Niemonjima – 仁右衛門島

Chiba, April 千葉 4月

Our boss’s wife Kumi took me, Kochan and Kanchan, AKA The Noisy Boys, to a road trip, and we dashed through beautiful mountainous landscapes. Our first stop was at the Marine Restaurant Seagull, which was a mixture of Italian food and Japanese atmosphere; we had lunch inside a tatami matted private room. 

上司の奥様の久美さんが、私と、コウちゃんとカンちゃん(通称 ”Noisy Boys”)をドライブに連れて行ってくれました。車は美しい山の景色を走り抜けました。はじめに、和風の空間でイタリア料理を提供しているマリンレストラン・シーガルを訪れました。私たちは屋内の畳の敷かれた個室で昼食を食べました。

Kumi kept driving until we arrived at the seashore where we parked the car and continued by foot. On the dock was a small rowing boat and two old men, who took us to our destination: Niemonjima. The island was breathtaking, full of bird singing and exotic flowers but none visitors; we were the only ones.

久美さんは海岸まで運転してくれて、車を停めてそこから歩きました。船着場には手漕ぎのボートと2人の年配の男性がいて、私たちを仁右衛門島まで連れて行ってくれました。島は、鳥のさえずりと外来の花がいっぱいで、目を見張るようでした。私たち以外に来ている人はいませんでした。

We criss-crossed the landscape, walked on the rocky shore and dived inside lush jungle-like vegetation. Here and there were small eye-catchers: a big rock with carved poem on it, a stone statue or weathered shrine. On the island was also a gift shop where we could buy some souvenirs, like postcards and a fishing net.

岩の多い海岸を歩いたり、ジャングルのような豊かな植生の中に身を委ねたり、島を縦横に移動しました。あちこちにちょっと気になるものがありました。詩が彫られた大きな岩、石像、風化した神社などです。島にはみやげ物屋もあって、ポストカードや漁網などが買えました。

Niemonjima Island; view to the main land

Marine Restaurant Seagull

598−1 Isumi, Otaki, Chiba, 298-0212 Japan

Niemonjima Island

445 Taikaihama, Kamokawa, Chiba, 299-2863 Japan

仁右衛門島

〒299-2863 千葉県鴨川市太海浜445

マリンレストラン、シーガル

〒298-0212 千葉県夷隅郡大多喜町 猿稲598−1

Bus Tour 2: Boso no Mura – バスツアー2:千葉県立房総のむら

Chiba, March千葉 3月

Our next stop was Boso no Mura, which is an open-air museum with its historic buildings and craft workshops. Dated back to Edo Period, Boso Village is the perfect example of the era and its lifestyle; unpaved streets with beautifully aged wooden merchant houses and tea shops along the sides.

次は千葉県立 房総のむらに向かいました。歴史的な建築物や工芸のワークショップがある野外博物館です。房総のむらは江戸時代の様子や生活様式を完璧に再現しています。美しく年を経た木造の商家や茶店が未舗装の道路に並んでいます。

The village is a great place for a person who is interested to learn about Japanese culture and history and its disappearing heritage as well. Boso no Mura has a lot of different activities visitors can take part: paper and tatami mat coaster making, tea ceremony and blacksmithing.

日本の文化や歴史、失われつつある遺産などに興味のある人には、すばらしい場所です。房総のむらではいろいろな参加型イベントが行われていました。紙と畳を使ったコースター作り、茶の湯、鍛冶仕事などです。

Ishikawa, the bamboo fence master of Jinpuu, had studied the craft in Boso no Mura, and he shared his experiences in the bus. The village was our last attraction, but when the bus reached Chiba City, we ended our night at karaoke parlour.

(株)仁風の竹柵作り名人の石川さんは、房総のむらで工芸を学んだことがあり、その時の経験をバスで話してくれました。房総のむらがツアーの最後の目的地でしたが、私たちは千葉市に戻ってから、カラオケで夜を過ごしました。

Chiba Prefectural Administration Building during 1800-1911
Bamboo fence class
Karaoke parlour

Boso no Mura

1028 Ryukakuji, Sakae, Inba, Chiba, 270-1506, Japan

千葉県立房総のむら

〒270-1506 千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

At the Temple – お寺にて

Chiba, March千葉 3月

This charming place was my ultimate dream-come-true work site! And not only for its serene beauty but also for our tea and lunch breaks; the treats provided by the head priest and restaurant Chao were an everyday joy for us.

