Hyōgo Park of the Oriental White Stork – 兵庫県立コウノトリの郷公園

Toyooka, April豊岡市にて、4月

On my day off I headed to see some huge birds; the Oriental white stork is also the prefectural bird of the Hyōgo Prefecture. The city of Toyooka is 70 kilometres from Ichijima, which takes less than two hours by train. The weather was magnificent, so instead of taking a bus from the station, I decided to go on foot. The 5 kilometre walk took almost an hour, and because of the stork signs, it was impossible to go wrong.

休みの日に、兵庫県の県鳥であるコウノトリを見に私は豊岡市へ向かいました。豊岡市は一島から70kmほどで、電車では2時間もかからない距離です。天気はこれ以上ないほど良好だったので、駅からバスには乗らず、歩くことを決めました。5kmの散歩はおおよそ1時間でしたが、道端にあるコウノトリの標識のおかげで、迷わずに行きつくことができました。

The Hyōgo Park of the Oriental White Stork’s main purpose is to restore the oriental white stork to back to its original habitation. They try to do this by organic farming; traditional farming methods bring the biota like frogs, snakes and crayfish back to the fields for storks to eat. Also, when cultivating rice fields the traditional way, the land is underwater longer, and this is crucial for the ecosystem. In Japan, the last wild population of kounotori was extinct in 1971. The park’s hard work was rewarded in 2007; after 43 years, the chicks fledged successfully in the wild.

公園の主な目的は、コウノトリを公園から自然の素の生息地にかえすことです。その方法として、有機農法や、コウノトリが餌とするカエル・ヘビ・ザリガニを自然に戻す伝統的な農法が取られています。伝統的な農法で水田を耕作する場合には、地面が水に浸かる時間が長くなり、このことは生態系のことを考えるととても重要なことです。日本では、1971年に最後の野生のコウノトリが絶滅しましたが、人々の努力がその後の2007年に報われました。絶滅から43年後にして、コウノトリのヒナが自然へと無事に放たれました。

As I arrived at the park, the big birds were sleeping under the trees behind a low fence. At the feeding time, more of these mighty birds came and circled above our heads; their prehistorical shrieks echoed from the mountains. Oriental white stork’s wingspan is over two meters, so they were a majestic sight. Kounotori is characterised as a national treasure of Japan.

公園につくと、大きな鳥たちは低いフェンスの後ろ側でねむっていました。餌の時間になると、どこからか多くの鳥たちが私たちの頭の上を旋回し、先史時代から存在している彼らの鳴き声が山にこだましていました。コウノトリの翼は、広げると2メートルを超え、その景色は雄大でした。そんなコウノトリは、日本の国宝とされています。

There was also a hiking route which squirmed at the nearby hill, an exhibition center about the birds, and a shop full of stork items and groceries. I hiked the deserted path and its dry and rocky trail, lizards sleeping on the warm stones, until I stepped under the deep-green foliage of the forest.

また、近くの丘にはハイキングルートがあり、鳥に関する展示センターやコウノトリのグッツや日用品がならんだお店がありました。森の深い緑の葉の下に足を踏み入れるまで、私は人気のない道や、トカゲが岩の上で眠っていた乾いた岩の多い道を歩きました。

Before dusk I arrived at Kinosaki, the famous hot spring town. The place was full of overwhelming small-town charm on a pastel-coloured background: people in their patterned yukatas, the weeping willows leaning over the canal, picturesque bridges and artisan shops.

夕暮れ前には、温泉街として有名な城崎に到着しました。この街は、小さな街がもつ魅力であふれていました。淡い色の夕焼けを背景に行きかう浴衣の柄や水路の向こうで揺れいるしだれ柳、まるで絵のように美しい橋や店先にならぶ職人たちの店に、私は圧倒されました。

The Kamatani River
Kounotori statue
Oriental White Stork
Kounotori water
At the hiking path
Kinosaki

Hyōgo Park Of The Oriental White Stork

128, Nigatani, Shounji, Toyooka, Hyōgo Prefecture, 668-0814, Japan

兵庫県立コウノトリの郷公園 

〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ケ谷128