Mobara Peony Garden – 茂原牡丹園

Chiba, April千葉 4月

61-year-old Jinpuu senior Endo and I spent a delightful day amid huge flowers at their fullest bloom. After an unfortunate flat tire we arrived at the magnificent peony garden, and for once the weather was perfect. For me this was truly a rare experience; this garden is something you cannot see in everyday life, at least if you live in Finland.

(株)仁風の先輩で61才の遠藤さんと私は、満開を迎えた花々に囲まれて楽しい一日を過ごしました。タイヤパンクの不運の後、私たちは素晴らしい牡丹園に到着しました。その日の天気は最高でした。私にとって、本当に珍しい体験になりました。少なくともフィンランドに住んでいれば、日常生活では目にすることのない庭園です。

I love old buildings, so that was another reason why I enjoyed this garden so much; their super-charming thatched-roofed farmhouses from the Edo era! It makes all the difference, the balance of the garden and its untouched harmony. The gorgeous peony flowers were under waxed paper parasols because of the strong sunshine, and that made the garden look even more beautiful.

私は古い建築物が大好きなので、この庭園をずいぶん楽しめたもう一つの理由は、そこに江戸時代に建てられたとても魅力的な茅葺屋根の農家があったことです!建物が古いか新しいかでは大きく違い、古い建物は庭園のバランスと手付かずの調和を生み出します。日差しが強いので、牡丹にはワックスが塗られた和傘が差してありました。それで庭がいっそう美しく見えました。

The garden is open only a short period between the end of April and the beginning of May when the Peony’s are blooming. They also have a lot of other interesting plants, trees and flowers, for example Davidia involucrata, Dove tree (or Handkerchief tree).

庭園は、牡丹の咲く4月中旬から5月上旬の短い期間だけ公開されています。庭には他にも興味深い植物や木や花がありました。例えばダヴィディア。日本ではハンカチの木、幽霊の木(英語では他に鳩の木など)と呼ばれている木です。

After the serene garden visit we had lunch; Endo took me to eat unagi, eel, which we both love.

のどかな庭園を訪問した後は、遠藤さんの案内で、二人とも好きなうなぎを食べにランチに行きました。

At the entrance
Endo
The garden’s restaurant
Unagi

Mobara Peony Garden

210 Yamasaki, Mobara, Chiba, 297-0061, Japan

茂原牡丹園

〒297-0061 千葉県茂原市山崎210