この素敵な場所は、私の夢が叶った最高の仕事場でした。のどかで美しいのは当然のことながら、住職さんが出してくれるお茶やおやつ、レストラン「茶緒」でのランチの時間も、毎日の楽しみでした。

The Fukujuin Temple had recently undergone massive changes: the old temple was now unoccupied and all the action was at the brand new buildings. Thus now was time to update the garden; we made several bamboo fences, planted hedgerows, and groomed the old pine trees of the yard.

福壽院は最近、大規模に改変されました。古いお寺は今は使われておらず、法事や行事は全て新築の建物で行われていました。庭園を改装するのにはちょうど良いタイミングです。私たちは竹垣を作り、生け垣を植えて、古い松の木の手入れをしました。

Every day the head priest served us tea, and Ogiu, Ishikawa and I enjoyed it on the temple’s wooden steps. The place had a magical atmosphere; the old temple with its detailed wood carvings stood on a small hill under a giant cherry tree, stone statues guarded the garden buried with soft moss. Some days we could hear the owl’s cries from the bamboo grove.

荻生さんと石川さんと私は、住職さんが毎日出してくれるお茶を、お寺の木造の階段に座って味わいました。その場所は神秘的な雰囲気を纏っていました。細かな木彫が施された古いお寺は小さな丘の上に建っていて、それを大きな桜の木が覆っていました。柔らかい苔に包まれた庭園は、石の像が守っていました。竹林からはフクロウの鳴き声が聞こえてくる日もありました。

Tea time
The old temple
The new temple
New fence and lawn
New fence and plants
The old temple’s garden
New fence and lawn
The rope details
Chao

Fukujuin Temple

694, Kawadocho, Chuo Ward, Chiba, 260-0802 Japan

Chao

2512, Oyumicho, Chuo Ward, Chiba, 260-0813, Japan

福壽院

〒260-0802 千葉県千葉市中央区川戸町694

茶緒

〒260-0813 千葉県千葉市中央区生実町2512

Kawamura Memorial DIC Museum’s Park – DIC川村記念美術館の公園

Chiba, March3月 千葉

We had to postpone hanami because of the rain and go for indoor activity instead; Mai, Yamamoto, Endo, Ishikawa and I headed to the Kawamura Memorial DIC Art Museum. For garden maniacs, this can be especially interesting because of its location. All around the building is greenery: not just forest but 10 hectare park area with its green lawns, pond and flower gardens.

雨天のために花見を見合わせて、代わりに屋内で楽しめる施設に行くことにしました。麻衣さん、山本さん、遠藤さん、石川さんと一緒にDIC川村記念美術館を目指しました。ロケーションがユニークで、庭園マニアには特に面白い場所です。建物の周りはすべて緑に覆われています。森林だけでなく、緑の芝生、池、花の庭園がある10ヘクタールもの大きな公園です。

The park’s 250 cherry trees were almost in full bloom, and when the rain eased, we could enjoy the scenery. This park – like many others in Japan – is a perfect place to visit during all seasons; there are always different flowers blossoming, and not to mention the autumn foliage.

公園の250本の桜はほぼ満開で、雨がおさまると景色を楽しむことができました。日本の各地の公園と同様に、この公園も四季を通じて楽しむことができます。秋の紅葉は言わずもがな、季節ごとに違う花が見頃を迎えます。

We ended our tour at Italian restaurant Belvedere, where Endo bought us lunch; he was joyful because of the recent bonuses from Jinpuu, and Kikuchi also paid our museum fees.

最後にイタリアンレストラン「ベルヴェデーレ」で遠藤さんにごちそうになりました。遠藤さんは(株)仁風からボーナスが支給されたばかりで嬉しそうでした。美術館の入場料は菊池さんが出してくれました。

At the Belvedere

Kawamura Memorial DIC Museum of Art

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-8505 Japan

Belvedere

631, Sakado, Sakura, Chiba, 285-0078

DIC川村記念美術館

〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631

ベルヴェデーレ

〒285-0078 千葉県佐倉市坂戸631 dic川村記念美術館敷地内

Mobara Park – 茂原公園

Chiba, March3月 千葉

This park is one of Japan’s 100 best places to experience sakura. My timing obviously wasn’t the best; when I visited the park, only two of their 2 850 cherry trees were blooming. But the bright side was that there was only me and four or so other people far on the horizon enjoying it.

