Hiramatsu Bamboo Workshop – 平松竹細工店

November, Katsuyama – 11月、勝山市

Yoshie, Kaori and I took part in Yukio Hiramatsu’s bamboo craft workshop. We drove to the charming town of Katsuyama and walked past old-fashioned buildings with their tiny shops and colourful noren-curtains. 

私は友人の佳恵さんとかおりさんと一緒に、平松竹細工店の竹細工ワークショップに参加しました。色とりどりの暖簾がかかった古い造りの家を通り過ぎ、魅力的な勝山まで車で向かいました。

Hiramatsu’s studio was full of a different size and colour baskets, strainers and items made of bamboo. Every square was invocation; sharp woodwork tools were organized in wooden boxes, paper bags filled with bamboo stripes occupied the corners. We settled on the only empty area on the floor.

平松竹細工店の工房には、様々な大きさの籠やざる、他にも竹でできた色々なものが並んでいました。一歩進むごとに、いろんなものが目に飛び込んできました。鋭い木工道具が木箱にまとめられ、隅には細く切られた竹が入った紙袋が置いてありました。私たちは、かろうじてあいていたスペースに落ち着きました

Our goal was to make a pot coaster, but first Hiramatsu told us about the different sorts of bamboo and the traditional use of them. He showed us how to use the cutting tools and the technique to work with those long and thin strips; it was hard, but fun. Unfortunately, like many other traditional craftsmanship, this unique skill is in danger of disappearing; plastic has taken the place of bamboo in so many items. After the class, he served us tea and snacks.

私たちのゴールは鍋敷きを作ることでしたが、平松さんはまず、竹の様々な種類とそれぞれの伝統的な使用用途について説明してくれました。彼は、切断器具の使い方や、竹を細長くするためのテクニックを見せてくれました。大変でしたが、楽しかったです。残念ながらこの技術は、他の伝統工芸と同じように消滅の危機に瀕しています。多くのアイテムに関し、プラスチックが竹の代替品となっているのです。教室の後には、平松さんは私たちにお茶とお菓子をふるまってくれました

Katsuyama
Cute shops
Yoshie and Kaori at the workshop
Finished!

Katsuyama Historical Preservation District

Katsuyama, Maniwa, Okayama, 717-0013, Japan

勝山・町並み保存地区

〒717-0013 岡山県真庭市勝山

Ikebana – 生け花

Chiba, March3月 千葉

My Jinpuu-colleague Yamamoto had studied ikebana for a few years and asked me to join the class. The classes were held at sensei’s home in Honda and there were three regular students besides Yamamoto: Hazumi, Sakuma and experienced Gondaira, who had practised Ikebana for 42 years. 

(株)仁風の同僚の山本さんに誘われて生け花教室に行きました。レッスンは先生の誉田のご自宅で行われ、数年間習っている山本さん以外に、3人の生徒がいました。羽純さん、佐久間さん、そして42年もの経験を持つ権平さんです。

Takahashi-sensei had taught ikebana for over 45 years and had a very warm and soothing presence. The lesson began as the sensei gave us the flowers and presented the arrangements she wanted us to practise. Each pupil’s setting varied; Gondaira made difficult and skill-demanding arrangements, and I struggled with the beginner-level ones.

45年以上生け花を教えている高橋先生は、とても優しく落ちついた存在感がありました。レッスンでは、先生が選んだ花を先生の指示に従って生けました。生徒それぞれ与えられた課題が異なり、例えば権平さんは難しく高度な技術を必要とするアレンジで、私は初心者向けのアレンジでした。

When our piece was ready, Takahashi-sensei examined it and explained the details once again; then we practised some more. After the class we set the table at the adjacent tatami room and dined together. It also had tokonoma, where we could take pictures of our achievements.

作品ができ上がると、高橋先生が確認して詳細をもう一度説明し、私たちはもう少し練習を重ねました。レッスンの後は、隣の畳の部屋に机を置いてみんなで食事をしました。その部屋には床の間もあって、レッスンで生けた作品を置いて写真を撮ることができました。

The class in action
My first arrangement
Takahashi-sensei teaching Yamamoto
Yamamoto
Dinner time

Shunkaen Bonsai Museum – 春花園 BONSAI 美術館

Tokyo, March東京 3月

One afternoon Oosaki and I went to Shunkaen Bonsai Museum. The museum is a masterpiece made by the master himself: Kunio Kobayashi, who has lectured in several countries, received many awards and still one can find the humble man in his nursery teaching his apprentices. The museum building is ‘Sukiya-zukuri‘, a traditional Japanese style wooden house with tatami mats and shoji screens. The large windows open to the spectacular yard full of items visitors can admire: the carp pond, full blooming cherry tree, and of course the magnificent bonsai pots. The museum presents over 1000 bonsai trees on its premises.

ある日の午後、大崎さんと一緒に「春花園BONSAI美術館」に行きました。美術館はオーナーの小林國雄自身によって作られた傑作です。小林先生は多くの海外講演を行い、数々の賞を受賞している一方、弟子の育成に尽力するという控えめな一面も持っています。美術館の建物は、畳や障子のある日本の伝統的な数寄屋造りの木造家屋です。大きな窓からは、見る者の目を奪う広大な庭を鑑賞することができます。鯉の池、満開の桜、そしてもちろん見事な盆栽の鉢。美術館には1000点以上の盆栽が所狭しと並んでいます。

The art of bonsai is fascinating: creating a microcosm which so perfectly imitates the nature. It’s miraculous how this tiny tree can resemble an actual full-grown, ancient tree trunk standing on the green hilltop. It takes years of practise to master this extraordinary art form, Kobayashi-sensei has spent over forty years among the trees. The word bonsai literally means the tree planted in a shallow container. It’s something much more than just small-scale gardening; it’s a captivating mixture of horticulture, craftsmanship, design and discipline with a spiritual twist.

自然を完全に写しとったような小宇宙を創造する盆栽芸術は魅力的です。小さな木が、まるで実際に緑の丘にそびえる、樹齢を重ねた太古の木の幹のようであり、それはもう奇跡です。この並外れた芸術形態を習得するには、長年の鍛錬が欠かせません。小林先生は40年以上も木に囲まれて過ごしてきました。盆栽という言葉は、文字通り浅い鉢に植えられた木を意味しますが、それは小規模なガーデニングとは一線を画すものです。園芸術、職人技、デザイン、崇高な曲げを造り出す規律、それらが魅惑的に織り混ざっているのです。

We had a sufficient guide who walked us through the large building while introducing the individual pieces. After the tour we drank tea with the friendly master and purchased books which Kobayashi-sensei signed for us. He showed pictures from his lecture tour in Sweden and gave me a gift: bonsai magazines and a ticket to the museum. The nursery was an excellent place to visit, and we had the whole garden to ourselves.

ツアーガイドが個々の作品を紹介しながら広い建物を案内してくれました。ツアーの後はフレンドリーな小林先生とお茶を飲んで、買った本にサインをしてもらいました。先生はスウェーデンで行われた講演の写真を見せてくれて、盆栽雑誌と美術館の入場券をプレゼントしてくれました。この庭園は訪れるべき場所です。他に来場客がなかったので、私たちは庭園全てを独占してしまいまいた。

The entrance
The nursery
The master Kunio Kobayashi signed my book

Shunkaen Bonsai Museum

 1-29-16, Niihori, Edogawa-ku, Tokyo, 132-0001, Japan

春花園 BONSAI 美術館

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1丁目29−16