Back to saddle 2 – 再びサドルへ その2

Germany, Julyドイツ 7月

Eager to pedal, we started a bit too fast; after 315 kilometres in four days we really needed a day off. We stayed in Lüneburg, left our bikes at the hotel and let our bums rest. It was a good time to wash some clothes as well. The next day we hopped back to saddle, and the journey continued through forest roads.

ペダルを漕ぐのに夢中で、初速が少し速すぎたようです。4日間で315km走ったあと、丸1日休みを取らずにはいられませんでした。リューネブルグに泊まって、自転車をホテルに置いて、お尻を休ませました。洗濯するのにも良い日になりました。翌日はまた自転車に乗って、森を抜けて旅を続けました。

No sign of rain, but now the weather got hot; the temperature was over 30 degrees, and the sun shone from the clear sky the whole day. We had to carry more water with us and make more pit stops. Still, I was in big trouble, felt nauseous and weak. Luckily we arrived at Vaalermoor at my cousins’ home, where we stayed for a few days. There was a magnificent thunderstorm at night, and then the weather was cooler again.

雨の降る気配は無いものの、ずいぶん暑くなってきました。気温は30℃を超えて、快晴の空から一日中太陽が照りつけました。運ぶ水の量が増えて、自ずとトイレ休憩も増えました。困ったことに私は吐き気を感じていて、力が出ませんでした。運良くヴァーラムーアの従兄弟の家にたどり着くことができ、そこに数日間滞在しました。夜に猛烈な雷雨があり、気候はまた涼しくなりました。

We rested four days before we had to get back; we cycled to Büchen, from where we took a train to Berlin. After 3,5 hours, we arrived in the city, and our bicycle tour was over.

4日間休んで、帰路につきました。ビューヘンまで自転車を漕いで、そこから電車でベルリンに向かいました。3時間半で街に着いて、私たちのサイクルツアーは終わりました。

Our route: Berlin – Nauen – Kletzke – Lenzen – Lüchow – Deutsch Evern – Lüneburg – Rosengarten – Buxtehude – Stade – Wischhafen – Glückstadt – Vaalermoor – Norderstedt – Büchen. 

私たちのルート:ベルリン → ナウェン → クレッツケ → レンゼン → リューホフ → ダッチ イーヴァン → リューネブルグ → ローズンガーテン → ブクステフーデ → シュターデ → ヴィシュハーフェン → グリュックスタット → ヴァーラムーア → ノルダーシュテット → ビューヘン

The journey took 12 days from which we rested 4, and we cycled 597 kilometres.

12日間の旅のうち、休みは4日間で、全走行距離は597kmでした。

Lüneburg
Stade

Back to saddle 1 – 再びサドルへ その1

Berlin, Julyベルリン 7月

This time we started our bike tour from Berlin, and the concept was the same; we rented the bicycles from there and made no hotel reservations in advance. Lika always, we navigated by using the HERE WeGo application, which uses offline maps. With this handy app we had found many far more interesting routes than just the main roads.

今回はベルリンからサイクリング開始です。コンセプトはこれまでと同じで、現地で自転車を借りて、事前にホテルの予約はしません。私たちはネットがなくても地図が見られる HERE WeGo というナビを愛用しています。この手軽なアプリのおかげで、主要な道路以外のもっと面白いルートを見つけることができます。

When it was time to find a hotel, we noticed that in Nauen there wasn’t any. The next one, Landhaus Börnicke, was 10 kilometres away, but luckily they had vacant rooms. The place was like from a fairytale; beautiful old building, flowers, farm animals, a pond and a restaurant in the middle of forests. The next night we stayed in a small village of Kletzke. When the guest house’s staff left home, we were the only persons at the building. In the morning they came back and fed us.

ナウェンで、いざホテルを探そうという段になって、空いているホテルが無いことに気が付きました。次の街ラウンドハウス ベルニッケまでは、まだ10kmありましたが、ラッキーなことに空き室を見つけることができました。森の真ん中にある美しい古い建物、花、家畜、池、レストラン、どれをとってもおとぎ話のような場所でした。次の夜はクレッツケの小さな村に泊まりました。スタッフが帰宅してからは、宿には私たち二人だけでした。朝になってスタッフが戻ってきて、食事を用意してくれました。

The weather was great, and we pedaled through country roads lined with trees full of plums, apples and pears, like in paradise. When we arrived at Lüchow, we had to ask four hotels before we found room; then we made exception and booked the next hotel in advance.