茂原公園は、日本の桜の名所100選に選ばれた公園です。私が訪れた時は、2850本の桜のうちたった2本しか咲いておらず、見頃にはほど遠いタイミングでした。でも公園には私と遠く離れたところの数人しかいなかったので、穏やかな時間を楽しむことができました。

Even without the cherry blossoms there is a lot to see; the serene Lake Benten with its carps, lazy turtles and various birds, cinnabar-red lacquer bridges, early spring flowers and enough benches to study them or just to sit and relax.

桜以外にも見どころの多い公園です。鯉が泳ぐ穏やかな弁天湖、のっそりした亀、様々な鳥たち、朱色の漆塗りの橋、春先の花々とそれを観察できるベンチもそこかしこに。ただ座ってくつろぐだけでもいいでしょう。

The landscape is versatile; you can walk around and over the lake, or have more intensive hike through the paths on the hills. From the top of the hill opens a nice bird’s-eye-view to the park and the surrounding residential area.

公園ではいろんな風景を楽しむことができます。湖の周囲を歩いたり、橋を渡ったり、丘の小道をハイキングするのもオススメです。 丘の上からは、公園と周辺の住宅街を眺めることができます。

The Bentendou
The hiking path climbs high on the hills

Mobara Park

1325-1 Takashi, Mobara, Chiba, 297-0029 Japan

茂原公園

〒297-0029 千葉県茂原市高師1325-1

Escaping winter to Gran Canaria 2 – グラン・カナリア島へ逃避する冬 2

Spain, Januaryスペイン 1月

We took a water taxi from Arguineguín to Puerto del Mogan; once again we were lucky, and the boat was completely empty. The ride took a little over an hour, and we could admire the rocky island from the sea. When we arrived at the town, we wandered through its narrow alleys until it was time to eat lunch. From Puerto del Mogan to Playa del Cura we traveled by bus. It was a wild experience; the driver sped full speed on the narrow serpentine road which squirmed at the hillside.

アルグイネグインから水上タクシーでプエルト・デル・モガンに向かいました。再び運良くボートは貸し切りでした。船旅は1時間強で、岩の多い島を海から眺めることができました。着いた街では、昼食まで狭い路地を探検しました。プエルト・デル・モガンからプラヤ・デル・クーラまではバスを使いましたが、うねうねと丘の中腹を登る曲がりくねった狭い道を、運転手が全速で走らせるので、それはもうワイルドな体験でした。

Keen to explore the island’s unfamiliar flora and fauna, we headed for the Botanical Garden of Maspalomas. The garden was free, and we had a nice picnic there amid colourful butterflies, flowers, cactuses and birds. Short distance from there was Maspalomas beach and the sand dunes, so we visited them as well. The dunes are protected Nature Reserve Space.

島特有の馴染みのない動植物を探索したくて、マスパロマス植物園に向かいました。入場料は無料で、私たちは色とりどりの蝶、花、サボテンや鳥に囲まれてピクニックを楽しみました。近くのマスパロマス・ビーチと砂丘も訪れました。この砂丘は自然保護区に設定されています。

The boat trip to Puerto del Mogan
Parque Botánico De Maspalomas
Playa de Maspalomas beach

Parque Botánico De Maspalomas

Av. Touroperador Neckermann, 2, 35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Playa de Maspalomas Sand Dunes

35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Escaping winter to Gran Canaria 1 – グラン・カナリア島へ逃避する冬 1

Spain, Januaryスペイン 1月

The Canarian Islands have the perfect winter time weather for Scandinavians; the temperature during daytime is around 20 degrees. The islands are very popular among Finnish, Norwegian and German retired citizens. We too like the quiet life, nature, fresh fruits and seafood. 

冬のグラン・カナリア島の日中の気温は約20℃。北欧の人にとって最高の気候です。この島はとりわけフィンランド人、ノルウェー人、ドイツ人にとても人気があります。私たちも島の静かな生活、自然、新鮮なフルーツやシーフードを気に入っています。

We rented a flat with a kitchen and a big balcony from peaceful Playa del Cura. Every day we walked nearby marketplace, where we bought a lot of delicious organic fruits: oranges, pomegranates, grapes, avocados, papayas, coconuts and melons. Lunches and dinners we ate at local restaurants, which menus were full of seafood; our favourite dish was fishplate with Dover sole, swordfish, salmon and squid with salad and Canarian potatoes.

