香りにぼうっとしながらその巨大な建物中をぐるぐる回った。屋外の気温は十分高かったが、屋内の熱帯雨林は容赦ない太陽光がガラスの天井を通じて降り注ぎ、高温多湿なサウナのようだった。私たちはいつも20℃以下でずっと快適な気温のサボテンエリアやアルプスエリアを散策した。

The outside garden was in full bloom, the water fountain’s droplets shone like small pieces of glass in the sunshine. There I could spot some familiar species like lavender and violet, but also new acquaintances. The garden was a joy for one’s senses; the sight and its colours, the scent of flowers lingering in the warm breeze.

屋外の庭園は花々が満開で、噴水の滴は太陽光の中で小さなガラス片のように輝いていた。そこにはラベンダーやスミレといった馴染みのあるものや新しく知った品種もあった。庭園はカラフルな景色や暖かなそよ風の中に残る花の香り、五感を通じた喜びに満ちていた。

Otoosan and me

Sakuya Konohana Kan

2-163 Ryokuchikoen, Tsurumi-ku, Osaka

咲くやこの花館 植物園

〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2丁目163番

The Golden Pavilion – 金閣寺

Kyoto, April京都、4月

We made a day trip to Kyoto with Otoosan and Chihiro. The drive took about an hour from Osaka, but it’s very easy to travel by train as well. The temple’s official name is Rokuon-ji, Deer Garden Temple, but a more popular name for it is Kinkaku-ji, The Golden Pavilion. Rokuon-ji and its magnificent strolling garden are one of Kyoto’s most admired spots, but luckily there were not too many people present.

私たちはお父さんとチヒロと一緒に京都へ日帰り旅行に行った。ドライブは大阪からおよそ1時間かかったが、電車でもとてもかんたんに行くことができる。そのお寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)だが、金閣寺(きんかくじ)という名前で広く知られている。鹿苑寺とその壮麗な回遊式庭園は京都における歴史の長い名所のひとつだが、ラッキーなことにあまり多くの人はいなかった。

The original temple built in 1397 has been destroyed by fire started by one of the temple’s acolytes. Japanese author Yukio Mishima’s novel The temple of the Golden Pavilion (1959) loosely follows the actual events. Kinkaku-ji was restored in 1955.

原型となったお寺は1397年に建てられたが、修行僧のひとりによって起こされた直近の放火が原因で焼失した。日本の作家、三島由紀夫の小説『金閣寺(1959年)』はその実際の出来事が題材になっている。金閣寺は1955年に再建された。

Our next attraction was Ryōan-ji, maybe the most famous rock garden of Japan. Kare-sansui, a dry garden, made from carefully combed gravel and stones, it’s more a view than an actual garden. Commonly the sand is a symbol for the water and the rocks its islands, although it’s not clear what this particular arrangement represents. It might be tigers crossing a stream or the abstract concept of infinity. Either way, kare-sansui can help to clear one’s head while practising meditation. This plain sight left us with a relaxed feeling.

私たちの次なるお目当ては龍安寺だった。そこは日本で最も有名な石庭だろう。枯山水とは砂利と石材に注意深く砂紋を引くことで作られるドライガーデンで、実際に歩いて回る庭園というよりも眺める景色である。この特定の配置が何を表すのか定かではないが、一般的に砂は水を、岩石は島々を象徴する。虎たちが川を渡る姿か永遠という抽象的な概念を表現しているのかもしれない。いずれにせよ枯山水の眺めは瞑想の練習中の頭を空っぽにする助けになり、私たちの心を穏やかにしてくれた。

Sosei Kiosk above the mirror pond
Gardeners at their work
Chihiro and Otoosan
Ryōan-ji

Kinkaku-ji

1 Kinkakuji-cho Kita-ku, Kyoto, Japan

Ryoan-ji

13, Ryoanji Goryonoshitacho, Ukyo-ku, Kyoto, 616-8001 Japan

金閣寺

〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1

龍安寺

〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13