今回は天気は最高でした。まるで楽園のようにたわわに実るプラム、りんご、洋梨の並木に沿って、田舎道を走りました。リューホフに着いてからは、4件目でようやく空き室が見つかりました。そしてその時は特別に、次のホテルを事前に予約することにしました。

Landhaus Börnicke
Their charming garden and cottage
We were the only customers of the guesthouse in Kletzke
Lenzen

Landhaus Börnicke

Grünefelder Str. 15, 14641 Nauen, Germany

Kiel Canal by bicycle 2 – キール運河 自転車旅 その2

Schleswig-Holstein, Juneシュレースヴィヒ=ホルシュタイン 6月

Rain and thunderstorms followed us through the Kiel Canal, so when the sky finally cleared, we were beyond happy. The canal is 98 kilometres long, and it unites the Baltic Sea to the North Sea. The NOK Cycling Route is 320 kilometres long, and there are several ferry rides across the water. We didn’t follow the NOK route the whole way, so for us it took three days from Kiel to Büsum.

キール運河を走っている間、ずっと雨と雷がついて回っていて、ようやく空が見えた時は本当に嬉しかったです。全長98kmの運河はバルト海と北海を結んでいます。NOK(Nord-Ostsee Kanal、北海バルト海運河)サイクリングルートは320kmですが、途中でいくつか運河を渡すフェリーがあります。私たちはNOKサイクリングルートを全て走ったわけではなく、キールからビューズムまでは3日かかりました。

Büsum was a great seaside town, where we stayed for one night; we find the North Sea with its high and low tide quite fascinating, because our Baltic Sea doesn’t have them. It was like a miracle, we could walk a long way to the sea during low tide, and when we came back to the beach after dinner, there was water again.

ビューズムは素晴らしい海辺の街でした。私たちはそこで一泊しました。北海には、バルト海には見られない潮の満ち引きがあって、とても魅力的でした。干潮時には海までの長い道のりを歩くことができたのに、夕食後にビーチに戻ったときは、また水が戻ってきていました。それはまるで奇跡のようでした。

Once again there was a thunderstorm when we pedaled from Büsum to Burg (Dithmarschen). Now the weather was cold, so we had to stop and wait; fortunately there was an awesome restaurant by the canal: Burger Fährhaus. We crossed the canal from the restaurant’s yard and headed for Vaalermoor to visit my cousins.

ビューズムからブルグ(ディトマルシェン)に向かって走った時は、また雷雨でした。寒くなってきていました。運良く、運河のそばにBurger Fährhausという素晴らしいレストランがあって、しばらく雨宿りをすることにしました。 そしてレストランの庭から運河を渡り、ヴァーラムーアに住む従兄弟の元に向かいました。

Our route: Hamburg – Bad Bramstedt – Neumünster – Kiel – Holtsee – Rendsburg – Fockbek – Albersdorf – Büsum – Burg (Dithmarschen) – Vaalermoor – Glückstadt – Wischhafen – Stade – Buxtehude – Hamburg.

私たちのルート:ハンブルグ → バッドブラムシュテット → ノイミュンスター → キール → ホルツィー → レンヅブルク → フォックベック → アルバースドルフ → ビュスム → ブルグ(ディトマルシェン) → ヴァーラムーア → グリュックシュタット → ヴィシュハーフェン → シュタッド → ブクステフーデ → ハンブルク

Our trip was 11 days and around 390 kilometres, but we didn’t cycle every day.

11日間の旅で390km走りましたが、毎日サイクリングしたわけではありません

Büsum
View from Burger Fährhaus
Picturesque Stade

Burger Fährhaus

Hafenstraße 48, 25712 Burg (Dithmarschen), Germany

Kiel Canal by bicycle 1 – キール運河 自転車旅 その1

Schleswig-Holstein, Juneシュレースヴィヒ=ホルシュタイン 6月

Our second bicycle tour began from Hamburg, from where we rented our wheels. For some mixup we ended up with two city bikes with wide saddles and only three gears. The weather was rainy, but roads were excellent; we had the luxury to pedal in a separate lane only for bicycles. There were a lot of cars, so this made our journey far more safe.