静かなプラヤ・デル・クーラで、キッチンと大きなバルコニーのあるアパートを借りました。毎日、近くのマーケットに歩いて行って、オレンジ、ざくろ、ぶどう、アボカド、パパイヤ、ココナッツ、メロンなど、たくさんのオーガニック・フルーツを買いました。お昼と夜は地元のレストランで食事をしました。海鮮料理のメニューが多く、中でも私たちが気に入ったのは、ヨーロッパソール(カレイの仲間)、メカジキ、サーモン、イカ、それにサラダとカナリアポテトが添えられたフィッシュプレートです。

At the evenings we watched the sunset and enjoyed our balcony. Playa del Cura resembled amphitheater: the surrounding hills were filled with buildings, and in the opposite was the sea. Our flat was high on the hill, and we had a beautiful view. We also had a new friend, when Eurasian collared dove visited our balcony to eat some breadcrumbs.

夕方はバルコニーで夕日を眺めました。プラヤ・デル・クーラは円形劇場に似ていました。周囲の丘には建物が密集していて、その反対側には海が広がっていました。私たちのアパートは丘の高いところにあって、良い眺めでした。ベランダにはシラコバトがパンくずを食べに来るようになって、新しい友だちができたようでした。

Playa del Cura
The marketplace
The food was excellent and cheap

Tomorrow’s Forest – 明日の森

Aomori, July青森 7月

I purchased the JR East rail pass from Haneda Airport, and I hopped to a Shinkansen from Tokyo Station; this time my destination was Aomori Prefecture. After almost three hours of train traveling, I arrived at Hachinohe. Next morning a local train took me to Ottomo Station, where I met my host, Yuki.

私は羽田空港でJRイースト・パスを買って、東京駅から新幹線に乗りました。今回の目的地は青森県です。およそ3時間で八戸市に着きました。翌朝、ローカル線で乙供駅まで行き、そこでホストファミリーの勇気と落ち合いました。

My first impression of Aomori was pleasant; not too hot, but perfect summer weather. We arrived at Ashita No Mori and Yuki introduced the place. He lived there by himself with a cat, Akaminto. Soon we got company; Bilig from Philippines started his summer job, and also Yuki’s friend Kishi from Tokyo arrived.

青森は暑すぎず、ちょうどいい夏の気候で、第一印象は快適でした。「明日の森」に着いてから、勇気がどんな場所か紹介してくれました。彼は猫のアカミントと暮らしていましたが、まもなくビリグがフィリピンから出稼ぎにやって来て、勇気の友だちの岸さんも東京から到着して、賑やかになりました。

It was time to have my first Japanese hot spring experience; in the evening we went to Tohoku Onsen, which was near Ottomo Station. The onsen was exceptional because of its mineral-rich black water. I was nervous, jet lagged and the only woman in our group, so I had to enter the spa area by myself. The water was hot and very relaxing; a perfect way to end a day.

夜、みんなで乙供駅近くの「東北温泉」に行きました。この時、私はついに日本の温泉を初体験することになったのです。ここの温泉はミネラルが豊富な黒い水が特徴です。私は時差ボケがあった上に、一緒に来たみんなは男性で一人で温泉に入らなければいけなかったので、ドキドキしていましたが、水は熱くて、とってもくつろげて、一日の締めくくりには最適でした。

Ashita No Mori had guests almost every evening; Modashi, a local musician, sculptor and scientist was a regular visitor, but also other people who were interested in this kind of alternative lifestyle. Together we planted trees, worked at the field and in the greenhouse. Every night ended with some live music at Modashi’s lead.

「明日の森」には毎晩のように来客がありました。地元のミュージシャンで彫刻家で科学者でもある萠出さんは常連客。他には「明日の森」のような新しいライフスタイルに興味のある人達が訪れました。私たちは一緒に木を植えたり、畑仕事をしたり、温室で植物の世話をしたりしました。いつも夜は、萠出さんのリードでライブになりました。

Kishi and I went hiking at Asamushi Onsen Forest Park, which is one of Japan’s top 100 best places to take shinrin-yoku, a forest bath. The 10 kilometre hiking route was hard; it felt like rainforest, and we were soaked wet from the first climb. This was my first time to experiencing a hot and humid Japanese summer.

