Nakayama Racecourse – 中山競馬場

Chiba, March 千葉3月

On my day off I headed to Funabashi; my destination was the gigantic Nakayama Racecourse, which boasts of being the second largest hippodrome in the world with its capacity of 165 000 people. They have both grass and dirt courses, and a notorious steeplechase course, which is one the most difficult ones in Japan. 

休みの日に船橋に行きました。目的地は、約16万5000人の収容数を誇る世界で2番目に大きな中山競馬場です。草コースとダートコース、そして日本でも最難関の一つと言われる障害コースがあります。

This was my first time to see this kind of horse race; in Finland harness racing is more common. I started my exploration from the Parade Ring where it is possible to admire the beautiful creatures more closely. The slender limbs resembled a ballerina’s legs as the horses walked calmly with their caretakers until the riders came and mounted them. That had an electrifying impact on the animals, and one by one they sprinted towards the racetrack on full speed.

私はこのタイプの競馬を見るのが初めてでした。フィンランドではハーネスレースが一般的なのです。まず美しい馬たちを間近で見ることができるパドックから探索することにしました。そこでは、これから騎手を背に乗せる馬たちが調教師に連れられて静かに歩いていました。その細い足はまるでバレリーナのようです。そして電気刺激を与えられた馬たちは、一頭ずつ全速力でレーストラックに向かって行きました。

The racecourse also had a Food Plaza and Turfy Shop. The shop sold T-shirts, plush toys of the actual racing horses and horse hair for good-luck charms.

競馬場にはカフェやターフィーショップもありました。Tシャツや実際の競争馬のぬいぐるみ、幸運のお守りとして馬の毛も販売されていました。

The entrance
The Parade Ring
The main track and grandstand
At the finishing line
Maintenance crew at work
A good-luck charm

Nakayama Racecourse

1-1-1, Kosaku, Funabashi City, Chiba, 273-0037, Japan

中山競馬場

〒273-0037 千葉県船橋市古作1丁目1−1