ハンブルグで自転車を借りて、私たちは2度目のサイクルツアーに乗り出しました。何かの間違いで、サドルが幅広くギアが3枚しかないシティバイクになりました。天気は雨でしたが、車道と別に設けられた自転車専用道が素晴らしく、快適にペダルを漕ぐことができました。自動車の交通量が多かったので、この専用道のおかげでより安全な旅になったのです。

Again we trusted our luck, and we didn’t book any hotels in advance. We had to carry water and fruits with us for backup, because once we left big cities, there weren’t so many grocery shops in the countryside. Because we started our tour from Hamburg, we had to first cycle to Kiel, and after that, we followed loosely the Kiel Canal, and NOK Cycling Route.

今回も運を信じて、事前にホテルは予約していませんでした。一度大都市を出ると、田舎町には食品店があまり無かったので、水と果物はリュックで運ばなければいけませんでした。ハンブルグからツアーを始めたので、まずはキールまで走る必要がありました。そこから大まかにキール運河とNOK(Nord-Ostsee Kanal、北海バルト海運河)サイクリングルートに沿って走りました。

The rain was with us every day, but at least the weather wasn’t too cold. The countryside was beautiful, green and lively; every 3-5 kilometres we drove through a small village full of animals and big farmhouses. Sometimes we could buy fresh strawberries from them.

毎日雨が降っていましたが、寒すぎる気候ではありませんでした。田舎はとても美しくて、緑が豊かで活き活きとしていました。3〜5km毎にたくさんの動物と大きな農家のある小さな村を通り過ぎました。時々、農家から新鮮なイチゴを買いました。

There were a lot of ferries on our route
Kiel Canal
These are my favourite roads in Germany

Medieval Week on Gotland – ゴットランド島の中世週間

Visby, Augustヴィスビー 8月

Chihiro and I met in Stockholm, Sweden and hopped on a ferry to Gotland; when we arrived at the island, old-fashioned clothes, knights and monks on the streets surprised us. We had booked the trip without knowledge of its ongoing Medieval Week. The reason we traveled to Visby was, of course, Studio Ghibli’s Kiki’s Delivery Service.

私は千尋とスウェーデンのストックホルムで待ち合わせ、フェリーでゴットランド島に向かいました。島に着くと、そこには古風な衣装の騎士や修道士たちがいて、びっくり。旅行を予約した時は、この時期に「中世週間」が開催されることを知りませんでした。私たちがヴィスビーを選んだのは、もちろん、スタジオジブリの「魔女の宅急便」のモデルになった街だからです。

Visby as a city is beyond attractive: it’s small, full of flowers, cobblestone streets, ancient ruins, all surrounded by the sea and an impressive stonewall which is the best preserved historical city wall in Scandinavia. Visby’s picturesque old town is a UNESCO World Heritage Site.

ヴィスビーはとっても魅力的な都市でした。こじんまりとして、花がいっぱいで、石畳の道と古代遺跡があり、周囲は海と、スカンジナビアでも最も保存状態の良い石垣に囲まれています。絵画のようなヴィスビーの旧市街はユネスコの世界遺産に登録されています。

Because of the Medieval Week, the town was full of unusual activity; knights fighting in tournaments, an outdoor market place with troubadours, blacksmiths, pottery makers, yarn spinners, and all properly dressed for the occasion. We find out that the market was a perfect place to find interesting items made from sheep’s wool, wood, iron, linen and leather.

「中世週間」だけに、街ではたくさんのイベントが行われていました。騎士たちのトーナメント戦、トルバドゥール(中世の吟遊詩人)のいる野外マーケット、鍛冶屋、陶芸職人、糸を紡ぐ人。みんな中世の衣装を身にまとっていました。羊毛、木材、鉄、麻、革で作られた興味を起こさせるような商品を見つけるには最高の場所です。

The ferry
Rustic old town
St.Karin Catherdal ruins
At the tournament
Almedalsparken
The outer city wall
Chihiro

Almedalsparken

Donnersgatan 1, 621 56 Visby, Sweden

Tokyo – 東京

Tokyo, July東京, 7月

From Aomori I headed to Tokyo; I wanted to spend some time with my friends Yoko and Takayuki Yamasaki before returning to Finland. This time finding the hotel on my own was impossible. After a desperate search on foot I was about to give up and take a taxi when my savior appeared; a barefooted man with a helmet on his head, pushing a shopping cart already full with stuff. He loaded my belongings to his chart and escorted me via Koban Box to my hotel. After exchanging our addresses, he asked me to marry him, gave me his umbrella and disappeared to the city.

