Niemonjima – 仁右衛門島

Chiba, April 千葉 4月

Our boss’s wife Kumi took me, Kochan and Kanchan, AKA The Noisy Boys, to a road trip, and we dashed through beautiful mountainous landscapes. Our first stop was at the Marine Restaurant Seagull, which was a mixture of Italian food and Japanese atmosphere; we had lunch inside a tatami matted private room. 

上司の奥様の久美さんが、私と、コウちゃんとカンちゃん(通称 ”Noisy Boys”)をドライブに連れて行ってくれました。車は美しい山の景色を走り抜けました。はじめに、和風の空間でイタリア料理を提供しているマリンレストラン・シーガルを訪れました。私たちは屋内の畳の敷かれた個室で昼食を食べました。

Kumi kept driving until we arrived at the seashore where we parked the car and continued by foot. On the dock was a small rowing boat and two old men, who took us to our destination: Niemonjima. The island was breathtaking, full of bird singing and exotic flowers but none visitors; we were the only ones.

久美さんは海岸まで運転してくれて、車を停めてそこから歩きました。船着場には手漕ぎのボートと2人の年配の男性がいて、私たちを仁右衛門島まで連れて行ってくれました。島は、鳥のさえずりと外来の花がいっぱいで、目を見張るようでした。私たち以外に来ている人はいませんでした。

We criss-crossed the landscape, walked on the rocky shore and dived inside lush jungle-like vegetation. Here and there were small eye-catchers: a big rock with carved poem on it, a stone statue or weathered shrine. On the island was also a gift shop where we could buy some souvenirs, like postcards and a fishing net.

岩の多い海岸を歩いたり、ジャングルのような豊かな植生の中に身を委ねたり、島を縦横に移動しました。あちこちにちょっと気になるものがありました。詩が彫られた大きな岩、石像、風化した神社などです。島にはみやげ物屋もあって、ポストカードや漁網などが買えました。

Niemonjima Island; view to the main land

Marine Restaurant Seagull

598−1 Isumi, Otaki, Chiba, 298-0212 Japan

Niemonjima Island

445 Taikaihama, Kamokawa, Chiba, 299-2863 Japan

仁右衛門島

〒299-2863 千葉県鴨川市太海浜445

マリンレストラン、シーガル

〒298-0212 千葉県夷隅郡大多喜町 猿稲598−1