The Golden Pavilion – 金閣寺

Kyoto, April京都、4月

We made a day trip to Kyoto with Otoosan and Chihiro. The drive took about an hour from Osaka, but it’s very easy to travel by train as well. The temple’s official name is Rokuon-ji, Deer Garden Temple, but a more popular name for it is Kinkaku-ji, The Golden Pavilion. Rokuon-ji and its magnificent strolling garden are one of Kyoto’s most admired spots, but luckily there were not too many people present.

私たちはお父さんとチヒロと一緒に京都へ日帰り旅行に行った。ドライブは大阪からおよそ1時間かかったが、電車でもとてもかんたんに行くことができる。そのお寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)だが、金閣寺(きんかくじ)という名前で広く知られている。鹿苑寺とその壮麗な回遊式庭園は京都における歴史の長い名所のひとつだが、ラッキーなことにあまり多くの人はいなかった。

The original temple built in 1397 has been destroyed by fire started by one of the temple’s acolytes. Japanese author Yukio Mishima’s novel The temple of the Golden Pavilion (1959) loosely follows the actual events. Kinkaku-ji was restored in 1955.

原型となったお寺は1397年に建てられたが、修行僧のひとりによって起こされた直近の放火が原因で焼失した。日本の作家、三島由紀夫の小説『金閣寺(1959年)』はその実際の出来事が題材になっている。金閣寺は1955年に再建された。

Our next attraction was Ryōan-ji, maybe the most famous rock garden of Japan. Kare-sansui, a dry garden, made from carefully combed gravel and stones, it’s more a view than an actual garden. Commonly the sand is a symbol for the water and the rocks its islands, although it’s not clear what this particular arrangement represents. It might be tigers crossing a stream or the abstract concept of infinity. Either way, kare-sansui can help to clear one’s head while practising meditation. This plain sight left us with a relaxed feeling.

私たちの次なるお目当ては龍安寺だった。そこは日本で最も有名な石庭だろう。枯山水とは砂利と石材に注意深く砂紋を引くことで作られるドライガーデンで、実際に歩いて回る庭園というよりも眺める景色である。この特定の配置が何を表すのか定かではないが、一般的に砂は水を、岩石は島々を象徴する。虎たちが川を渡る姿か永遠という抽象的な概念を表現しているのかもしれない。いずれにせよ枯山水の眺めは瞑想の練習中の頭を空っぽにする助けになり、私たちの心を穏やかにしてくれた。

Sosei Kiosk above the mirror pond
Gardeners at their work
Chihiro and Otoosan
Ryōan-ji

Kinkaku-ji

1 Kinkakuji-cho Kita-ku, Kyoto, Japan

Ryoan-ji

13, Ryoanji Goryonoshitacho, Ukyo-ku, Kyoto, 616-8001 Japan

金閣寺

〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1

龍安寺

〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13