青森から東京へと、私は向かうことにしました。というのも、フィンランドに帰国する前に友人のヨウコさんとタカユキさんに合いたいと思ったからです。今回、何の助けもなしに自分の力だけでホテルを見つけるのは、不可能に近いくらい難しかったです。歩き回り必死にさがしても見つからず、あきらめてタクシーに乗ろうとしたそんな時、私の前に救世主が現われました。その人は、素足で手にヘルメットをもった男性で、手には物でいっぱいのショッピングカートを押していました。彼は私の荷物をカートに載せ、交番・そしてホテルまでエスコートしてくれました。お互いに住所を交換すると、彼は私に結婚してほしいと言いそれから傘を渡して、街へと消えていきました。

At the first evening the Yamasaki couple took me to dinner at Italian restaurant, and the next morning Takayuki and I went to Shimokitazawa. Shimokita is a bohemian area, which is well-known for its vintage boutiques and second-hand shops. It’s the perfect place to wander around and enjoy some coffee of lunch. We ate at Magic Spice, which specializes in curry soups famous in Hokkaido. The restaurant was bright red, decorated heavily and had its own exotic vibe. Their Hindushock gift shop is full of colourful clothes, chandeliers, spices and incenses.

東京で最初の夜は、山崎さんとイタリアンレストランに行き、翌朝にはタカユキさんと私は下北沢へ向かいました。下北沢は型にはまらない雰囲気の街で、ビンテージや小さな専門店、古着屋などで知られているエリアです。コーヒーやランチを楽しみながら探索するのにはぴったりな待ちです。私たちはMagic Spiceという、北海道名物のスープカレーにこだわったお店でランチをしました。レストランは明るい赤で塗られていて、店内は異国情緒溢れる雰囲気がただよっていました。ここに翻訳を入れる。

The next morning I started from Yoyogi Park, which is one of my favourite parks in the city. Over the years I had created a routine to take a picture of a specific place in the park every time when I’m in Tokyo. When that was done, I walked to Harajuku to check their second-hand shops before meeting Takayuki. He had planned another interesting day for me; first we visited a Christian Yogen Cafe and then his friend, a clairvoyant. This was my first time to meet a fortune teller, because they are not so common in Finland. Before we left the place, she gave me a home assignment; I should write about Japan, from my heart.

翌朝は、私のお気に入りの街中の公園代々木公園から度をはじめました。ここ何年か、東京の公園のいたるところで写真を撮ることが習慣になりました。それが終わると、タカユキに会う前に古着屋でも見ようと原宿へ向かいました。彼は私のために面白いプランを組んでくれていました。私たちはまずChristian Yogen Cafeに行き、その後彼は、透視者だという友人に会わせてくれました。フィンランドで占い師の存在は珍しいので、私はこのとき、生まれて初めて占い師に会いました。その日の終わり、彼女は私に、私の実体験に基づいたことで日本に関して何か書くべきだと、告げました。

My personal guide
Tuna avocado salad
That guy seems remotely familiar…
Takayuki at the Magic Spice
Yoyogi Park
Ueno Park

Magic Spice

1 Chome-40-15 Kitazawa, Setagaya City, Tokyo, 155-0031, Japan

Yogen Café

6 Chome 6−4, Akasaka, Tokyo, Minato City, 107-0052 Japan

珈琲専門店 預言 CAFE 赤坂

〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目6−4 赤坂栄ビル

マジックスパイス下北沢店

〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目40−15

Tomorrow’s Forest – 明日の森

Aomori, July青森 7月

I purchased the JR East rail pass from Haneda Airport, and I hopped to a Shinkansen from Tokyo Station; this time my destination was Aomori Prefecture. After almost three hours of train traveling, I arrived at Hachinohe. Next morning a local train took me to Ottomo Station, where I met my host, Yuki.