岸さんと一緒に浅虫温泉森林公園にハイキングに行きました。日本の「森林浴の森100選」に選ばれた場所です。10kmのハイキングコースはハードでした。まるで熱帯雨林の中にいるようで、最初の登山でもうびしょ濡れになってしまいました。日本の蒸し暑い夏を経験したのはこれが初めてでした。

They presented the original, black and white Godzilla at the Aomori Korona Cinema World, so Kishi and I went to watch it. The ‘Gojira‘ had its premiere in 1954 and was topical again because of the power plant accident at Fukushima. There were no English subtitles, but Kishi explained the plot to me while watching.

青森コロナシネマワールドで初期のモノクロの「ゴジラ」が上映されていて、岸さんと一緒に観に行きました。1作目の「ゴジラ」は1954年に製作されましたが、福島の原発事故の際に再び脚光を浴びています。英語の字幕がなかったので、岸さんが合間合間にストーリーを説明してくれました。

Kishi planting onions at the greenhouse
My cabin
Inside the cabin
Yuki and the next-door neighbor at the field
Kishi checking the cow at the Namiki Gelato
Beach near Asamushi-Onsen and Yuno Island
The 1954 Gojira poster
At the Tohoku Onsen
Hiroshi, Yuki, Bilig and Modashi: farewell at the train station

Ashita No Mori

Nakamuramichinokami, Tohoku, Kamikita District, Aomori, 039-2611, Japan

明日の森

〒039-2611青森県上北郡東北地方中村道の神

Tohoku Onsen

21-18 Kamisasabashi, Tohoku, Kamikita District, Aomori 039-2661, Japan

Asamushi Onsen Forest Park 浅虫温泉森林公園

Sakamoto Asamushi, Aomori, Aomori, 039-3501, Japan

東北温泉

〒039-2661 青森県上北郡東北町字上笹橋21-18

Hyōgo Park of the Oriental White Stork – 兵庫県立コウノトリの郷公園

Toyooka, April豊岡市にて、4月

On my day off I headed to see some huge birds; the Oriental white stork is also the prefectural bird of the Hyōgo Prefecture. The city of Toyooka is 70 kilometres from Ichijima, which takes less than two hours by train. The weather was magnificent, so instead of taking a bus from the station, I decided to go on foot. The 5 kilometre walk took almost an hour, and because of the stork signs, it was impossible to go wrong.

休みの日に、兵庫県の県鳥であるコウノトリを見に私は豊岡市へ向かいました。豊岡市は一島から70kmほどで、電車では2時間もかからない距離です。天気はこれ以上ないほど良好だったので、駅からバスには乗らず、歩くことを決めました。5kmの散歩はおおよそ1時間でしたが、道端にあるコウノトリの標識のおかげで、迷わずに行きつくことができました。

The Hyōgo Park of the Oriental White Stork’s main purpose is to restore the oriental white stork to back to its original habitation. They try to do this by organic farming; traditional farming methods bring the biota like frogs, snakes and crayfish back to the fields for storks to eat. Also, when cultivating rice fields the traditional way, the land is underwater longer, and this is crucial for the ecosystem. In Japan, the last wild population of kounotori was extinct in 1971. The park’s hard work was rewarded in 2007; after 43 years, the chicks fledged successfully in the wild.

公園の主な目的は、コウノトリを公園から自然の素の生息地にかえすことです。その方法として、有機農法や、コウノトリが餌とするカエル・ヘビ・ザリガニを自然に戻す伝統的な農法が取られています。伝統的な農法で水田を耕作する場合には、地面が水に浸かる時間が長くなり、このことは生態系のことを考えるととても重要なことです。日本では、1971年に最後の野生のコウノトリが絶滅しましたが、人々の努力がその後の2007年に報われました。絶滅から43年後にして、コウノトリのヒナが自然へと無事に放たれました。

As I arrived at the park, the big birds were sleeping under the trees behind a low fence. At the feeding time, more of these mighty birds came and circled above our heads; their prehistorical shrieks echoed from the mountains. Oriental white stork’s wingspan is over two meters, so they were a majestic sight. Kounotori is characterised as a national treasure of Japan.

公園につくと、大きな鳥たちは低いフェンスの後ろ側でねむっていました。餌の時間になると、どこからか多くの鳥たちが私たちの頭の上を旋回し、先史時代から存在している彼らの鳴き声が山にこだましていました。コウノトリの翼は、広げると2メートルを超え、その景色は雄大でした。そんなコウノトリは、日本の国宝とされています。

There was also a hiking route which squirmed at the nearby hill, an exhibition center about the birds, and a shop full of stork items and groceries. I hiked the deserted path and its dry and rocky trail, lizards sleeping on the warm stones, until I stepped under the deep-green foliage of the forest.

また、近くの丘にはハイキングルートがあり、鳥に関する展示センターやコウノトリのグッツや日用品がならんだお店がありました。森の深い緑の葉の下に足を踏み入れるまで、私は人気のない道や、トカゲが岩の上で眠っていた乾いた岩の多い道を歩きました。

Before dusk I arrived at Kinosaki, the famous hot spring town. The place was full of overwhelming small-town charm on a pastel-coloured background: people in their patterned yukatas, the weeping willows leaning over the canal, picturesque bridges and artisan shops.

夕暮れ前には、温泉街として有名な城崎に到着しました。この街は、小さな街がもつ魅力であふれていました。淡い色の夕焼けを背景に行きかう浴衣の柄や水路の向こうで揺れいるしだれ柳、まるで絵のように美しい橋や店先にならぶ職人たちの店に、私は圧倒されました。

The Kamatani River
Kounotori statue
Oriental White Stork
Kounotori water
At the hiking path
Kinosaki

Hyōgo Park Of The Oriental White Stork

128, Nigatani, Shounji, Toyooka, Hyōgo Prefecture, 668-0814, Japan

兵庫県立コウノトリの郷公園 

〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ケ谷128

The Hashimoto Organic Farm – 橋本有機農園

Ichijima, April市島 4月

This was my first time to WWOOF; back in Finland, I joined WWOOF Japan, and via their website introduced myself to the Hashimoto family. The World Wide Opportunities on Organic Farm is functioning in many countries, and it’s a convenient way to experience unique country life.

初めてWWOOFを経験しました。フィンランドに戻ってから、私はWWOOFジャパンに登録し、そのサイトを通して橋本有機農園と知り合いました。World Wide Opportunities on Organic Farms「世界に広がる有機農場での機会」は世界中に事務局が設置されています。少し変わった田舎の生活を体験するには便利な方法です。

I worked five days a week for eight hours per day. First task in the morning was to take care of the chickens; I fed them and collected the eggs. Rainy days I worked at the greenhouse, but mostly I spent my time at the rice paddy. It was hard work, and I learned to respect rice in a whole new way.

農園では1日8時間、週に5日間働きました。まず朝はニワトリの世話をします。餌をやって、卵を拾いました。雨の日は温室で仕事をしましたが、だいたいは田んぼで過ごしました。米づくりは大仕事です。私のお米に対する見方はすっかり変わり、尊敬の念が深まりました。

My hosts Keiko and Shinji were a friendly couple, and they made me feel very welcomed. Shinji used to live abroad, so he spoke perfect English. It was a busy time for farmers, but still he practised karate every morning. On the last day, Keiko gave me her mother’s old kimono and obi as a gift. Next summer, when Chihiro came to Finland, she helped me to wear it, and I could send a picture to Keiko, like I promised.

ホストの慎司さんとけいこさんは優しい夫婦で、私を快く受け入れてくれました。慎司さんは以前海外に住んでいたこともあり、英語は堪能でした。農園は多忙な時期でしたが、それでも慎司さんは毎朝空手の稽古をしていました。最終日、けいこさんがお母さまの古い着物と帯をプレゼントしてくれました。そして翌年の夏、千尋がフィンランドに来た時に、私にその着物を着付けてくれて、ついにけいこさんに約束の写真を送ることができました。

Shinji and Keiko Hashimoto
Ichijima
A rice paddy
Making the rice paddy
The water channel
The greenhouse
The chickens
The temple
The view from the temple
The guardian
The badger
Sho, the kimono and Chihiro

The Hashimoto Organic Farm

271 Ichijimacho, Shimokamosaka, Tamba, Hyōgo, 669-4343, Japan