私は羽田空港でJRイースト・パスを買って、東京駅から新幹線に乗りました。今回の目的地は青森県です。およそ3時間で八戸市に着きました。翌朝、ローカル線で乙供駅まで行き、そこでホストファミリーの勇気と落ち合いました。

My first impression of Aomori was pleasant; not too hot, but perfect summer weather. We arrived at Ashita No Mori and Yuki introduced the place. He lived there by himself with a cat, Akaminto. Soon we got company; Bilig from Philippines started his summer job, and also Yuki’s friend Kishi from Tokyo arrived.

青森は暑すぎず、ちょうどいい夏の気候で、第一印象は快適でした。「明日の森」に着いてから、勇気がどんな場所か紹介してくれました。彼は猫のアカミントと暮らしていましたが、まもなくビリグがフィリピンから出稼ぎにやって来て、勇気の友だちの岸さんも東京から到着して、賑やかになりました。

It was time to have my first Japanese hot spring experience; in the evening we went to Tohoku Onsen, which was near Ottomo Station. The onsen was exceptional because of its mineral-rich black water. I was nervous, jet lagged and the only woman in our group, so I had to enter the spa area by myself. The water was hot and very relaxing; a perfect way to end a day.

夜、みんなで乙供駅近くの「東北温泉」に行きました。この時、私はついに日本の温泉を初体験することになったのです。ここの温泉はミネラルが豊富な黒い水が特徴です。私は時差ボケがあった上に、一緒に来たみんなは男性で一人で温泉に入らなければいけなかったので、ドキドキしていましたが、水は熱くて、とってもくつろげて、一日の締めくくりには最適でした。

Ashita No Mori had guests almost every evening; Modashi, a local musician, sculptor and scientist was a regular visitor, but also other people who were interested in this kind of alternative lifestyle. Together we planted trees, worked at the field and in the greenhouse. Every night ended with some live music at Modashi’s lead.

「明日の森」には毎晩のように来客がありました。地元のミュージシャンで彫刻家で科学者でもある萠出さんは常連客。他には「明日の森」のような新しいライフスタイルに興味のある人達が訪れました。私たちは一緒に木を植えたり、畑仕事をしたり、温室で植物の世話をしたりしました。いつも夜は、萠出さんのリードでライブになりました。

Kishi and I went hiking at Asamushi Onsen Forest Park, which is one of Japan’s top 100 best places to take shinrin-yoku, a forest bath. The 10 kilometre hiking route was hard; it felt like rainforest, and we were soaked wet from the first climb. This was my first time to experiencing a hot and humid Japanese summer.

岸さんと一緒に浅虫温泉森林公園にハイキングに行きました。日本の「森林浴の森100選」に選ばれた場所です。10kmのハイキングコースはハードでした。まるで熱帯雨林の中にいるようで、最初の登山でもうびしょ濡れになってしまいました。日本の蒸し暑い夏を経験したのはこれが初めてでした。

They presented the original, black and white Godzilla at the Aomori Korona Cinema World, so Kishi and I went to watch it. The ‘Gojira‘ had its premiere in 1954 and was topical again because of the power plant accident at Fukushima. There were no English subtitles, but Kishi explained the plot to me while watching.

青森コロナシネマワールドで初期のモノクロの「ゴジラ」が上映されていて、岸さんと一緒に観に行きました。1作目の「ゴジラ」は1954年に製作されましたが、福島の原発事故の際に再び脚光を浴びています。英語の字幕がなかったので、岸さんが合間合間にストーリーを説明してくれました。

Kishi planting onions at the greenhouse
My cabin
Inside the cabin
Yuki and the next-door neighbor at the field
Kishi checking the cow at the Namiki Gelato
Beach near Asamushi-Onsen and Yuno Island
The 1954 Gojira poster
At the Tohoku Onsen
Hiroshi, Yuki, Bilig and Modashi: farewell at the train station

Ashita No Mori

Nakamuramichinokami, Tohoku, Kamikita District, Aomori, 039-2611, Japan

明日の森

〒039-2611青森県上北郡東北地方中村道の神

Tohoku Onsen

21-18 Kamisasabashi, Tohoku, Kamikita District, Aomori 039-2661, Japan

Asamushi Onsen Forest Park 浅虫温泉森林公園

Sakamoto Asamushi, Aomori, Aomori, 039-3501, Japan

東北温泉

〒039-2661 青森県上北郡東北町字上笹橋21-18